このページのトップです。
東京大学ホーム > 教育・学生生活 > 女子学生向けの住まい支援
space
space
space

住まい・ジュニアTA制度

女子学生向けの住まい支援

 東京大学では世界最高水準の研究・教育のさらなる向上のために、多様な学生が活躍することのできる支援体制の整備の一環として、本学に入学する自宅からの通学が困難な女子学生のために、本学が提携する民間のマンション等の住まい100室(以下「住まい100室」)を用意し、家賃支援を行います。
 

対象:

 平成29年4月に本学教養学部前期課程に入学する女子学生であること
 自宅から本学(駒場キャンパス)までの通学時間が90分以上であること

支援内容:
 月額3万円(年間36万円)

支援期間:
 入学から最大2年間(最大72万円)

「住まい100室」の特徴:
  • マンションタイプ及び学生寮タイプ(管理人24時間常駐/朝夕2回食事付)の両方のタイプの住まいを用意しています。
  • 本学(駒場キャンパス)までの通学時間が約30分以内です。
  • 建物は全居室が女子専用です。
  • 建物は鉄筋コンクリート造であり、オートロック及び防犯カメラを設置しています。
  • 引っ越しの際などに、女性保護者の宿泊も可能です。

入居申込受付は終了しました。
 
space