日本語 English

USTEP生(Type U)の方へ(在籍者、合格者)

全学交換留学プログラム(USTEP)Type U

全学交換留学プログラム(University-wide Student Exchange Program=USTEP)にType U生 (U=Undergraduate) として在籍する学生、及びプログラムの合格者はこちらのページをご覧下さい。なお、Type U生の東京大学での所属は「グローバルキャンパス推進本部」となります。
 
(1) 在留手続き

来日後、居住地への引っ越しが完了したら、国際交流課から指示された期日までに居住地の区・市役所で速やかに次の2つの手続きを行って下さい。手続きにはパスポートと在留カードが必要です。

1.住民登録
2.国民健康保険への加入


 
《国民年金について》

日本では、20歳を超えた成人は国民年金に加入しなければなりませんが、前年に日本での収入がない人は「保険料免除制度」の対象となり、支払いが免除されます。この条件に該当する学生は区・市役所の方の話を良く聞いて、適切に免除手続きを行って下さい。

《区・市役所一覧》

以下に東京大学の寮とご紹介した民間寮の最寄りの区・市役所を記載します。アパートやシェアハウスへの入居者は、自身の属する区・市役所について来日前に必ず確認して下さい。

 

 【白金台ロッジ】
名称 港区高輪地区総合支所
住所 港区高輪1-16-25
電話 03-5421-7626
受付時間 平日 午前8時30分 ~ 午後5時
交通機関 地下鉄南北線 『白金高輪駅』 1番出口 徒歩1分
 
 【駒場ロッジ本館&別館】
名称 目黒区役所
住所 目黒区上目黒2-19-5
電話 03-3715-1111
受付時間 平日 午前8時30分 ~ 午後5時
交通機関 東急東横線、地下鉄日比谷線 『中目黒駅』 徒歩5分
 
【三鷹国際学生宿舎】
名称 三鷹市役所
住所 三鷹市野崎1-1-1
電話 0422-45-1151
受付時間 平日 午前8時30分 ~ 午後5時
交通機関 寮から徒歩7分
 
【ルチルI&II】
名称 三鷹市役所三鷹台市政窓口
住所 三鷹市井の頭2-13-2
電話 0422-42-0511
受付時間 平日 午前8時30分~午後5時
交通機関 京王井の頭線 『三鷹台駅』 南口 徒歩3分


 

 

(2) 履修関係
《履修登録》

履修登録はセメスターが始まってから行います。詳細はUSTEPアカデミックオリエンテーションで説明しますが、以下の手順をよく読んで、登録に備えましょう。


STEP1.登録準備

(1)  履修可能科目
授業カタログのUSTEP Type U対象ページで科目を検索し、“My List”機能を活用して履修計画を立てましょう。授業カタログについては“授業カタログの操作方法”を参考にして下さい。なお、次年度の開講科目は前年度の3月15日に公開されます。(例:2019年度(2019年4月~2020年3月)の開講科目は2019年3月に公開されます。)

注意:
-工学部の授業科目は3月下旬に更新されます。
-学部によっては、Aセメスター開講科目は7月下旬に更新されます。  

(2)  語学要件
履修にあたっては、以下の語学要件を満たさなければなりません。*これらの要件は語学の授業には適用しません。

▸日本語で行われる授業
日本語ネイティブ(日本語で高校教育を受けた者)、JLPT N1 証明書を提出した者

▸英語で行われる授業
英語ネイティブ(英語で高校教育を受けた者)、英語で授業を行う大学の学生、TOEFL/IELTS/ケンブリッジ英検の必要要件を満たす証明書を提出した者

▸日本語/英語で行われる授業
上記の日本語と英語の語学要件を両方満たす者
 

(3)  履修要件
USTEP生は少なくとも週6コマ(10時間)以上授業に登録して下さい。
*1時限=105分
この要件を満たさない履修登録は認めません。

また、少なくとも1つ以上は語学以外の授業を履修しなくてはなりません。         *集中講義(Intensive Course)は上記の「週6コマ以上」にカウントされません。 *週6コマ以上の履修も可能です。(自己管理できる範囲で履修すること)


