【令和3年10月22日更新】ベビーシッター割引券についてのお知らせとご質問について

お知らせ

<特例措置の対象について>
令和3年10月18日より特例措置の対象が変わります。
保育所等からの登園自粛要請時の特例措置利用については廃止となります。
詳細につきましては、下記通知をご確認ください。
『新型コロナウイルス感染症対策のための小学校等の臨時休業等に関連したベビーシッター派遣事業の特例措置における「臨時休業等」の取り扱いについて』

<2021年10月22日更新>
11月分の申請を開始しました。


<割引券の電子化について>
べビーシッター割引券が電子化されました。
電子割引券は8月5日利用分より、ご使用いただけます。
なお、紙の割引券は8月5日利用分以降も、令和4年3月31日までご使用になれます。お手元に紙の割引券が残っている方は、そちらを使い切っていただいた後に、電子割引券を使い始めてください。

申し訳ございませんがベビーシッター割引券利用希望の方は、問い合わせ前にこちらのページで最新の情報をご確認いただくようお願いいたします。

よくあるご質問

Q1.電子割引券の利用開始はいつからですか?

A1. 電子割引券は8月5日利用分より、ご利用いいただけます。
※紙の割引券の有効期限は令和4年3月31日です。8月5日以降もお使いいただけますので、お手元に未使用の紙の割引券がある方は、紙の割引券を使い切ってから、次の割引券をお申込みください。
 

Q2.8月1日~4日利用分についてはどのようになりますか?

A2. 8月1日~4日利用分については紙の割引券のみの利用できます。電子割引券は使えません。この期間にベビーシッターを利用した方には紙の割引券をお渡しいたします。

 

Q3.手元に残っている紙の割引券はどうしたらいいですか?

A3. 紙の割引券の有効期限は令和4年3月31日です。8月5日以降もお使いいただけますので、紙の割引券を使い切ってから、次の割引券をお申込みください。
 

Q4.電子割引券の操作マニュアルはありますか?

A4. 電子割引券の使い方については操作マニュアルをご確認ください。
※電子割引券のご利用はスマートフォン(Android5.0 以降 11 以下 iOS12 以降 14 以下)のみとなります。
 

Q5.産休・育休中は利用できますか?

A5. 割引券の目的が、就労支援ということになっておりますので、産前産後休暇・育児休業時は、休暇とみなされるため、原則ご利用いただけません。ただし、義務教育就学前の児童を養育中で産前産後の休業時や育児休業、介護休業等の期間に、職場への復帰のためにベビーシッター派遣サービスを利用する場合には、1家庭1日(回)につき1枚とし、年度内4枚まで割引券を使用できます。
(例:育児休業中に職場へ行く必要がある場合など)
 

Q6.第2子の出産の際は利用できますか?

A6. 他の治療を伴わない、通常の出産(普通分娩、帝王切開含む)については、こちらの割引券はご利用いただけません。A2にも記載したように、ベビーシッター割引券の目的が、就労支援ということになっておりますので、就労者でも、産休・育休時は、休暇とみなされるため、原則ご利用いただけません。
 

Q7.東京大学に勤務している、東京大学の学生の場合は在職証明書・在学証明書の提出は必要ですか?

A7. いずれの場合でも、ご提出をお願いしております。
 

Q8.病気療養中の場合は、病気療養中であることを証明する書類の提出は必要ですか?

A8. 診断書の写し等のご提出をお願いしております。詳細につきましては、お問い合わせください。
 

Q9.令和3年度の利用登録はいつから始まりますか?

A9. 令和3年度の割引券の取扱いの詳細につきましては、内閣府の通知を受けて決まります。その後、概要および利用登録等については以下のページにてお知らせする予定です。

令和3年度べビーシッター利用育児支援について
 

Q10.ベビーシッター券が大学に届いた後、利用者の手元に届くまでどのくらいかかりますか?

A10. ベビーシッター券が大学に到着した後、公印の印刷などの手続きが必要となるため、利用者のみなさまのお手元に届くまでさらに2週間以上お時間を頂く場合がございます。準備が整い次第発送し、発送状況についても適宜こちらのページにてご案内いたします。