このページのトップです。
東京大学ホーム > 留学生の方へ > 国費外国人留学生制度等
space
space
space

奨学金情報など

日本政府(文部科学省)奨学金留学生 (国費外国人留学生)としての入学
 

日本政府(文部科学省)からの奨学金を得て日本に留学する制度です。
2016年5月1日現在、東京大学には3,328名の外国人留学生が在籍していますが、そのうち789名が国費外国人留学生です。
詳細及び正確な情報は、必ず採用年度の募集要項等にて確認してください。

・国費外国人留学生制度について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/06032818.htm
・日本留学総合情報ガイド(外務省)
http://www.studyjapan.go.jp/jp/index.html
 


■概 要(2017年4月現在)
 

種 類 主な
応募方法
入学
時期
授業料 旅費 奨学金月額
・文部科学省の予算の状況により
変更される場合があります。
・特定の地域において修学・研究する者には、月額2,000円または3,000円が加算されます。
研究留学生 大使館推薦 春期
秋期
文部科学省負担
(大学推薦は大学負担)
往復航空券支給 143,000円~145,000円
大学推薦 秋期
学部留学生
 
大使館推薦 春期 117,000円

*国費外国人留学生プログラムには、6種類(研究留学生、教員研修留学生、学部留学生、日本語・日本文化研修留学生、
 高等専門学校留学生、専修学校留学生)ありますが、東京大学が受入れを行っているのは、「研究留学生」と「学部留学生」のみです。
 
[種類]

* 研究留学生:大学院正規生(修士課程、博士課程、専門職学位課程)または大学院外国人研究生

* 学部留学生:学部正規生
   渡日後、最初の1年間は、文部科学省が指定する予備教育機関に入学し、大学入学のために集中的な日本語教育、
   その他の予備教育を受けます。予備教育を修了した者は、文部科学省の指定する大学の行う入学試験に合格の後、
   当該大学に入学します。留学生が受験する大学は、第1次選考の学科試験結果、予備教育機関における成績、
   留学生の専攻、大学の収容力等を総合的に考慮の上、文部科学省が予備教育機関及び当該大学と協議して
   決定しますので、東京大学を受験できるとは限りませんので注意してください。
 

[応募方法]  大使館推薦と大学推薦のいずれも入学前に応募するものです。
* 大使館推薦:海外にある日本国大使館または総領事館が募集するもの。在外公館が実施する第一次選考に合格する必要があります。
* 大学推薦:主として大学間交流協定等に基づき、相手国大学から公式に推薦を受けた者を、東京大学において選考の上、
          文部科学省に推薦するもの。

 
[その他]
* 旅費や奨学金は、支給要件を満たさない場合には支給されません。
* 上位課程への進学を希望する者で一定の基準を満たす特に成績優秀な者については、進学に伴う奨学金支給期間の延長審査を受け、
   奨学金支給期間が延長されることがありますが、自動的に全員が認められるものではありません。
 

■問い合わせ先

○大使館推薦
大使館推薦の申請方法や願書の締切などについては各国によって違いがある場合がありますので、自国の日本国大使館あるいは
総領事館に問い合わせてください。
在外公館が実施する第一次選考試験に合格し、東京大学への内諾取付依頼を行う場合は、東京大学HPに掲載の「研究科ごと
の特記事項」を確認のうえ、「担当窓口一覧」にある連絡先に連絡してください。

※ 第一次選考に合格した場合のみ、東京大学へ連絡してください。
※ 内諾取付依頼をする際は、教員に直接依頼するのではなく、必ず「担当窓口一覧」の連絡先に連絡してください。

 

担当窓口一覧
研究科ごとの特記事項

大使館・総領事館
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html

 
○大学推薦
募集時期等は各研究科によって異なりますので、入学を希望する研究科に直接問い合わせてください。
 
研究科一覧
space