このページのトップです。
space

まるでSF

「たとえNatureに書いてあることでも、自分で確かめるまでは信用しません」。再生医療分野のトップランナーのひとり、東京大学医科学研究所の中内啓光教授(スタンフォード大学兼任)は笑顔で、しかし豪胆にこう話します。このような姿勢は、ヒトの臓器をヒツジやブタといった大型の哺乳類を使って再生するという、まさに不可能を可能にするような研究のためには不可欠なものなのでしょう。

続きを読む

image1

六大学野球開幕!総長が始球式を務めました (本部学生支援課)

2016年4月9日(土)に東京六大学野球春季リーグが開幕しました。 第1試合開始前には始球式が行われ、本学の五神総長が務めました。東大カラーの青いグローブを身につけ、力強い一球を投じました。   始球式の後、本学硬式野球部は早稲田大学との試合に臨みました。 序盤は硬さのあった野球部ナインですが、徐々に本来のプレーを取り戻していきます。 5回には、東京大学運動会のマスコットキャラクター「イチ公」が応援スタンドに登場。応援部に混じって力一杯応援し、スタンドをより一層盛り上げました...

続きを読む

image2

大学院入学式式辞の総長メッセージ~橋本進吉の例から何を学ぶか~ (本部総務課)

 平成28年度大学院入学式が4月12日(火)午後に、日本武道館において挙行されました。    式には約2,800名の新入生と、そのご家族など約3,300名、合わせて約6,100名が出席しました。  午後の大学院入学式においては、13時25分から運動会応援部による演舞、音楽部管弦楽団によるワーグナー作曲の「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」の演奏後、五神真総長はじめ理事・副学長、理事、研究科長、研究所長並びに来賓の芳賀徹名誉教授が登壇し、14時20分開式となりました...

続きを読む

image3

平成28年度学部入学式を挙行 (本部総務課)

 平成28年度学部入学式が4月12日(火)午前に、日本武道館において挙行されました。  式には約3,000名の新入生と、そのご家族など約5,300名、合わせて約8,300名が出席しました。  午前9時45分、運動会応援部による演舞があり、音楽部管弦楽団によるワーグナー作曲の「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」の演奏後、五神真総長はじめ理事・副学長、理事、学部長、研究科長、研究所長並びに梶田隆章宇宙線研究所長が登壇し、10時40分開式となりました。  式では、はじめに音楽...

続きを読む

image4

『梶田隆章先生ノーベル賞受賞記念講演会』および特別公開『梶田隆章先生ノーベル賞受賞』 (本部博物館事業課)

 東京大学総合研究博物館と日本郵便株式会社が協働で運営するJPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」では、2016年3月30日に『梶田隆章先生ノーベル賞受賞記念講演会』および特別公開『梶田隆章先生ノーベル賞受賞』を実施しました。2015年のノーベル物理学賞を受賞した宇宙線研究所の梶田隆章先生の功績を広く社会に伝えるために、JPタワーホール&カンファレンスで梶田先生の記念講演会を開催し、あわせて「インターメディアテク」においてノーベル賞のメダルや梶田先生の研究成果を展示する特別公開...

続きを読む

image5
space
space
  • 重要なお知らせ
  • トピックス
  • お知らせ
  • イベント
  • UTokyo Research