TOP > 留学プログラム > 海外研修・会議など一覧

海外研修・会議など一覧

  • 最新情報・詳細はプログラム名をクリックして確認してください。各項目は、あくまで目安として簡潔に記載しています。(費用については、原則として航空賃・生活費等を除いた、授業料と宿泊費の目安を掲載しています。)
  • 募集開始・締切は年により異なります。
  • 当該年の募集が始まったら本HP新着情報欄・Facebook・Twitterでお知らせし、数日後に学部や研究科(以下、「部局」と呼びます。)で募集が始まりますので、数日後に自身が所属する各部局の募集情報を確認してください。
  • 申請先が「直接」となっているものは、実施機関への直接応募となります。 大学を通さない個人応募となりますので、手続きをすべて自己責任で進めることになります。留学期間やプログラムの内容、費用など予め十分な情報収集を行ってください。また、 申請前に、留学時に所属することになる部局の担当部署に相談し、留学に関する留意点の説明を充分受けるようにしてください。
  • 本学で公募するもの、本学学生に有益と思われるもののほか、実施機関より案内があったプログラムを紹介しています。
 

大学公募

個人応募

 

 

大学公募

 

実施機関/
プログラム名

開催地

時期

費用

※航空賃等は除く

募集

募集
開始

募集

締切

申請
備考
AUA Youth Forum 2017
 
チュラロンコン大学 2017/11/13-17 参加費、宿泊費(6泊)、一部の食事は無料。航空賃及び空港からのピックアップは派遣先大学側が負担・手配。保険料は自己負担。
 
3名   2017/10/5  16:00 必着 国際交流課 AUA (Asian Universities Alliance 東京大学も加盟する大学連合)が実施する学生交流プログラムへの参加学生の募集。
2017 AEARU Workshop on R&D Policy and Asian Research Universities 韓国科学技術院(KAIST)大徳キャンパスほか(大韓民国) 2017/11/3-4 プログラム参加決定者には、派遣先大学より、渡航費、宿泊費(1泊)、プログラム内での移動費が支給される。 2名(対象:大学院生)   2017/9/19  16:00 必着 国際交流課 AEARU (The Association of East Asian Research Universities、東アジア研究型大学協会)が実施する学生交流プログラムへの参加学生の募集
6th AEARU Student Physical Competition



 
ソウル大学校ピョンチャンキャンパス(大韓民国・平昌郡) 2017/11/2-4
 
参加費は無料。宿泊費(2泊)、食事、プログラム内の移動費は無料(プログラム側で負担)。航空賃・保険料等は自己負担。本人が希望し、条件を満たす場合、旅費の一部として7万円の奨学金を支給する。 2名   2017/9/21 16:00 必着 国際交流課 AEARU (The Association of East Asian Research Universities、東アジア研究型大学協会)が実施するプログラム「6th AEARU Student Physical Competition」の参加学生を募集
Nobel Week 2017 Program スウェーデン 2017/12/6-10 プログラム料金1,000スウェーデンクローナ、宿泊費、保険料他。 5名 2017/7/25 9月中旬頃 所属部局 ストックホルム大学訪問(講義聴含む)、ノーベル賞受賞者(物理・ 化学 ・経済学)の講演聴、ノーベルミュージアム見学他
ストックホルム国際青年科学セミナー スウェーデン 2017/12/4-12 主な費用は国際科学技術財団が負担 数名 2017/6/28 7月下旬頃 所属部局 ノーベル賞授賞式や関連イベントへの出席、他国学生との交流や研究機関への訪問など
第10回日中学長会議 学生フォーラム
 
中国(瀋陽市) 2017/10/20
(参加予定日程:10/19-21)
宿泊費、会食は無料。交通費・保険料等は自己負担。本学から6万円を支給 1名 2017/6/21 7/12
16:00
本部国際交流課 ・学部3年生以上対象。
・日中の大学の学長が参加する「第10回日中学長会議」(10/19-10/21)と並行して中国・東北大学にて開催される。
AEARU Advanced Materials Science Workshop 2017
 