STEP2.履修登録

(1)  UTASに科目を登録
まず、UTokyoアカウントのパスワードを変更し、ECCSのオンライン講習を受講して下さい。パスワード変更の詳細はUSTEPオリエンテーションで配付する“UTokyo Account パスワード通知書”に、オンライン講習会の受講手順はこちらに記載しています。これで、履修登録の準備は完了です。履修登録は “オンライン履修登録~UTASの利用方法~”を参考に行って下さい。

(2)  登録期間
登録期間は4月又は9月の授業開始日から約2週間を予定しています。この期間中に学生は興味・関心のある授業に参加し、その中から実際に履修する科目を選択・登録していきます。詳細な日程についてはUSTEPアカデミックオリエンテーションでお知らせします。登録後の履修変更は認めておりませんので、必ず期日までに登録を行って下さい。
注意:
-教養学部が開講する科目(時間割コードが08ではじまるもの)は駒場キャンパスで行われ、他の学部が開講する多くの科目は本郷キャンパスで行われます。*ただし、例外もあります。必ずシラバスで講義が行われる教室を確認してください。本郷キャンパスと駒場キャンパス間の移動には約1時間かかります。
-シラバス上でS1S2またはA1A2と表示されている集中講義(Intensive Course)でも、実際の授業はS2タームやA2タームに行われるものがあります。これらの講義を履修するためには、科目履修期間(Sセメスターの場合は4月上旬、Aセメスターの場合は9月中旬から10月上旬まで)に履修登録を行わなければなりません。シラバス上でS1S2/A1A2と表示されている科目は、S2/A2タームの履修訂正期間に履修登録を行うことはできません。

(2) その他
法学部が開講する演習科目(Seminars)は、他の科目とは異なる履修登録期間で行います。法学部の演習科目を履修したい学生は指定された期間に法学部へ申込書を提出しなければなりません。3月(Sセメスター)または9月(Aセメスター)に国際交流課から送るメールをよく確認してください。

《日本語クラス》

各キャンパスにはそれぞれ以下の日本語クラスがあります。詳細はセメスターの開始前に送付します。

▸   駒場キャンパス 駒場Iキャンパスの日本語科目
登録手順:指定された日時に駒場キャンパスでプレイスメントテストを受ける。UTASで科目登録を行う。
*このテストを受けなければ駒場キャンパスの日本語クラスは履修できません。
 

▸   本郷キャンパス 工学系研究科日本語教室
登録手順:指定された期間内にSTAR systemに登録、同システム上でレベル分けテストを受け、科目登録を行う。単位が必要な場合はUTASでも登録を行う。

注意:本郷キャンパスには工学部とは別に日本語教育センターで開講される日本語クラスがあります。日本語教育センターで開講される日本語クラスは単位認定を行っていないため、履修登録要件の週6コマには含まれませんのでご注意下さい。

 
《アカデミックマナー》

USTEPプログラムの参加者は全員、USTEPアカデミックオリエンテーションでアカデミックマナーに関する講習を受け、その内容について誓約書に署名をします。万が一、剽窃が認められた場合には、その科目だけでなく履修する全ての科目が落第となり、その事実は母校へ通知されます。詳しい内容はオリエンテーションの説明をお聞き下さい。

 
《問い合わせ》

授業に関する質問は、以下のルールに従い、適切な担当者までお問い合わせ下さい。*問い合わせ先が分からない場合は、まず国際交流課までご連絡下さい。

履修登録、科目に関する一般的な問い合わせ → 国際交流課
各科目の授業や試験の内容に関する問い合わせ → 各教員

 
《教育プログラム》

Global Japan Studies Program (GJS)
プログラムに登録を希望する学生はUTASで修了証登録手続きを行う必要があります。登録方法はメールでお知らせします。

▸ Global Studies in Asia Program (GSA) 
プログラムに登録を希望する学生は必ずプログラムのオリエンテーションに出席して下さい。詳細はメールでお送りします。
 

