このページのトップです。
space

Chile-Japan Academic Forum at UTokyoを開催(本部国際企画課)

10月6日(月)から9日(木)までの間、主に本郷キャンパスを会場として、Chile-Japan Academic Forum at UTokyoが開催されました。 このフォーラムは、2013年にチリ・ブラジルで開催された第9回東大フォーラムを踏まえ、チリのチリ大学及びカトリカ大学と共催で実施したもので、チリ大学のVivaldi学長、カトリカ大学のLarrain副学長、チリの研究費配分機関CONICYTのBrieva会長をはじめ、50名近くのチリ人研究者が本学に来訪し、天文、地震、生物、金属...

続きを読む

image1

「航空システム国際PBL」発表会で東大チーム「Bird Port」が優勝(工学系研究科・工学部)

Boeing Japan及び4大学共催「航空システム国際PBL」発表会で東大チーム「Bird Port」が優勝 東京大学は2012年より、米国The Boeing Company (以下Boeing社)が世界的に展開する教育プログラムBoeing Higher Education Programに参加し、Boeing社よりサポートを受けて「世界の将来を担うべき優れた科学者・エンジニア」を育成する事業を共同で実施しています。    工学部、工学系研究科の共通科目「創造的ものづくりプロ...

続きを読む

image2

暗黒エネルギー

宇宙の二大ミステリー。1999年、二つの研究グループが「約70億年前から宇宙の膨張スピードが加速している」という観測結果を発表しました。ビックバンで始まった宇宙膨張は、物質同士の引力によってやがて勢いを失うはずです。この観測事実の不可解さを、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の高田昌広教授は「真上に投げたボールが戻ってくるどころか、勢いを増してどんどん空高く飛んで行くような奇妙な現象」と例えます。この加速膨張の原因とされるのが、暗黒エネルギーです。 図1:一般相対性理論のアインシュタイAcademic Information...

続きを読む

image3

平成26年度「東京大学稷門賞」授賞式が挙行される(本部社会連携推進課)

平成26年度「東京大学稷門賞」の受賞者が、公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン様、東京大学三四郎会様、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 兼 最高経営責任者 樋口武男様、株式会社ゼンショーホールディングス 代表取締役会長兼社長 小川賢太郎様の4件に決定し、授賞式が10月7日(火)17時30分から伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールにおいて挙行されました。 本表彰は、私財の寄附、ボランティア活動及び援助等により、本学の活動の発展に大きく貢献した個人、法人...

続きを読む

image4

秋季入学式を挙行(本部総務課)

平成26年度東京大学秋季入学式が、10月7日(火)に、伊藤国際学術研究センターにおいて挙行されました。 午前10時00分より、音楽部管弦楽団による「ドヴォルザーク作曲 弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」 第1楽章」の演奏後、総長をはじめ、理事・副学長、各研究科長及び各研究所長がアカデミック・ガウンを着用のうえ登壇し、10時10分に開式となりました。 濱田総長から入学生に式辞が述べられ、続いて西村清彦経済学研究科長が式辞を述べました。 その後、入学生代表(農学生命科学研究科大学院...

続きを読む

image5
space
space
  • 重要なお知らせ
  • トピックス
  • お知らせ
  • イベント