TOP > 海外インターンシップ・国際ボランティア > 海外インターンシップ一覧

海外インターンシップ-一覧

  • 最新情報・詳細はプログラム名をクリックして確認してください。各項目は、あくまで目安として簡潔に記載しています。費用については、原則としてプログラム参加費と宿泊費(保険・航空賃・生活費等を除く)の目安を掲載しています。
  • 募集開始・締切は年により異なります。
  • 黄色背景のものは、本学で公募するものです。当該年の募集が始まったら本HP新着情報欄・Facebook・Twitterでお知らせし、数日後に各部局で募集が始まりますので、数日後に各部局の募集情報を確認してください。
  • 申請先が「直接」となっているものは、実施機関に直接応募してください。
  • 本学で公募するもの、本学学生に有益と思われるもののほか、実施機関より案内があったプログラムを紹介しています。

海外インターンシップ一覧

プログラム名 実施国 実施時期 費用 募集人数 募集
開始
募集
締切
申請
備考
NEW !
第46期日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画スペイン語・メキシコ文化コース
メキシコ 2018/8/中旬~2019/7/下旬 渡航費、一定の滞在費・現地医療保険をメキシコ政府が負担、授業料は免除
 
専門コースと合わせて20名程度(予定)
 
  2018/2/1 必着 直接 外務省が日墨両国の戦略的グローバル・パートナーシップの強化に貢献出来るような若手人材の育成を目指し、メキシコにおいて研究・研鑽を積む機会を提供しています。
埼玉県・オハイオ州スカラシップ(機会工学インターンシップコース) 米国オハイオ州 2018/8-2019/4 20,000ドル(派遣期間中の授業料、諸経費、アパート賃借料などに充当)寄附される。それを越える学費、賃借料、諸経費は自己負担。 2名   2017/11/30
(木)
直接 応募資格等の詳細はこちら
2018 TOMODACHI STEM Program @ Rice University



 
米国テキサス州ヒューストン 2018/2/24-4/1
 
国際航空運賃、ヒューストンでの宿泊(2人部屋)、セミナーおよびインターンシップ関連費用、外出、最終週のワシントンDCへの勉強ツアー等および国際的な健康保険の補助あり。詳細はHPで確認すること。 理系学部を専攻する女性の大学生10名   2017/11/2 (木) (11:59PM,JapanTime) 直接 日本の大学で理系学部を専攻する女性の大学生10名を対象とした5週間の研究インターンシッププログラムです。テキサス州ヒューストンにあるライス大学にて行われ、大学の研究室に属して最先端の研究活動に触れると同時に、アメリカの高等教育システムを体験し、米国人学生との交流活動を通して言語や文化を学ぶ機会を提供します。
2018KIPプロジェクト アメリカ研修
"Sharing Economy, Environment and Millennial Generation"
米国各都市 2018/2/23 -3/13 290,000円程度(後日正確な価格連絡)参加費に含まれるもの:航空運賃全額、旅行保険、現地での食費・宿泊費の一部 12-15名   2017/10/29   (日) 直接 一般社団法人KIP知日派国際人育成プログラム(以下、KIP)が今回は代表的なLiberal Arts Collegesや学部教育に力を入れている大学の教育の場を見て、一緒に社会問題について議論を交わしてくる、という目的で研修をしてきます。参加希望者は参加申込書に必要事項を書き込み直接応募してください。参加申込書、参加同意書はHPのニュースの部分からダウンロードが可能
応募書類送信先 :
admin@kipprograms.orgにメール送信してください。
件名は「2018アメリカ研修参加申し込み (氏名)」
添付ファイル名は「(氏名) 2018KIPアメリカ研修参加応募書類」としてください。
IARUサステイナブルキャンパス交換学生
 
