第18回ホームカミングデイのご報告

  • HOME >
  • 第18回ホームカミングデイのご報告

第18回ホームカミングデイのご報告

昨年10月19日(土)第18回東京大学ホームカミングデイを本郷キャンパス、駒場キャンパスで同日開催。当日、校友会登録団体が企画・主催したイベント数は30プログラムでした。ご協力いただきありがとうございました。

Homecoming Day

講演会「特別フォーラム」

AIをキーワードに、松尾豊教授が「AIの可能性と限界」養老孟司名誉教授が「AI時代を生き抜く処方箋」と題してそれぞれ講演しました。
 松尾教授は人工知能、ディープラーニング(深層学習)の研究者の観点から、「ディープラーニングの変革による日本企業への影響」「AIとヒトとのインタラクションという意味で、AIへの理解を深め、よりよい形を作っていく姿勢をとり続けなくてはいけない」などと語りました。また、養老氏は「情報化社会においてはデータだけが必要となっている」「例えば病院の診察で医者は検査結果(データ)だけを見ており、目の前のヒトは見ていない。AIが生み出す脳化社会においてヒトは不用なノイズとなってしまう」「理屈のないものを大事にする感覚、差異の感覚を大事にすることがAIが生み出す脳化社会への処方箋である」などと語りました。
  • 特別フォーラム

    特別フォーラム

    AIをキーワードに、松尾豊教授が「AIの可能性と限界」養老孟司名誉教授が「AI時代を生き抜く処方箋」と題してそれぞれ講演しました。

特別フォーラム 登壇者

  • 養老 孟司氏

    養老 孟司氏

    東京大学名誉教授

    1962年東京大学医学部卒業。
    一年のインターンを経て、解剖学教室に入る。以後解剖学を専攻し、医学博士号取得。67年~81年まで東京大学医学部教授。退官後95年に北里大学教授に就任(大学院医療人間科学) 、96年同大学を退職。「身体の文学史」「バカの壁」「死の壁」「超バカの壁」「養老訓」「ほんとうの環境問題」など著書多数。
  • 松尾 豊氏

    松尾 豊氏

    東京大学教授。大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻所属。

    専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析。
    1997年東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年同大学院博士課程修了。博士(工学)。スタンフォード大学客員研究員、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻准教授等を経て、19年より現職。
  • 横山 広美氏

    横山 広美氏

    東京大学教授、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構所属、東京大学学際情報学府・大学院兼担

    専門は科学技術社会論。科学と科学者の信頼問題、SNSと科学、ジェンダーと科学、巨大科学の在り方、大学論、科学技術政策、学術広報などに関心がある。

特別フォーラム 関連イベント

  • 『AI(人工知能)』研究 最前線

    『AI(人工知能)』研究 最前線

    AI研究の現状について、理論・技術の概要を解説。またビジネスの現場では、どのように実装されているか実例を挙げて紹介しました。

各種イベント

周年学年会

卒業後20周年、30周年、40周年を迎えた各周年学年会は、学部学科を超えた大同窓会です。多くの参加者は卒業以来の旧交を温めていました。
  • 40周年学年会

    40周年学年会

    1975年入学/79年卒業/79年院入学/81年医学部卒業
  • 30周年学年会

    30周年学年会

    1985年入学/89年卒業/89年院入学/91年医学・農学部獣医学専攻卒業
  • 20周年学年会

    20周年学年会

    1995年入学/99年卒業/99年院入学/01年医学・農学部獣医学専攻卒業