このページのトップです。
space

オランダ王国国王・王妃両陛下、高齢社会総合研究機構主催のシンポジウムにご出席(高齢社会総合研究機構)

10月30日、東京大学農学部弥生講堂にて開催された高齢社会総合研究機構主催のシンポジウム「“Aging in Place” Meeting」にオランダ王国国王・王妃両陛下がご出席されました。 濱田純一東京大学総長、柏市の秋山浩保市長、厚生労働省・原勝則厚生労働審議官のスピーチの後、秋山弘子高齢社会総合研究機構特任教授が機構の取り組み“Aging in Place” について説明。オランダ側からケア統合組織ビュートゾルフについての発表と続きました。 その後、両陛下は柏市在住の高齢者の方々とご歓...

続きを読む

image1

柏キャンパス一般公開を開催(柏地区共通事務センター)

今年は「探求心と好奇心 ~もっと身近に感じる科学~」をテーマに、10月24日(金)、25日(土)の両日にわたり、柏キャンパスにおいて一般公開が開催されました。柏キャンパスの大学院新領域創成科学研究科、宇宙線研究所、物性研究所、大気海洋研究所、人工物工学研究センター、空間情報科学研究センター、情報基盤センター、国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構、高齢社会総合研究機構、環境安全研究センター柏支所、柏図書館が参加し、キャンパスとして特別講演会を開催したのを始め、日頃の研究成果の紹介、実験や体験コ...

続きを読む

image2

プリンストン大学との戦略的パートナーシップ締結記念イベントUTokyo Dayの開催(本部国際企画課)

10月23日(木)に米国プリンストン大学においてUTokyo Day: Celebration of our partnershipが開催されました。このイベントは、2013年1月に締結された戦略的パートナーシップを記念して開催されたもので、東京大学からは総長をはじめとした関係役員らが参加しました。 冒頭に両校の学長より挨拶があり、プリンストン大学President Eisgruberはこれまでの両校の交流状況を中心に紹介し、これに対し濱田総長は、4ターム制の導入をはじめとした教育改革と学...

続きを読む

image3

「歴史を記述する」ということ

史学会125年の歩みと発展。日本最古にして、全国におよそ2500人の会員を持つ史学会が2014年11月、創立125周年をむかえます。東京大学で生まれた史学会が歩んできた歴史は、日本におけるアカデミックな歴史学そのものの歩みでもあります。ここでは、その長い歴史をふり返るとともに、2012 年4 月に旧財団法人から公益財団法人として生まれ変わった史学会の発展を探ります。 御雇外国人ルートヴィヒ・リース 図1:ルートヴィヒ・リース(1861~1928)は、ベルリン大学でハンス・デルブリュッAcademic Information...

続きを読む

image4

カブリIPMUの村山機構長が国連本部でスピーチ(カブリ数物連携宇宙研究機構)

10月20日(月)にニューヨークの国連本部で開催された「平和と発展のための科学」というイベントにて、カブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉機構長がスピーチを行いました。このイベントは国際連合経済社会理事会 の理事長主催で行われ、スイスとフランスの国連大使の共催、そしてCERN の 60 周年記念の一環のイベントでもあります。 村山機構長は「私は基礎科学の研究は、人類にとって真に平和をもたらす役割をすると固く信じています。」と述べました。CERNが冷戦や戦争で敵対している国々の研究者を集めて平和...

続きを読む

image5
space
space
  • 重要なお知らせ
  • トピックス
  • お知らせ
  • イベント