2017年はイギリス 2017/8/1-9/22中の4~6週間 無料(主催者が負担)
航空賃等支給
1名 5月 2017/6/9 (金)16:00必着 本部国際交流課 海外の大学でサステイナブルキャンパス活動に従事する
香港大学Learn, Live and Intern in China (LLIC)プログラム 香港・中国 2017/6/11 -8/19 The Victor and William Foundation からの支援により、主な費用は無料、また14万円の奨学金を支給 学部学生3名以内 2016/11 2017/1/6 (金)17:00必着 本部国際交流課 1週間の授業と8週間のインターンシップを組み合わせたプログラム
IARU Global Internship Program @NUS シンガポール ・2017/1-7
・2017/8-2018/2
キャンパス内の宿舎が提供される予定。     ・2016/10/31
・2017/5/31
直接 本学が加盟する国際大学連合IARUの優秀な学生向けに提供され、シンガポール国立大学において実施される。対象学生は、IARU加盟大学の正規学生として1年以上修学していること。英語に堪能であること。
国際交流基金アジアセンター 日本語パートナーズ ラオス・カンボジア・台湾 2017/8月以降 国際交流基金の規程に基づき滞在費・往復航空費・旅費等の支給と住居の提供が行われる。 合計
13名
2017/1/11 2017/2/10
(金)
直接 幅広い世代の人材をASEAN諸国に派遣し現地日本語教師と学習者のパートナーとして授業のアシスタントや会話の相手役といった活動をするとともに日本語・日本文化紹介活動を行うことでASEAN諸国の日本語教育を支援する。
外務省
日本人学生のインターンシップ支援・日本人研究者育成支援事業


 
米国 (1)派遣期間(長期):平成28年10月初旬頃より約6か月程度

(2)派遣期間(短期):平成29年2月初旬頃より約1.5か月程度
参加者の旅費、インターンシップ手続き等政府からの支援があります。詳細はウェブサイトにて確認して下さい。
1)派遣期間(長期):13名募集
(2)派遣期間(短期):12名募集

※詳細は備考欄参照
  募集期間:
2016/6/9
(木曜日)
~7/8(金曜日)
直接 ※日本国籍を有する在学中の大学生、大学院生、及びこれらを卒業して1年以内の方 注) (1)(2)とも応募状況により、人数及び期間は変更の可能性があります。応募者及び派遣先の事情を考慮し、出発(派遣開始時期)が前後する可能性があります。
(注)(1)(2)に重複して応募することも可能です。
 
問い合わせ先:
「平成28年度日本人学生のインターンシップ支援・日本人研究者育成支援事業」運営受託
(株)日本旅行公務法人営業部 営業1課 担当:市川・笹本・廣瀬・管・半田
TEL 03-5402-6441(土日を除く平日9:30~17:30)
 FAX 03-6737-9265
専用メールアドレス :
beikoku_internship@nta.co.jp

東大生海外体験プロジェクト(海外企業体験活動)

米国

ベトナム

ドイツ

イタリア

8月~9月の1週間~2週間程度

※プログラムにより異なる
渡航費等が東京大学により負担されます。詳細はウェブサイト(備考欄参照)を確認ください。

各プログラム

1-2名
2016/4/11(月) 2016/5/16(月)17時 本部学生支援課 学部前期・後期の学生を対象とする海外企業体験活動プログラムです。異なる5つのプログラムが準備されていますので詳しくはウェブサイトを参照の上、本部学生支援課へ応募してください。
Washington, D.C. Program
Summer Programs
(The Washington Center)

 
米国(ワシントンDC) 2016/5/25-8/6 (Term)
2016/6/5-8/13 (Quarter and Postgraduate)
詳細はこちら     2016/2/17 直接 ワシントンDCでのインターンシップ。学部・大学院学生対象。

ブローシャーおよびプログラム名から内容をよく読み応募のこと
大学生国際協力フィールド・スタディ・プログラム ラオス・インド(いずれか1カ国) 現地プログラム期間2016/2/21-3/6
他に事前および事後研修を実施する
個人負担額約8-10万円(渡航費、旅行傷害保険、現地滞在費の一部をJICAが負担) ラオス20名・インド20名
 
  10/28 直接 日本に在住し、日本国籍を有する満18歳以上の者を対象とする(募集開始日現在)
JICAインターンシップ・プログラム(一般型・開発コンサルタント型) 中南米、アフリカ、アジア等JICAの在外事務所所在国合計9カ国 2016/1月中旬以降~2016/3月中までの間1ヶ月間-3ヶ月間 海外旅行傷害保険、航空賃、滞在費等一部JICAによる負担あり。詳細はウェブサイトを確認してください。 19名 9月 2015/10/13 正午必着
 
