女性研究者研究スキルアップ支援[1]学会発表[2]英文校閲・論文投稿

研究成果を積極的に対外に発表する女性研究者向けの経費支援研究者

対象者

[1]学会発表
本学に所属する常勤の女性研究者(教授を除く)(※1)であって、研究成果発表を行うため、学会等へ参加する(した)者。
※1 常勤の女性研究者:(特任)准教授、(特任)講師、(特任)助教、特任研究員
・特任は特定有期雇用教職員を対象とし、特定短時間勤務有期雇用教職員を含まない 。
・特定有期雇用教職員の場合は、雇用財源や雇用条件等に照らして本支援を受けることが問題ないことを事前に確認の上申請すること。

※応募者多数の場合は、若手研究者を優先します。
※応募者多数の場合は、過去に本制度(旧名称:女性教員研究スキルアップ経費支援)の支援を受けたことがない方を優先します。


[2]英文校閲・論文投稿
本学に所属する常勤の女性研究者(教授を除く)(※1)であって、国際学術雑誌に論文を発表するための英文校閲、執筆英文書籍の英文校閲または、国際学術雑誌への論文投稿をする(した)者。
※1 常勤の女性研究者:(特任)准教授、(特任)講師、(特任)助教、特任研究員
・特任は特定有期雇用教職員を対象とし、特定短時間勤務有期雇用教職員を含まない。
・特定有期雇用教職員の場合は、雇用財源や雇用条件等に照らして本支援を受けることが問題ないことを事前に確認の上申請すること。

※応募者多数の場合は、若手研究者を優先します。
※応募者多数の場合は、過去に本制度(旧名称:女性教員研究スキルアップ経費支援(国際学術雑誌投稿論文の英文校閲費等支援))の支援を受けたことがない方を優先します。

支援内容

[1]学会発表
研究成果発表を行うための学会等への参加費用及び旅費

[2]英文校閲・論文投稿
申請者が主たる執筆者として、国際学術雑誌に論文発表するための英文校閲費用、執筆する英文書籍の英文校閲費用、国際学術雑誌へ論文を投稿する費用

※国際学術雑誌は、Web of Scienceに収録されているものに限ります。
※申請者本人が主たる執筆者として執筆した論文・書籍に限ります。
 

支援金額

[1]学会発表
学会参加費用及び東京大学旅費規程による旅費の全額又は一部
外国開催 原則1件あたり40万円以内
国内開催 原則1件あたり15万円以内
オンライン開催 原則1件あたり15万円以内
※応募は、一人につき1件までとします。

[2]英文校閲・論文投稿
原則1件あたり10万円以内
※応募は、一人につき1件までとします。
 

今年度の募集期間

[1]学会発表
2021年6月8日(火)~2021年7月23日(金)

【参考】過去の募集期間
2017年度:2017年9月8日(金)~2017年10月5日(木)
2018年度:2018年6月29日(金)~2018年7月31日(火)
2019年度:2019年7月5日(金)~2019年7月31日(水)
2020年度:2020年7月7日(火)~2020年7月31日(金)

[2]英文校閲・論文投稿
2021年6月8日(火)~2021年7月23日(金)

【参考】過去の募集期間
2020年10月2日(金)~2020年10月23日(金)

採択実績

[1]学会発表
2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
37件 41件 44件 3件

[2]英文校閲・論文投稿
2020年度
19件

参考情報

ウェブサイト『UTokyo Writing Resources』

東京大学の学生・研究者に向けて、英語での科学論文の執筆・投稿に関する情報を集約してお届けするウェブサイトです。英語論文執筆・投稿を学ぶための情報や、学内の支援・セミナー情報などを掲載していますので、以下のURLよりぜひご覧ください。
(管理:東京大学リサーチ・アドミニストレーター推進室及び研究推進部学術振興企画課)

https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/writingresources/ja/index.html
※当面学内者限りのため、アクセスにはID・パスワードが必要です。
※ID・パスワードは、以下のUTokyo Portal(学内者のみアクセス可)に掲載されています。
 UTokyo Portal通知URL:https://bit.ly/3csoYEF