 
(3) 証明書関係
《通学証明書》

授業を2科目以上履修し、かつ週2日以上そのキャンパスに通学している学生には通学証明書が発行されます。この証明書を定期券の購入時に学生証と一緒に提示すると、通学定期券として通常よりも安い運賃で定期券を購入することができます。定期券の利用区間は「自宅最寄駅」から「学校最寄駅」までの最も経済的な経路です。証明書は履修登録期間終了後の一定期間にのみ配付します。配付日時及び場所についてはUSTEPアカデミックオリエンテーションでお知らせします。
 
*履修登録の内容によっては定期券を購入しない方が良い場合もあります。通学にかかる費用を各自で計算し、よりよい選択をして下さい。
**本郷、駒場のキャンパスにそれぞれ週2日以上通学する学生で、2枚目の証明書が必要な場合は国際交流課にて別途申請が必要です。発行には1週間程度かかります。
 

《学割証》

片道100キロメートルを超える区間にJR各社で乗車する場合、学割証があれば普通乗車券を2割引で購入することが出来ます。(特急券は割引の対象外)学割証は国際交流課でのみ申請・受け取りが出来ます。*USTEP生は自動証明書発行機で学割証を発行出来ません。
受付時間:平日 午前9時~午後12時、午後1時~午後5時  

 

《在学証明書》

在学証明書は、在学期間中のみ自動証明書発行機で発行することが出来ます。
・自動証明書発行機の設置場所はこちら
自動証明書発行機の使用方法はこちら

 

《成績証明書》

成績証明書は、本プログラムの修了後、協定校宛てに2通送られます。1通は学生用、もう1通は協定校用です。なお、成績証明書は、Sセメスターで修了する学生には9月下旬、Aセメスターで修了する学生には4月下旬を目処に発送されます。離籍後、上記協定校宛てに送付されるものとは別に追加で成績証明書が必要な場合は、以下の手順に従って申請して下さい。

(1)  証明書交付願と身分証明書(パスポート)写しを
国際交流課メール添付で提出
申請書は必ず直筆で記入して下さい。電話・FAXでの依頼は受け付けません。郵送先は本人宛のみです。第三者及び第三者機関宛ての郵送は行いませんのでご注意下さい。

(2) 
国際交流課から申請内容について確認の返信が届いたら、各国郵便局で入手可能な国際返信切手券(International Reply Coupon)相当額と交付願原本を国際交流課宛てに郵送して下さい。

   〒113-8654
   東京都文京区本郷7-3-1
   東京大学 教育・学生支援部 
国際交流課 USTEP Type U

* 国際返信用切手1枚は日本の切手で130円分に相当します。参考までに、EMSで返送する場合、封筒の重さを含めた総重量が500グラムまでであれば各地域への発送料は以下の通りです。

   アジア 1,400円
   オセアニア・北米・中米・中近東 2,000円
   ヨーロッパ 2,200円
   南米・アフリカ 2,400円
 
(3)  証明書の受け取り
交付願原本と国際返信用切手を
国際交流課で受け取ってから証明書を発行するまでに2~3営業日を要します。また、送付先によっては発送から到着までに約1~2週間ほど必要な場合がありますので、スケジュールに余裕を持って申請して下さい。

 

(4) 学生生活について
《JASSO奨学金》

JASSO奨学金の受給者は、奨学金の受給月に日本に滞在していることを証明する必要があります。毎月指定された期間内に必ず国際交流課で在籍確認簿にサインをして下さい。各月のサイン期間及び奨学金の支払日についてはセメスターの始期にお知らせします。
受付時間:平日 午前9時~午後12時、午後1時~午後5時
 

《アルバイト・インターン》

アルバイト又は有給でインターンシップを行う場合、【事前】に「資格外活動許可」を取得する必要があります。「資格外活動許可」は空港で在留カードを受け取る際に申請するか、入国後に出入国在留管理局で申請することが出来ます。
なお、アルバイト等を行うに辺り、入管法に反するアルバイト先ではないことをよく確認してください。留学生は、風俗営業等に関する場所で働くことは禁じられています。

