東京大学教員の著作を著者自らが語る広場

白い表紙に赤いライン

書籍名

宗教の世界史 6 道教の歴史

著者名

横手 裕

判型など

360ページ

言語

日本語

発行年月日

2015年3月

ISBN コード

978-4-634-43136-2

出版社

山川出版社

出版社URL

書籍紹介ページ

学内図書館貸出状況(OPAC)

道教の歴史

英語版ページ指定

英語ページを見る

今日、道教は「後漢の五斗米道あるいは太平道より始まる中国の伝統宗教」と説明されることが多い。しかし、近代以前の中国の人々によって記された様々な文献を読むと、「道教」と呼ばれるものの範囲はこれと少し異なっている。本書は冒頭の序章でこの事実を指摘しつつ、何故このような違いが生じたのか原因を考える。
 
古代中国に現れた多様な思想家たちはいわゆる諸子百家に分類され、そのうち老子や荘子などが「道家」とされた。今日「道家」というと、これと同様にやはり老荘を指すのが一般的だが、中国史の実態はそうではない。「道家」はその後、神仙説そして五斗米道や太平道なども巻き込みつつ範囲を拡大してゆく。そして六朝時代後半に儒仏を「儒教」「仏教」と呼称するのが一般化するのと連動して、この拡大した「道家」が「道教」とも呼ばれるようになってゆく。孔子由来の儒教、釈迦由来の仏教、そして老子由来の道教というこの「三教」を、中国の三大教学体系と認識するのが、前近代の中国で基本となる思考様式であった。
 
その後、明治の日本で輸入した西洋の諸概念のうちreligionに対応させて「宗教」という言葉と概念が創出され、これが「哲学philosophy」とともに中国の伝統文化理解にも適用されて、「道家」は老荘の哲学、「道教」は宗教という振り分けが行われた。その結果、「道教」は宗教的教団組織をもつ後漢の五斗米道もしくは太平道から始まるとされた。このような認識は20世紀以降、日本から波及して中国をはじめ世界にもかなり広まることになる。
 
しかし、そのような「道教」は必ずしも19世紀以前の歴史を生きた中国人の考え方、およびその考え方に基づいて生じた様々な言説や出来事に正確に即応してはおらず、中国の歴史現象を正しく説明することは出来ない。近代以降の「道教」解説の多くはこの問題をはらんでいる。本書はその解決のために、伝統的中国人が本来考えていた「道教」の範囲と内容を基本として「道教の歴史」を叙述した。むろん今日一般的に「宗教」と規定して説明される「道教」についても留意したが、それ以前の千数百年のあいだ中国の歴史とともに歩んだ当事者の「道教」をより重視する。
 
「儒教」もしばしば宗教か否かが議論される対象であるが、そもそも「儒教」や「道教」と呼ばれた長い歴史と複雑な内包のある中国の伝統文化に、「宗教」という西洋で形成された概念に基づく単純な把握がどの程度有効なのか。まずはこの点からはじまる大きな諸問題を読者に一緒に考えてもらいたいというのが、本書の根底にある密かな意図である。
 
第一章以下の具体的な「道教の歴史」の叙述は、30年以上にわたって文献研究と実地調査の双方で道教に向き合ってきた著者の知見を最大限に注ぎ込みつつ、学界の最新の成果も取り入れ、できる限り整理に工夫を加えてまとめた。初学者にもわかりやすいように写真の選択や図版の作成にも相当な労力を注いだほか、歴史上次々と現れる道教各派の思想教説がどのような内容か簡潔に理解できるように特に配慮した。
 

(紹介文執筆者: 人文社会系研究科・文学部 教授 横手 裕 / 2017)

本の目次

序章  中国の歴史と道教
第一章  道教の起源 先秦~後漢
第二章  信仰と諸経典の形成 後漢~六朝末
第三章  統合と成熟 六朝末~五代
第四章  変容と新たな歩み 宋遼金元
第五章  伝統の継承と多様化 明~清
第六章  近代化の混乱と再出発 中華民国~現在