このページのトップです。
東京大学ホーム > 教育・学生生活 > 学生生活実態調査
space
space
space

教育統計等

学生生活実態調査 インデックス

学生生活実態調査の概要

本学の学生生活に関する調査は、昭和25年に第1回「学生生活実態調査」を実施し、以後昭和27年(学生健康保険のための基礎調査)、43年(東大紛争)を除いて毎年1回調査を実施しています。

調査の目的、内容は以下の通りです。

目的
当初、学生生活実態調査の目的は、経済生活を中心とした学生生活の窮乏の実態を明らかにするという、いわば困窮度調査でしたが、高度経済成長期以降は、経済生活はもとより、キャンパス・ライフ、レジャー、価値観など学生生活の多様な側面も探ってきています。

調査内容
基本調査項目としては、(1)家庭の状況、(2)生活費の状況、(3)住居・通学、(4)奨学金、(5)アルバイトの5項目を設定し、他に学業、外国語、サークル活動、就職、大学への要望などの項目をその都度学生生活委員会学生生活調査室で検討加味しています。

調査対象者
学部学生、大学院学生を対象とし、各実施年度ごとに、適宜調査対象者及び抽出割合を決定して実施しています。

調査結果
学生生活委員会学生生活調査室では、調査結果を公表することを原則としており、毎年12月頃「学内広報」の特集号として公表しています。


各年の学生生活実態調査

space