このページのトップです。
東京大学ホーム > 国際交流 > IMAS 留学生向け24時間365日の医療等相談(日本語・英語・中国語)
space
space
space

健康と安全

IMAS
留学生向け24時間365日の医療等相談(日本語・英語・中国語)について
 
東京大学では、東京大学で受け入れている留学生の皆さんを対象(詳しくは下記をご覧ください)として、標記のサービス:IMAS(Inbound Medical Assistance Service)を専門業者(日本エマージェンシーサービス「EAJ」)に委託し、用意しています。本学の留学生のほとんどの方は、無料でサービスを利用できます(対象者については後述)。ただし、サービスを受けるためには、申込みが必要ですので、以下の説明をよく読み、是非、申込みをしてください。
 

 サービスの内容と費用
 (電話によるサービス:無料)
    ・24時間365日電話で相談ができます。
    ・適切な病院の紹介を行います。
    ・病院や移動中の電話を利用した通訳
    ・必要な場合の大学への連絡
 
 (緊急時費用の保険)
    ・日本国内あるいは母国等の医療機関への移送(転院)手配
    ・母国家族への連絡及び各種支援 等
 
 *1 本サービスは日本国内のみで有効です。
 *2 本サービスは医療保険ではありませんので病気・怪我の治療には使えません。国民健康保険などの適切な保険に必ず別途加入してください。

 
 
本サービスを利用するためには、以下のURLのフォームから申込みが必要です。
https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/imas/

 
個人情報の取り扱いについて
引受会社(日本エマージェンシーアシスタンス(株)(以下「EAJ」)及び株式会社障害保険ジャパン)は、東京大学が提供した又は業務上知り得たIMAS加入者の個人情報(以下、「個人情報」)を契約の履行以外の目的に使用しません。本人の同意がある場合、法令に基づき提供を求められた場合、及びIMAS加入者の生命・財産の保護のため要する場合※を除き引受会社は個人情報を第三者に開示しません。※実際にアシスタントサービスを行うEAJにのみ適用
東京大学では、上記の情報を関係各部署で共有します。

IMAS加入者は、本ウェブサイトによる申込みを行った際に、この取り扱いに同意したものとみなします。



利用方法
登録後すぐに利用できます。利用の際は、申込み確認の返信Eメールに記載された電話番号に電話し、大学名、所属研究科・学部、氏名を伝えてください。(電話番号はいつでも使用できるようにメモしておいてください。)学籍発生又はプログラム開始日以降であれば、サービス利用開始はIMAS登録後すぐとなります。ただし、宿舎入居手続き等のためにそれ以前に来日し、IAMSに登録した場合はその日よりサービス利用可能となります。

 
正規課程(学部、修士課程、博士課程)の学生は、標準修業年限まで自動で更新契約を行います※。研究生の方は毎年加入手続きを行う必要があります。本学滞在期間が1年以内の学生の本サービス有効期限は申告いただいたプログラムの終期までとなります。
 
  • 留年、休学等により標準修業年限を超えて在籍する方については、標準修業年限を終えた際に再度上記のフォームから申込みをいただくことによりサービスが継続できます(経費は大学が負担)。また、学内で進学する際も再度申込みをしてください。休学中もサービスは利用できます。
  • 本サービスは現在試行的に導入されているものであり、大学の判断で中止・ルールの変更がある場合がありますので予めご了承ください。
 


本サービスの対象者(大学が費用を負担する学生)について
 
1.出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)別表第1に定める在留資格
により滞在する者(※)で以下の課程等に在籍する学生(休学者を含む)

① 学部学生(前期課程、後期課程)、学部研究生、学部特別聴講学生
② 大学院学生(修士課程、専門職学位課程、博士課程)、大学院研究生、大学院外国人研究生、大学院特別聴講学生、特別研究学生
③ 研究所研究生
 
※【対象となる在留資格】(別表第一)外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習、文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在、特定活動
 
対象外(有料)となる在留資格】(別表第二)永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者(法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者(難民、日系人の子孫及び配偶者等))、本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(平成3年法律第71 号)に定める特別永住者
 
2.東京大学における国際短期プログラムの実施に関する規則に基づき受け入れるプログラム受講生
 
3.国際本部長が必要と認める学生
 
また、このサービスに加入したい本学の費用負担対象外の留学生及び教員・研究者の方は実費(1540円/1年間)を負担いただくことにより加入することができます。ご希望の方は下記担当宛てにEメールでお問い合わせください。(支払いは銀行振込となります)
 
 
 
担当:留学生・外国人研究者支援課生活支援チーム
Email:rsupport.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
 
space