このページのトップです。
東京大学ホーム > 留学生の方へ > 東京大学外国人留学生特別奨学制度(東京大学フェローシップ)
space
space
space

奨学金情報など

東京大学外国人留学生特別奨学制度(東京大学フェローシップ)
The University of Tokyo Fellowship
Special Scholarship Program for International Students

 

1.制度の概要

 本制度は、「大学院における特に優秀な私費外国人留学生に対し研究奨励費を支給することにより、本学での学術研究への取組を支援するとともに、諸外国からの優秀な留学生の受入促進に資すること」を目的として、平成16年度に設立されました。
 受給者には、月額20万円あるいは15万円の研究奨励費が入学課程の標準修業年限まで(研究生は最大1年間)支給されます。
  平成28年度はのべ130名の大学院学生に対し奨励費の支給がありました。
  平成28年度は、博士課程大学院学生28名、修士課程大学院学生19名、、専門職学位課程2名、研究生1名の合計50名の学生が、受給者として決定されました。
 また、設立以来合計で571名が受給者となっています。

    東京大学外国人留学生特別奨学制度実施要項(2015.3改正)

 

2.応募について

 この奨励費の募集は、所属する研究科の担当窓口を通じて行われます。応募方法の詳細は、所属する研究科の担当窓口へおたずねください。

 担当窓口: 「各研究科・学部の留学生担当」から連絡先を確認してください。


3.ご寄附による基金

 

○傅徳林奨学基金
本基金の設立にご尽力いただいた傅徳林氏は、中国の明時代にまで遡る傅一族のご出身の篤志家であり、永く個人的に日中の留学生を支援して来られました。この度本学に入学する大学院留学生への支援にもご関心を寄せられ、経済的にご支援いただくことになりました。本奨学基金は、外国人留学生特別奨学制度(東大フェローシップ)のもとで実施され、主に中国籍の留学生の支援に充てられます。
 実施要領

 
 

○古賀信介奨学基金
 ご寄附者である古賀信介氏は本学経済学部をご卒業後、主に金融機関でグローバルな活躍をされました。米国マサチューセッツ工科大学経営大学院に留学(MBA)された経験から米国・英国からの本学大学院への留学支援にご関心があり、古賀奨学基金として経済的にご支援いただくことになりました。本奨学基金は、外国人留学生特別奨学制度(東大フェローシップ)のもとで実施され、米国・英国籍の留学生の支援に充てられます。
 実施要項

  

 

○長島雅則奨学基金
ご寄附者である長島雅則氏は本学工学部卒業、工学系研究科修了、現在は株式会社インフォマティクスの取締役会長をなされております。外国人留学生特別奨学制度(東大フェローシップ)の主旨にご賛同いただき、本学大学院に入学する留学生に経済的に支援いただくことになりました。

space