大阪府吹田市 2017/11/1-2 参加費、宿泊費(3泊)、一部食事、プログラム内の移動費は無料。大阪までの交通費は自己負担 2名 2017/6/21 7月下旬頃 所属部局 AEARU (The Association of East Asian Research Universities、東アジア研究型大学協会)が実施するワークショップ。2017年は大阪大学で開催
日中友好大学生訪中団 中国(北京・成都)、日本 2017/8/26-9/2 1万円 20名 2017/6/1 2017/6月下旬頃 所属部局 日本と中国の大学生が交流し、相互理解を深め、中国の生活文化に直接触れ、より客観的に中国を理解することを目的としている。
米国政治関係の短期研修CSPC
International Fellows Program
米国、日本 ・秋学期リーダーシップ会議: 2017年10月23日~28日予定(場所:米国ワシントンDC)
・春学期リーダーシップ会議: 時期未定(例年3~4月頃に実施)(場所:米国ワシントンDC)
・上記の他、日本で開催する報告会有(日時未定)
渡航費、現地滞在費、ホテルでの食費、DC内での会議にかかわる交通費は主催者が負担。(但し、国内移動旅費、現地での医療費、海外旅行保険費用等は自己負担) 1名 2017/5/29 6月下旬頃 所属部局 ワシントンDCでの研修及び研究成果発表及び日本での報告会参加
東京大学韓国学研究部門・第1回宿泊型ワークショップ 那須高原 2015/8/24-25 プログラム中の交通費・宿泊費・食費:なし(韓国学研究部門が負
担)
発表者:1名程度
・発表はせず聴講のみの参加者:5名程度
  定員に達した時点で募集終了 大学院総合文化研究科
グローバル地域研究機構 韓国学研究部門
*学部生・大学院生・ポスドクで、広義の<朝鮮半島に関連するテーマ>(日韓・日朝関係史、在日コリアン、対韓政策、比較研究等も含む)で、<学部の卒業論文>や<修士論文>、<博士論文>、その他<研究論文>を準備している
者(休学中も含む)。(東京大学以外の大学、研究機関等に所属する者も参加可。)
*あるいは、今後、東京大学大学院の各課程で、広義の韓国学を専攻することを考えている卒業生・研究生・留学生等。

申請・問い合わせは、iagscks@gmail.com までよろしくお願いいたします。
IARU/IARU Global University Climate Forum
(国連気候変動パリ会議(COP21)の会期中に行われる)
フランス
(パリ)
(国連気候変動パリ会議(COP21))
2015/12/6 (未確定) 大学からの支援を検討中 大学からの支援を検討中 6月 2015/6/30 東大サステイナブルキャンパスプロジェクト室(TSCP室)
tscp-jimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
・参加申込書、プロジェクト概要と質問事項などを記載・提出します。
・提案されるプロジェクトの前提条件、学生グループの前提条件、
学生グループの今後の可能性、参加者の前提要件及びその他は、
別添ファイル「参加募集案内」をご覧下さい。
イオン1%クラブ「アジア・ユースリーダーズ」 中国(天津市) 2015/8/17-22 渡航費、現地宿泊費等はイオン1%クラブが負担 2名 5月 5月中旬頃 所属学部 学部学生対象

平成26年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~ 事前・事後研修および留学生ネットワーク参加者の募集

※奨学金募集ではありません

      全体で20名程度 5月

5月初旬

※募集期間が非常に短いので注意すること

所属部局

応募資格等については「平成26年度官民協働海外留学支援制度」に準じるが、「機構の第二種奨学金に掲げる家計基準」を満たす学生は応募できないので注意すること。

 

参考:家計基準の目安

募集に係る留意事項(学内通知)

参加者募集について

応募様式(様式1-1、1-2)

家計基準チェックリスト

コペンハーゲン大学

IARU Graduate Student Conference

デンマーク 6/21-22

宿泊費1泊DKK435(EUR58)

2名 3月 2014/4/4 本部国際交流課

テーマ:”Aging Research and Scientific Careers”。IARU加盟大学の大学院学生向けConference

日露青年交流事業

モスクワ大学への日本人学生100名派遣プログラム

ロシア

3/16~3/22

(2014年)

往復航空賃・宿泊費など支給

2名(指定大学枠)

50名(一般公募)

10月下旬

2013/11/1

本部国際交流課

モスクワ大学の学生との交流プログラム

 

