日本語 English

セミナー・集中講座(柏)

Speaking/Writing集中講座

TOEFL、IELTS、Discussion、Presentation、Effective Writingなどの要素を含む、SpeakingとWritingをより多角的に学習するための短期集中講座です。

プレゼンテーション特別講座

新領域と柏キャンパスの学生を対象にした講座で、1対1で英語プレゼンテーションの指導が受けられます。

テクニカルライティングセミナー

英文ライティングスキルに特化したセミナーで、科学技術論文を英語で執筆する上で重要なポイントを短期間で学ぶことができます。

《参考》2018年度に実施したセミナー・集中講座
プレゼンテーション特別講座(8月)
新領域と柏キャンパスの学生を対象にした講座で、1対1で英語プレゼンテーションの指導が受けられます。
TOEFL対策Speaking/Writing集中講座(9月)
TOEFLテストにおけるSpeaking、Writingセッションに焦点を当てた短期集中講座で、特に留学や海外大学進学を目指す学生におすすめです。

Speaking/Writing集中講座
クリックで拡大

特に日本人が苦手とするSpeaking/Writingに焦点を絞った短期集中講座です。Speakingは、ペアワークやグループワークを活用し、英語で考えて、英語で話す機会が多くあります。 Writingについては添削を行いますので、独学での学習が難しいと考えている方にお勧めの講座です。SpeakingあるいはWritingのいずれか一方だけの受講も可能です。

本講座の特徴

・レベル別2クラス開講予定!より自分のレベルに合ったクラスを受講できる!
・ベテランのネイティブ講師と日本人講師が親切に指導!
・Writingは書いたエッセイを添削してもらえる!
・Speakingのみ、Writingのみの受講も可能!
・自宅で学習可能なEラーニングプログラムや書籍付き!
デモレッスンを受けて、実際の講座の雰囲気を体感できる!

講座内容

【講座日程】
2019年2月14日、21日、28日、3月7日 (木曜日・4日間)

●Speakingセッション
時間帯:10:00-12:00
クラス:初級クラス・上級クラス
内 容:対話形式に慣れるようにペアワークを多く活用し、限られた時間内に話せるように訓練します。また、相手にわかりやすく情報伝達するための表現方法や言い回しを指導し、論理的かつ説得力のあるプレゼンテーションや議論ができるように実践演習をしながら学びます。
(トピック例:What are your best qualities? / Studying ethics in philosophy or business class)

●Writingセッション
時間帯:13:00-15:00
クラス:初級クラス・上級クラス
内 容:ライティングでよくみられる間違い探しを行いながら、正確に書く訓練を行います。また、ブレインストーミングを取り入れて、書くまでの材料集めなどの準備を徹底するとともに、与えられた時間内に書き上げる演習を行います。
(トピック例:Choosing a place to live / The American Healthcare system)

※各クラスで実施するトピックは、受講者のレベルに合わせて講師が準備いたします。
※レベルチェックテスト等は行いません。すでにTOEFL55点以上お持ちの方には上級クラスがお勧めですが、レベルに厳密な決まりはありませんので、希望するクラスにお申し込みください。
※受講途中でクラスを変更することも可能です。

【講師】
Geoff Tozer(Speaking・Writingの上級クラス担当)
イギリス、マンチャスター出身。東大では本郷キャンパス、柏キャンパスで長年講座を担当。その他、筑波大学、東北大学、早稲田大学等でも講座を担当。明るく、ユーモアのある授業で学生からの人気は高い。

伊藤 由希(Speaking・Writingの初級クラス担当)
コロンビア大学院卒。本郷キャンパスでも講座を担当。その他早稲田大学、首都大学東京等でも講座を担当。柏キャンパスでもTAとして複数年担当。丁寧な教え方で評判。

【定員】各クラス5~20人
※5人以下のクラスは開講されない場合があります

【会場】
初級クラス:柏図書館セミナー室2
上級クラス:柏図書館コンファレンスルーム

【単位】なし

【受講料】 特別価格!
◎Speakingのみ受講(計8時間):4,000円
◎Writingのみ受講 (計8時間):4,000円
◎Speaking・Writingの両方受講(計16時間):7,000円

※教材費も受講料に含まれます。
※受講料は講座の初日に現金でお支払いください。
※申込締切後のキャンセルは、キャンセル料がかかる場合がございます。

参加者の声

●他の予定の都合上Speakingだけの参加でしたが、大変有意義な時間となりました。前よりも自信を持って英語を話せるようになりました。教えていただいたspeakingの練習法は今後も続けます。
●Writingの添削をしていただけた点がとても良かった。少人数だからこそ可能な講義スタイル(白板に英作文を書いて添削してもらうなど)がとてもよかった。
●ペアワークやグループワークが多く取り入れられていたのがとても良かったと思う。自分の意思を相手に伝わるように分かりやすく簡潔に表現することに意識して取り組めたいい機会だった。

