このページのトップです。
東京大学ホーム > 入学案内 > 外国学校卒業学生特別選考Q&A 出願資格について
space
space
space

学部入学

外国学校卒業学生特別選考Q&A

東京大学に寄せられた『外国学校卒業学生特別選考(いわゆる私費留学生・帰国生としての学部入学試験)』に関する代表的な質問とその答えを 「出願資格」「出願の方法」の二つに分けてご紹介します。
なお、学部英語コース特別選考については、こちらをご覧ください。

矢印 2.出願の方法について

1. 出願資格について

<注意事項>
  このQ&Aは、受験を考えている方の予備的な判断を助けるために、過去の事例に基づいて入試事務室がアドバイスをするものです。 東京大学では、願書を受理した後「出願資格審査」を行い、出願資格の有無を最終的に判断しています。(出願資格審査の結果資格がないとされた場合は、12月下旬にその旨を通知し、入学検定料のうち13,000円を返還します。)
  出願資格について不明の場合は、こちらのページの[照会先]まで問い合わせてください。

Q. 来年7月に卒業するのですが、今年出願できますか?
   できません。来年の3月31日までに学校を修了する予定であれば卒業見込みとして出願できますが、来年の4月1日以降に修了する場合は、来年度出願してください。
   
Q. 日本の学校に籍を置いたまま海外の学校に留学した(いわゆる交換留学をした)のですが、この期間は外国の学校での在学期間に含まれますか?
   含まれません。日本の学校に籍を置いたまま海外の学校に留学した期間は、外国の学校での在学期間として認められません。
   
Q. 海外にある「日本人学校」、「在外教育施設」を修了したのですが、出願できますか?
   できません。日本の教育制度に基づく学校であるため、外国の教育制度に基づく教育課程として認められません。
   
Q. 外国籍を持っていて、第1種での受験を考えています。以前数年間日本に住んでいたことがあるのですが、問題がありますか?
   最終学年を含め継続して1年以上海外の高校に在学し、その最終学年を修了すれば、第1種へ出願する際の要件を満たせます。
   
Q.  日本国籍と外国籍の両方を持っています(二重国籍)。第1種、第2種のどちらで出願すればよいでしょうか?
   第2種で出願してください。外国籍で日本の永住許可を持っている場合も第2種で出願してください。
   

 

space