個人応募

実施機関/
プログラム名

開催地

時期

費用

※航空賃等は除く

募集
人数
募集
開始

募集

締切

申請
備考
US-JAPAN FORUM主催海外研修 アメリカ カリフォルニア・イノベーション研修: 2017/9/9
-18





グローバルプロ養成プログム: 2017/8/23 -9/23

 
現地研修に関する費用:
約20万円
渡航費用、パスポート申請費用、食費、その他諸費用は各自負担

現地研修に関する費用:約38万円
渡航費用、パスポート申請費用、食費、その他諸費用は各自負担
若干名   2017/6/14
 
直接 US-Japan Forumでは大学生及び若手起業家のために年間4つの海外研修プログラムを提供しています。

Application Forms(Form1-Form5)
2017年度ロシアミッション学生交流事業 日本・ロシア 2017/8/18 -26 (日本)

2017/9/17
-24(ロシア)
3万円
(その他渡航費用は日露青年交流センター等から支出されます)
18名
 
  2017/5/10 直接 日本人学生のロシア研修、ロシア学生との青年交流事業
2017年第5回FEALAC(アジア中南米協力フォーラム)奨学金
スペイン語研修留学生募集要項
コロンビア 2017/7/11- 11/25(予定)   最大60名 2017年3月10日 2017/4/21 直接 2013年より始まりましたこの奨学金はFEALAC加盟のアジア諸国の学生及び観光ガイドを対象に、コロンビアで4ヶ月間のスぺイン語研修を行っております。
今年も外国語としてのスぺイン語に関心を持つ方々を対象に最大60名まで奨学金を支給します。
本研修期間は1学期にわたり、外国語としてのスペイン語研修で高い評価を受けているコロンビア国内の大学で実施します。
2017年FEALAC奨学金募集要項
FEALACイニシアティブ規定別紙
平成29年度内閣府青年国際交流事業次世代グローバリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」
 
インド・スリランカ 事前研修2017/9/8-13

出発前研修
2018/1/20 -21

プログラム期間
2018/1/22 -3/3

帰国後研修
2018/3/2-3
30万円程度 120名   おおむね2月~3月中の予定 直接 世界各地から集まった外国青年と船内で共同生活をしながら、ディスカッションや文化交流等を通して、異文化対応力やコミュニケーション力を高め、リーダー シップ等の向上を図ります。また、訪問国では、ディスカッションのテーマに応じた施設訪問や現地青年との交流などを行います。

詳細はこちらを参照して下さい。
中国政府招請事業
2017日中友好大学生訪中団第1弾
中国 2017/3/23 -29 1万円(団体運営経費として)
 
70名 2017/2/1 2017/2/10 (金)必着
 
直接 学部(1~3年生)対象 院生、休学中は不可
・主催:公益社団法人日本中国友好協会
・募集要項及び応募書類:参照 公益社団法人日本中国友好協会ウェブサイト
平成28年度 日本大学生訪韓研修団 韓国 第1団
2017/3/2-11 (事前説明会 3/1)
第2団 2017/3/14- 23 (事前説明会 3/13)
主な費用は主催者負担 全体で36名(各団18名)   2016/11/24 直接 学部生対象
・主催: 公益財団法人日韓文化交流基金、韓国教育部国立国際教育院
・募集要項及び応募書類: 公益財団法人日韓文化交流基金ウェブサイト参照
IARU Graduate Student Conference 日本 2016/11/3-5 no registration fee 若干名   2016/7/15 直接 東京大学高齢社会総合研究機構ははIARU(International Alliance of Research University)のResearch部門、Ageing Longevity, and Health Initiative(ALH)に所属しており、IARU Graduate Student Conference (GSC)を開催、参加者を募集します。対象:大学院生。Ageingに関心のある学生。所属研究科は問いません。
詳細はこちらを参照して下さい。Application
Application to: tobari@iog.u-­‐tokyo.ac.jp
2016 Young Leaders Program(YLP) 中国 2016/7/31 -8/13 The award is a competitive grant and may cover all program-related expenses, including visa application, travel, local transfer, accommodation, meals, study tours, training and materials.     2016/5/15 直接 北東アジア経済フォーラムが主催するヤングリーダープログラムを吉林大学(Jilin University)にて開催

Application to: neaef@hawaii.edu
US-JAPAN FORUM主催海外研修
 
アメリカ

 
グローバルプロ基礎コース:  2016/2/22 -29
 
19万円 20名 12月 2015/12/18
 
直接 US-Japan Forumと複数の国内大学による合同海外研修プログラム。 国際社会で活躍できる人材に必要なスキルとその習得方法を、米国シリコンバレーにて活躍する外交官、大学教授、教育者、医師、研究者、エンジニア、起業家、投資家、弁護士、会計士、コンサルタント、通訳者、ジャーナリストなど多くの日本人プロフェッショナルの講師から直接学ぶことができます。
Application Procedure
Application Forms(Form1-Form5)
中国政府招請事業
2016日中友好大学生訪中団第1陣
中国 2016/3/24 -30   100名 2月1日 2016/2/10
必着
直接 学部(1~3年生)対象
・主催:公益社団法人日本中国友好協会

