このページのトップです。
東京大学ホーム > 教育・学生生活 > FS-PCP
space
space
space

特徴的な教育活動

フィールドスタディ型政策協働プログラム(FS)

    

地域の人たちがずっと笑顔でいられるために、自分の力を試したい!力を伸ばしたい!!そんな熱意ある学部学生・大学院学生を主役とする「フィールドスタディ型政策協働プログラム」を東京大学は開始します。社会が大きな転換期にある今、多様な関係者と協働しながら、政策を立案・実行できる人材の育成は、日本社会の喫緊の課題です。本プログラムを通じ、東京大学は、社会的課題に果敢にチャレンジするリーダー人材を育成します。

フィールドスタディ型政策協働プログラムは、学生の皆さんが、(1)県ならびに、特定の市、町、村などに出かけ、一定期間滞在し、現地の人たちの声を聞き、具体的なニーズを発掘する、(2)東京大学の多様な研究者と専門家に相談したり、図書館などの学内所蔵の資料、データを渉猟し、さらには仲間と討議熟考する、(3)その上で課題解決の道筋を自治体及び地域の皆さんに提案する、という三つのプロセスによって構成されるプログラムです。
 


1 FS事前オリエンテーションに参加しよう!  【 PR 

【2017年度の事前オリエンテーションは全て終了しました。】
多くの皆さまのご参加、誠にありがとうございました。


応募希望者は下記の日程のいずれかに必ず参加してください。やむを得ず参加できない場合は、事前に下記問い合わせ先までご相談ください。

【駒場キャンパス】
日時:平成29年4月20日(木)18時45分~20時(予定)
場所:KOMCEE K011 (東京大学駒場キャンパス内)
地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

【本郷キャンパス】
日時:平成29年4月27日(木)18時45分~20時(予定)
場所:小柴ホール(東京大学本郷キャンパス内)
地図: http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_25_j.html


●各県資料(北から順)
青森県
石川県
福井県
山梨県
長野県
三重県
鳥取県
高知県
宮崎県
鹿児島県
2 各県より学生の皆さんへメッセージ(北から順)


石川県 ・鳥取県


3 スケジュール2017

・4月20日(木)   事前オリエンテーション(駒場)
・4月21日(金)   応募受付開始
・4月27日(木)   事前オリエンテーション(本郷)
・5月15日(月)   応募申請締切
・6月上旬          採択結果通知
・6月~7月下旬      ワークショップ(約6回程度)
・8月~9月           現地活動【地域奔走】(概ね8月20日~9月20日内を想定)
・10月~12月       事後調査(活動地域と大学を繋ぐ活動の実施)
・12月                課題解決の道筋提案の着手
・1月                  道筋提案について、学内の専門知によるブラッシュアップ


4 FS参加者への経済的支援

本年度の試行では、学生の皆さんがプログラムに参加できるように、旅費、滞在費(シェアハウス等を予定)、活動費、損害賠償責任保険料について経済的な支援を行います(食費等については自己負担となります。参加決定した場合は、大学が損害賠償責任保険の負担と加入手続きを行います)。

 

5 プログラムへの参加を希望する方へ    [ポスター ]
(申請手続きなど)

【2017年度の募集受付は終了しました。】
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。


●参加申請の資格
1. 東京大学の学部学生・大学院学生(休学等、長期に就学を中断している者は除く。)
2. 地域の課題解決に向けて、地域と大学を奔走できる人材であること
3. プログラムの全期間を通じて参加できる人材であること
 
●応募受付開始日
 平成29年4月21日(金)午前零時(00:00)
●応募の締切日
 平成29年5月15日(月)正午(12:00)まで
●申請の方法(提出書類等)
FS参加申請書 (HP内よりダウンロード)と、レポート(事前オリエンテーションにて課題を確認/A4用紙1枚程度)を作成のうえ、「受取フォルダ」をクリックし、アップロード画面を開いて申請書をアップロードする形で提出してください。
【提出先】
受取フォルダ」 ※FS専用フォルダ
 ※申請書のファイル名には、申請者名を明記のうえ、お送りください。ファイル名が不明瞭な場合、受理できない場合がありますので、ご注意ください。万一ファイルを差し替える場合は、ファイル名に「差し替え」やバージョンを明記するなど、最新版が分かるようにしてください。また、アップロード後は本部学生支援課あてにメールにより、アップロード完了をお知らせください。完了メールを確認後、1週間以内に受領メールをお送りします。本部学生支援課(fs-office.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp)からのメールは受信できるよう、設定をお願いします。
 なお、セキュリティ強化の都合上、メールへ添付される形での提出は受け取れない可能性がありますので、必ず「受取フォルダ」をご利用ください。
 ※受付期間内に、本部学生支援課にて申請書類の確認ができなかった場合は、いかなる理由があっても締切後に申請を受理することはできません。
 また、締切直前はネットワークが混み合うことも予想されますので、十分な確認ができるよう、早めの提出を心がけてください。

 申請の前には必ず「平成29年度FS参加者の募集について 」の内容をご確認ください。

(注)プログラムへ参加した場合には、後日、報告書の提出が義務付けられます。報告書は、必要事項を記入のうえ、プログラム終了後2週間以内に本部学生支援課あてに提出してください。


6 FSに関するQ&A

申請の前には必ず「FSに関するQ&A 」の内容をご確認ください。

FSに関するQ&A 


7 資料

総務省 地域おこし協力隊


【各種書類の提出先・問い合わせ先】


東京大学本部学生支援課 
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(学生支援センター 2階)
TEL:03-5841-2541/2542 FAX:03-5841-2519
E-mail :  fs-office.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

space