ハウジングオフィス トップページ > 住居情報 > 留学生及び外国人研究者用住居情報 > 宿舎・宿泊施設 > 目白台インターナショナルビレッジ

住居情報

                                     2019年11月7日更新

目白台インターナショナルビレッジ

(2019年9月開寮)


目白台インターナショナルビレッジは、東京大学において研究・教育に従事する日本人学生、留学生及び外国人研究者のための宿泊施設です。

 【受験生の方へ】令和2年(2020)年度 目白台インターナショナル・ビレッジ 入居者募集案内

目白台インターナショナルビレッジの魅力

2019/7/7 更新】目白台インターナショナルビレッジ居室等の写真

→ページの最初へ戻る

入居対象

東京大学に在籍・在職している日本人学生、留学生、外国人研究者

原則、6ヶ月以上から本学での在籍期間にわたり入居可能

宿舎の特徴

多彩な人々との共同生活により、コミュニケーション力を培い、国際的な視野を広げていく拠点となる事を目指しております。

東京都文京区目白台三丁目28番6号
東京大学目白台インターナショナルビレッジ

【地図(目白台インターナショナルビレッジ)】

→ページの最初へ戻る

居室

      1.シェア型住戸:704室
      2.独立型住戸:151室
      3.  バリアフリー対応:1室

 

→ページの最初へ戻る

費用  

居室タイプ別の料金表はこちら
居室タイプ別の初月請求金額はこちら

→ページの最初へ戻る

入居申請方法


OSTAによる入居申請を希望する方は、ログイン用パスワードが必要です。
パスワードが分からない方は

  • あなたの所属予定の学部・研究科・研究所(事務担当者)
     あるいは


OSTA利用にあたっての注意事項

申請から結果通知のスケジュール

申請締切日・・・毎月25日(JST 24:00)
選考結果通知・・・翌月15日頃
当選者入居日・・・翌々月1日以降※原則、入居希望月の6ケ月前から申請が可能です。
         また、2020年4月から本学への在籍が決まっている方も申請できます。

申請資格
  ・本学に在籍中または在籍が決まっている外国人研究者、留学生
  ・海外の大学等との学生交流協定に従い本学が受け入れる予定の学生

募集居室数(2019/11/募集分時点)
<シェア型住戸>
A・Bタイプ:約374室
C・D・R・Sタイプ:--室 (*現在募集停止中)

<独立型住戸(単身用)>
Eタイプ:1室
Tタイプ:0室
Fタイプ:2室
Lタイプ:4室
<夫婦用住戸(単身利用可)>
Gタイプ:2室
H・Jタイプ:32室
Kタイプ:1室
M・Nタイプ:0室

選考の基準について
 目白台インターナショナルビレッジは原則、優先順位を設けておりません。希望する居室に対し、
 申請者数が上回った場合は抽選となります。

身体にハンディキャップがある等、特殊な事情が有る場合
 身体上など特別な配慮をご希望の方は担当部局(各専攻事務担当)及びハウジングオフイスまで
 お早めにご相談下さい。

                                      →ページの最初へ戻る

よくある質問


1.施設内覧について
 
毎月・第3土曜日13時~と15時の2回内覧会をおこなっております。
ご希望される場合はハウジングオフイス宛Eメールにてお問い合わせ下さい。

  
2.申請に関すること

Q:今回の2次募集が終わった後は、随時募集されますか?
A:目白台インターナショナルビレッジ(以下、目白台ビレッジ)については、空きがあれば今後も随時募集を行います。空室情報は、ハウジングオフィスHPにアップしていく予定です。

Q:インターナショナル・ロッジ(以下、ロッジ)に居住履歴があっても、目白台ビレッジには申請できますか?
A:ロッジ居住履歴があっても、目白台ビレッジに申請は可能です。ロッジでの滞在許可期間が終了した方が目白台ビレッジに「住み替え」ていただくことも可能です。

Q:選考になった場合、既存ロッジと同様に新規渡日の学生が優先になりますか?
A:原則として、目白台ビレッジに関しては選考がありません。募集人数に対して申請者が上回った場合は、抽選とする予定です。

Q:国費留学生は今まで駒場ロッジ本館と柏ロッジのみ優先配置の対象でした。今後は目白台ビレッジも選べますか?
A:目白台ビレッジも申請いただけますが、優先配置の対象とはなりません。

Q:外国人研究者の枠で、海外の大学に所属し本学に招聘された日本人研究者でも目白台ビレッジに申請できますか?
A:既存のロッジと同様に目白台ビレッジも申請いただけます。

Q:外国人研究者で、この10月より来日する方がいますが、9月から入居可能ですか?
A:研究者の受入期間(在籍期間)が10月からであれば、入居許可も10月からとなりますので、それより前の入居はできません。
 

 

3.建物仕様に関すること

Q:目白台ビレッジに家族室はありますか?
A:目白台ビレッジは、単身用と夫婦用のみで家族用の居室はありません。夫婦用居室については、既存ロッジと同様、同室内に6歳未満の未就学児1名までは滞在可能です。

Q:家族や親戚が来日した際に泊まれるような「ゲストルーム」はありますか?
A:ゲストルームはありません。居住者以外の宿泊は、規則上禁止となります。

 

4.目白台の運用ルールに関すること

Q:宿舎料の支払い方法について教えてください。(2019年7月10日更新)
A:目白台ビレッジの宿舎料は、前納とする予定です。入居許可証をお送りした後に、運営委託業者より
請求書とともにお支払いの案内を送らせていただきます。初月分については、入居後にお支払い
いただきます。

Q:施設使用料等(家賃にあたる料金等)は日割り計算されますか?
A:目白台インターナショナルビレッジの施設使用料等は全て月初からの月額料金として請求されます。
例えと致しまして、9/15にご入居された場合であっても9/1からの月額料金をお支払い頂きます。

Q:休学者の取り扱いはどうなりますか?
A:原則として、目白台ビレッジからは退去いただくことになります。

Q:留学した学生の取り扱いはどうなりますか?
A:長期留学の場合は、退去の場合もあり得ますが、ケースバイケースで判断します。

Q:留年した学生の取り扱いはどうなりますか?
A:留年理由によっては退去の場合もあり得ますが、ケースバイケースで判断します。

Q:LGBT対応をしていますか?
A:基本は本人からの申告を受けてからです。その場合は、独立タイプを案内することで対応する予定です。

Q:宿舎料等を公費払いで支払うことは可能ですか?
A:可能です。

Q:居住者が一時帰省などを理由に部屋を空けても、宿舎滞在資格は継続しますか?
A:所定の諸費用の支払いを条件に、原則として退去とはしない予定です。
 

→ページの最初へ戻る