・募集要項及び応募書類:参照 公益社団法人日本中国友好協会ウェブサイト

APRU 14th Doctoral Students Conference(APRU博士課程会議) 中国 2015/11/23
-27
Early bird fee: USD 250
Regular fee: USD 300
* Some funds are available to support up
to 10
participants (i.e. registration fee waivers
).
Information on the
conference is appended below and can be accessed here.
  7月 2015/7/30:
Deadline for the first round of abstract submissions (Submissions made by this date will be given priority.)

2015/9/30:
 Deadline for the second round of abstract submissions is extended from Sep 15 to Sep 30.
直接 APRU(環太平洋大学協会)主催の博士課程会議
The Doctoral Students Conference aims to provide doctoral students with a platform to discuss their career aspirations and pathways within and outside academia and enhance their international experience by providing them with networking opportunities and a supportive venue for constructive peer critique of ongoing research efforts.
国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)

 
フランス(パリ)
 
2015/12/6 -14(予定)
 
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)から旅費の一部支援
 
最大5名
 
6月 2015/6/28
 
直接
 
参加申請については、学内の学生グループSUS+CCWGで選考があります。申請については参加募集の案内及び募集先のホームページをご参照ください。

 

APRU Asia-Pacific Student Leaders Forum

シンガポール 2015/6/8 -10(6/7にオリエンテーション)

参加費、食費、宿泊費等はは主催者負担

  2月 2015/3/8 直接

学部生対象

・主催: 環太平洋大学協会(APRU), National University of Singapore
(NUS), NUS Students’ Union (NUSSU).

Website及びブックレットを参照

・申請方法: Online Applicationからの直接応募

5th USL (Univesity Scholars Leadership) Symposium in Cambodia

"Dream it. Plant it. Do it."

カンボジア(プノンペン) 2014/8/1-7 航空賃等含み自己負担 東大生3名 5月 2014/7/21 直接

・主催: Humanitarian Affairs UK(HAUK)

シンポジウム概要

・申請書

・申請先:

secretariat@humanitarianaffairs.asia

Humanitarian Affairs Asia

Sherin Al-Bloushi

Global Partnership Manager

Tel   : +66-38-235-038

Fax  : +66-38-235-037

Web :  www.humanitarianaffairs.org

The AEARU Enagy and Environmental Workshop 2014

台北 2014/10/22
-24
基本自己負担、ただし、各AEARU加盟校から2~3名の学生に宿泊費が提供される。 全体で40名(学生) 5月

2014/6/23

※延長されました

直接 東京大学が加盟する国際大学連合の一つAEARUのワークショップ

国連大学グローバル・セミナー 第30回湘南セッション 国連の新たな挑戦―グローバル時代の安全保障

湘南国際村センター(神奈川) 2014/9/1–4 3万8千円(宿泊費、食費、資料代、初日のバス代込) 100名 4月 2014/5/30 直接 日本の大学に在籍する学生、留学生対象
テーマ:21世紀の安全保障問題に取り組む国連の役割、課題と展望

 

 

サンガレン大学
サンガレン・シンポジウム

スイス 2014/5/8-9 主催者側が旅費、宿泊費、食費を負担 100名 11月 2014/2/1 直接 大学院生対象(2014年進学者含む)。Essey Competitionの優秀者100名をシンポジウムに招待。過去には政・官・財・学界の著名人が参加

2013 Asia Pacific Student
Forum

インドネシア 2013/9/25 -28

150ドル

※宿泊費・航空賃を除く

150名

6月

2013/9/10
(奨学金希望の場合:7/30)

直接 "World without Poverty"をテーマとし、世界から学部学生が集まるフォーラム

国立青少年教育振興機構
日独学生青年リーダー交流派遣事業

ドイツ 2013/9/10 -24 12万円前後(往復航空賃、滞在費等を含む) 21名

5月

2013/6/28 直接

講義、歴史研修、施設訪問、合宿セミナー、ホームステイなどを行う

このページの先頭へ