申込方法
application form

【申込期間】1月15日(火)10:00~2月5日(火)17:00 2月12日(月)9:00

デモレッスン・説明会

講座のデモレッスンと説明会を開催いたします。実際に講座を担当する先生がデモレッスンを英語で行いますので、受講を検討している方はぜひご参加ください。

【日時】2019年1月29日(火)12:00-13:10
【場所】柏図書館
    各クラスの詳細な時間・会場については、下の表をご確認ください。
【内容】デモレッスン、講座の概要説明、質疑応答など
    (途中入退室可)
【参加費】無料
【申込方法】オンライン申込フォームからお申し込みください。
    (会場に余裕があれば、当日参加も受け付けます)

柏図書館
セミナー室2
12:00-12:30  Speakingのデモレッスン(初級)
12:30-13:00  Writingのデモレッスン(初級)
13:00-13:10  クラスの概要説明(初級)
柏図書館
コンファレンスルーム
12:00-12:30  Speakingのデモレッスン(上級)
12:30-13:00  Writingのデモレッスン(上級)
13:00-13:10  クラスの概要説明(上級)

トップへ戻る

プレゼンテーション特別講座
クリックで拡大

科学技術英語(A1/A2ターム)はテクニカルライティングスキルに重点を置いて実施しておりますが、プレゼンテーションスキルに特化した講座の需要がキャンパス内で非常に高くなっています。そのため、国際化教育支援室柏支部では、2~3月にプレゼンテーション特別講座を実施します。この講座は新領域創成科学研究科と柏キャンパスの学生を対象にしており、ポール コンサルヴィ特任教授とジョン フリーマン特任教授から1対1で英語プレゼンテーションの指導が受けられるものです。

この講座では、10~15分程度の英語のプレゼンテーションにおける自分の弱点を見つけ、改善するためのポイントを学びます。また、発表スキルを習得し、より良い発表ができるようになります。

★発表者は申込先着順で決定します。発表を希望する方は、下の日程表から希望する日時を3つ選んで申し込んでください。発表は1人1回のみです。発表する日時は2月8日までにメールでお知らせします。発表希望者が多い場合は、希望日時に発表できない可能性もございますので、予めご了承ください。

★この講座では、発表や指導の様子を公開で行います。もし見学者がいない状態で先生から1対1での発表指導を受けたい場合は、英語相談オフィスアワーにお申し込みください。

★席に余裕があれば、どなたでも発表や指導の様子を見ることができます。見学のみ希望する方にも、事前にプレゼンテーションのタイトルと発表者の専攻名をお知らせしますので、事前登録をお願いいたします。見学希望者が会場の許容人数を超えた場合は、見学できない可能性もございますので、予めご了承ください。

各セッションの事前準備(発表者)

各セッションに発表者としてお申込みされた方は、PowerPointのスライドを下の【各セッションの日時】にあるスライド提出期限までにKIOに提出していただきます。(送付先は発表日時確定メールでお知らせします)これまで使用したことのあるスライドで結構ですので、この講座のために新しいプレゼンテーションを準備する必要はありません。講師がスライドを確認し、コメントをつけて返却しますので、発表当日までにコメントをもとにスライドを直してきてください。発表の原稿は事前送付する必要はありません。

各セッションの流れ

各セッションは、発表者の発表から始まります。発表の後、講師が発表の講評を行い、ウィークポイントとその改善方法を教えます。その後、発表者はもう一度発表を行います。
会場では、WindowsのPCとプロジェクターを利用可能です。Apple製品の使用が必要でなければ、スライド資料をUSBに入れて持参してください。自分のパソコンを使って発表をすることも可能ですが、その場合の機器のトラブルは発表者自身で対応してください。

講座内容
各セッションの日時 スライド提出期限
Session 1  2月19日(火)10:30-11:45 2月15日(金)正午
Session 2  2月20日(水)10:30-11:45 2月15日(金)正午
Session 3  2月26日(火)10:30-11:45 2月22日(金)正午
Session 4  2月27日(水)10:30-11:45 2月22日(金)正午
Session 5  3月 5日(火)10:30-11:45 3月 1日(金)正午
Session 6  3月 6日(水)10:30-11:45 3月 1日(金)正午
Session 7  3月12日(火)10:30-11:45 3月 8日(金)正午
Session 8  3月13日(水)10:30-11:45 3月 8日(金)正午

【場所】柏図書館
【講師】ポール コンサルヴィ特任教授、ジョン フリーマン特任教授
【受講料】無料
【単位】なし

申込方法

発表または見学を希望する方は、以下のオンラインフォームよりお申し込みください。

application form

【申込期間】1月18日(金)10:00~2月5日(火)17:00

トップへ戻る

テクニカルライティングセミナー
クリックで拡大

テクニカルライティングセミナーは、英文ライテイングスキルに特化したセミナーです。科学技術英語論文を書く上で重要なポイントを学ぶことを目的としています。

本セミナーの特徴

・講座はすべて英語で実施!
・受講するセッションを選べる!
・受講料無料!