 
《危険行為に対する注意喚起》

日本は比較的安全な国と言われていますが、回避可能な事故に巻き込まれないよう各自が注意して行動しなければなりません。例えば、日本には地震・台風・津波・雪崩などの自然現象と、それに伴って起こる自然災害があります。このような時にはニュースやラジオから正しい情報を得て、不用意な行動は避け、自身の身の安全を守りましょう。また、登山や海水浴などを楽しむ時も安全には十分注意して危険な行為は慎んで下さい。バイク・自動車・自転車を利用する際には必ず保険に加入し、各自の責任で使用して下さい。
 

《一時帰国・海外渡航届》

海外旅行や母国に一時帰国する場合、「一時帰国・海外渡航届」を渡航の1週間前までに提出して下さい。また、帰国後は速やかにその旨を国際交流課までメールでお知らせ下さい。

(5) 帰国時の諸手続

帰国前に必ず以下の手続きを行って下さい。不備があった場合、成績証明書の発行が遅れる可能性があります。

 

・居住している市・区役所に国民健康保険証を返却
帰国日の2週間前から返却可能です。

・部屋をきれいにし、部屋の鍵や借りていた備品などを返却

・学生証を国際交流課(USTEP Office)へ返却

・在留カードを帰国時に空港の出国審査場で返却

【注意】みなさんの留学ビザは、東京大学の学生である限り有効であり、在籍期間を超えると無効となります。

(6) FAQ

Q1. USTEP TYPE U生の東京大学での所属部局はどこですか?

A1. グローバルキャンパス推進本部です。

 

Q2. 授業と試験の日程を教えて下さい。また、いつまでに来日する必要がありますか?

A2. 2018年度の各学部の授業及び試験日程はこちらをご覧下さい。新たにプログラムに参加する学生は、各セメスターの始期に行われるUSTEPアカデミックオリエンテーションに必ず参加して下さい。このオリエンテーションを欠席すると入学が取り消される場合があります。また、滞在先への入居及び区役所の手続きはオリエンテーション前に必ず行って下さい。来日時の詳細なケジュールについては、セメスターが始まる1~2ヶ月前にメールでお送りします。
 

Q3. 授業がどのキャンパスで行われるか確認する方法はありますか?

A3. 基本ルールは以下の通りです。
教養学部(コースコードが08で始まる科目)・・・駒場キャンパス
その他の学部 ・・・本郷キャンパス

 

Q4. 母校で必要な単位は全て取り終わっています。東京大学では単位を取らず、授業を聴講するだけでも構いませんか?

A4. いいえ、USTEP生は少なくとも週6コマ(10時間)以上授業に登録することが義務付けられています。また、聴講は原則として認めておりません。
 

Q5. 授業は毎年同じものが開講されますか?

A5. いいえ、年度によって異なる場合があります。履修計画を立てる際は、自分がプログラムに参加する年度の開講科目と開講時期を必ず確認しましょう。

 

Q6. USTEP生に受講が認められていない学部や大学院課程の科目を履修することは出来ますか?

A6. いいえ、USTEP生が受講できる科目はUSTEP Type U対象の授業カタログで検索可能な科目だけです。”学部後期課程版”及び“大学院版”の検索エンジンは使用しないで下さい。

 

Q7. 学生は希望した科目を全て履修することが出来ますか?

A7. 基本的には履修出来ますが、例外として以下の3つが挙げられます。

1.法学部演習
法学部の演習は、指定された期日までに希望の演習に関するエッセイを提出し、教員から許可を得た学生のみ受講することが出来ます。詳細は各セメスターが始まる前にメールでお知らせします。

2. 日本語クラス
日本語クラスはレベル分けテストの結果をもとにクラスが指定されます。

3. その他
定員を超えた登録があった場合、各クラスの教員の判断により履修が認められない場合があります。

 

Q8. ”インテンシブ”とはどういう意味ですか?

A8. 毎週決まった時間帯ではなく、各教員の指示する期間に行われる講義で、その形態は週末、決められた週や月、補講期間内等さまざまです。
 

Q9. 成績証明書はいつ、どのように受け取りますか?

A9. 成績証明書は、学生が本プログラムを修了した後、協定校宛てに2通送られます。1通は学生用、もう1通は協定校用です。なお、成績証明書発送の目安は以下の通りです。
 Sセメスターで修了する学生分  9月下旬
 Aセメスターで修了する学生分  4月下旬