直接 JICAの各部署やプロジェクト等の事業実施現場における実習の機会を提供することにより、JICA事業及び我が国の国際協力に関する理解を深め、本プログラムを通じてJICA専門家等の国際協力人材を志向していただくことを目的とする。
応募希望者は、JICAウェブサイトを確認の上、国際キャリア総合情報サイト(PARTNER)を通じて応募してください。

IARU Global Internship Program (GIP)

シンガポール国立大学(シンガポール) 2015/8月~2016/2月 キャンパス内の宿舎が提供される予定。   5月 5/30 直接 本学が加盟する大学連合IARU(世界トップレベルの大学連合)加盟大学の学生を対象に、シンガポール国立大学National University of Singaporeがインターン参加学生を募集するもの。対象は本学で1年以上在籍した学部学生、大学院生。要英語力。募集要項を参照の上、希望する方は直接応募してください。

国際工業開発機関(UNIDO)インターンシップ

オーストリア・ウィーン 随時(3~6ヶ月間) 自己負担   随時 インターンシップ開始の6~3ヶ月前までに申し込む 直接 UNIDO (United Nations Industrial Development Organization 国際連合工業開発機関) は、国連の専門機関のひとつで、開発途上国や市場経済移行国において包摂的で持続可能な産業開発(Inclusive and Sustainable Industrial Development)を促進し、これらの国々の持続的な経済の発展を支援する機関です。包摂的な産業開発とは、すべての人々に公平に恩恵をもたらして貧困を減らす産業開発を意味し、また、持続的な産業開発とは、経済発展と環境保護の両立を実現する産業開発を意味します。

第43期日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画<スペイン語・メキシコ文化コース>

  2015/8中旬~2016/7   20名弱 9/22   直接 日墨両国の戦略的グローバル・パートナーシップの強化に貢献出来るような若手人材の育成を目指し、メキシコにおいて研究・研鑽を積む機会を提供するもの。

Prudential Foundation Global Citizens Program (The Washington Center)

米国(ワシントンDC) 2015/8/26-12/12 主な費用は奨学金(13,000USD以上)により支給 20名   2015/4/10 直接

・ワシントンDCでのインターンシップ。日本の他ブラジル・インド・韓国・中国・台湾から、20名を採用予定。学部・大学院学生対象。英語に堪能であること。
募集要項及びブローシャーをよく読み下記申請先より直接応募のこと

申請先:http://www.twc.edu/prudential-app

国際即戦力育成インターンシップ事業(経済産業省委託事業)

開発途上国各国(詳細はウェブサイトを確認すること) 2014/12月初旬~2015/2月末までの3ヶ月間 渡航旅費、現地滞在費等主催者負担 100名程度 7/8 8/29 直接 対象:①日本国籍を保持する者、②原則として満20歳以上35歳以下の者、③大学院学生および学部学生、④十分な英語力を有する者(TOEIC700、英検準1級程度)。その他詳細はウェブサイトを確認すること。

International Business Developer - KRDS

チェンナイ(インド)

6ヶ月以上

(赴任時期=できるだけ早い時期)

給与及び宿舎提供あり 若干名   随時 直接 フランスのソーシャルメディアエージェンシー"KRDS"が、インドチェンナイでのインターンを募集しています。事業拡大の中で、日本マーケット担当として従事することが期待されています。応募を希望する方は、募集要項を確認し直接応募してください。

専門性を伸ばす職務経験(インターン・ボランティア)/外務省国際機関人事センターウェブサイト

各国・各機関 プログラムによる プログラムによる プログラムによる プログラムによる プログラムによる 直接 各国際機関でのインターン・ボランティア情報を網羅している外務省国際機関人事センターのウェブサイトを参照し、各種プログラムへの参加を希望する方は直接応募してください。

ams(オーストリアマイクロシステムズ)海外インターンシッププログラム

オーストリア・グラーツ市またはスイス・ラッパーズヴィール市

8月頃~1年間

渡航費、滞在費等は主催者負担。別途給与(1,000ユーロ程度)も支給されます。査証代金は自己負担。

4名

5/8 6/20
当日消印有効
直接 ams(オーストリアマイクロシステムズ)が東大生向けに高性能アナログIC技術の開発・製造分野に携わるインターンシップを実施します。募集要項PDF:107KB)をよく読んで申請書(Word:55KB)を作成し必要書類をそろえて直接amsジャパン株式会社(東京都品川区)へ郵送してください。また、実習内容を確認した上で応募するようにしてください。
Product Development
Product Engineering
Product Management and Application Engineering Project
Development of a lab evaluation