講座内容

【日時】2019年3月14日(木)・15日(金)10:00-15:00
各セッションの詳細な時間については、下の表をご確認ください。
【場所】柏図書館メディアホール
【講師】David Kipler(カクタス社 学術出版トレーナー・コンサルタント)
【受講料】無料
【単位】なし

3月14日(木)
10:00-11:00
セッション1: 文法と用法 (1時間)

文法的間違いは、研究の理解を妨げ、悪印象を与えます。さらに、サイエンスライティングには専門分野やジャーナルごとに、様々な用法上の慣習があります。インパクトの大きいジャーナルでの発表をめざすサイエンスライターは、その分野での基本的な方法上の慣習を意識する必要があります。このセッションでは、サイエンスライティングに重要な文法と用法の諸要素を取り扱います。
3月14日(木)
11:00-12:00
セッション2: サイエンス/テクニカルライティングの文章構造 (1時間)

適切な文章構造の選択がどれだけサイエンス/テクニカルライティングのクオリティを高めるかを示すことを目的とします。カバーされるトピックとして、効果的な文章の作り方、重要な情報の強調の仕方、より明瞭にする方法も含みます。
※このセッションはセッション1の続編ですので、セッション1と一緒に受講されることをお勧めします。
3月14日(木)
13:00-14:00
セッション3: 句読点 (1時間)

正確に句読点をつけることの重要性は、読者及び著者にしばしば過小評価されています。しかしながら、明瞭なライティングには一貫性があり、賢明な句読点のつけ方が求められます。このセッションでは、句読点の原則と、よくある句読点の間違いを見直します。
3月14日(木)
14:00-15:00
セッション4: 添削セミナー (1時間)

添削セミナーでは、希望者※が事前に提出した原稿を講師があらかじめ確認し、その原稿をもとに、全受講者に役立つ重要なポイントをピックアップしてセミナーの中でコメントします。執筆上のよくある誤りを見つけ、修正する方法を示すことを目的としており、原稿を提出していない方にも有益となる情報を提供いたします。

※セッション4の添削セミナーについて

●原稿の提供を希望する方は、以下のアドレスにメールでお知らせください。
・送付先:国際化教育支援室柏支部 kio.adm[at]gs.mail.u-tokyo.ac.jp
・希望締切:2月27日(水)12:00
ただし、原稿提供者(最大3名)は先着順で決定いたしますので、期限前に締め切られる場合があります。
・原稿提出締切:2月27日(水)17:00
原稿の提出方法等については、原稿提供者にメールでご連絡いたします。
●セミナーで紹介する際、原稿を提出した個人が特定されないように配慮されます。
●このセッションは、講師が提出された原稿の全てに目を通し、その一部をセミナー内で紹介するものです。文章の全てを添削して返却するサービスではありません。
 ジャーナル等のための英文添削をご希望の方は、英語論文執筆支援サービスをご利用ください。

3月15日(金)
10:00-11:00
セッション5: 研究論文の執筆と修正:イントロダクション (1時間)

このセッションでは、よいサイエンス/テクニカルライティングの3つの原則(Clarity, Accuracy, Conciseness)を、研究論文のイントロダクションの執筆、修正に適用する方法を扱います。講師は、効果的なイントロダクションの構成要素と、読者の興味を引く方法を説明します。
3月15日(金)
11:00-12:00
セッション6: 図表 (1時間)

研究を計画し、発見を提示する場合、研究者は発表済みの記録に依存します。過去の業績は明記する必要がありますが、ほとんどの場合、著作権の制限に適合するよう、以前に発表された文章は言い換えられなければなりません。講師は、発表された研究論文から、典型的文章の正確で読みやすい言い換えの例をいくつかご紹介します。その後、参加者は、選択されたいくつかの節の言い換えを行います。
3月15日(金)
13:00-15:00
セッション7: 効果的な言い換え (2時間)

サイエンスライティングにおいては、複雑な情報をビジュアルとして効果的に見せることが必要です。表が膨大な情報を提示するのに適したフォーマットであるのに対し、図は読者がデータの複雑な関係を把握するのを助けます。要領の悪さや不必要な図表はコミュニケーションを容易にするどころか、逆に妨げます。この講義では、科学出版での情報のビジュアル的提示における原理、習慣、よくある誤りを見直します。


申込方法
application form

【申込期間】2月7日(木)10:00~2月28日(木)17:00

トップへ戻る