インターンシップ(国連人口基金東京事務所)

東京 7月中旬~翌年2月中旬 無報酬・交通費支給なし     7/7 直接 ・大学卒業または同等の学歴を有すること
・国際協力、開発分野における知識や経験がある方対象
・特に人口問題、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ分野への関心がある方が望ましい
・その他語学基準等あるため、詳細はウェブサイト参照

モルガン・スタンレー
Summer Insignt Program

東京(恵比寿) 8月-9月頃 旅費等支給あり(条件あり) 約100名   6/28 直接 4つのコースにより合計約100名のインターン学生を募集。2015年度に四年制大学卒業、または大学院修了見込みの方中心。専攻・専門不問。

イアエステ国際インターンシップ

世界86カ国 通年 滞在費は研修先が支給 毎年全日本で100名程度 毎年9月頃 毎年11月頃 直接 例年11月頃に派遣認定試験を実施。詳細は事務局に問合せてください。

(公財)吉田育英会 カーターセンターインターンシップ奨学生

米国 2015/8月下旬から2016/5月(または8月) 生活滞在費(月額20万円)、通勤補助費(月額5万円)、往復の渡航に要する費用等を支給 1名 2月 4/24 直接 ●カーターセンターインターンシッププログラムに参加する日本人留学生に対する奨学金プログラム。●学士以上の学位を取得している者(奨学期間開始までに取得見込みの者も含む)、●大学もしくは大学院に在学中の者または卒業後2年以内の者。●英語に堪能である者(TOEFL iBT100もしくはIELTS7.0以上が望ましい)。

IARU Global Internship Programme @ETH Zurich

スイス 6月~9月頃 渡航費、宿舎費などすべて参加者負担。月額18万円程度の給与が支給される。 不明 2/18 3/15 直接 本学が加盟する国際大学連合IARUの優秀な学生向けに提供され、ETH Zurich(スイス)にて実施される。

ADB(アジア開発銀行) Internship Program

フィリピン 4月~3ヶ月程度 自己負担 不明   2/13 直接 大学院生対象。都市交通をはじめ6分野により実施される。

Global Health Leadership Program (GHLP)

日本 4月~6月のレクチャー及び3ヶ月間のインターンシップ 正規学生であれば参加費不要。 30名   12/20 直接 グローバルヘルス領域でのインターンシップ派遣や講義に加え、リーダーシップスキルを高めるためのワークショップなどを行う。

UNICEF東京事務所コミュニケーション・インターン(フルタイム)

日本 なるべく早く、週5日で3ヶ月以上 無報酬。交通費支給。     1/7 直接 UNICEF東京事務所のコミュニケーションチームで広報に関する様々なメッセージ発信業務に従事する。
JICA
インターンシッププログラム
国内・海外 8月-2月 実習に要する経費は自己負担     5月 直接 大学院生を対象
Infosys' Global Internship Program インド、
中国
プログラムにより異なる 手当、宿舎、航空運賃、現地通勤補助など支給     5/15 直接 Flyer (Word File)
Flyerでは締切が3/15となっているが、5/15に延長

WHO Internship Programme (Administration & Finance)

指定なし 2012.11~2013.4の3週間~12週間 自己負担 若干名 8/1 9/30 直接 医学系もしくは社会科学系の大学院生対象
国際刑事裁判所
インターンシップ
オランダ 4月~
10月~
原則として給与支給なし     11月
5月
直接  
世界銀行
The Bank Internship
アメリカ 6月-9月
12月-3月
時給により給与支給。旅費支給の場合もあり 150~
200名
12月
9月
1月
10月
直接 大学院生を対象
IARU
インターンシッププログラム
アメリカ、
シンガポール
5月-7月 プログラムにより異なる 数名 2月 2月 直接 本学が加盟する国際大学連合IARUの優秀な学生向けに提供

このページの先頭へ