ARTICLES

印刷

東京メトロ女子駅伝部(愛称:マーキュリー)との共同研究開始について

掲載日:2020年2月28日

 東京大学と東京メトロは、東京メトロ女子駅伝部(愛称:東京メトロマーキュリー)創部及び、「陸上長距離種目における女性アスリートのコンディショニングに関する共同研究」開始について2月19日、東京ガーデンテラス紀尾井カンファレンスにて記者会見を実施しました。
 藤井輝夫理事・副学長から「東京大学の未来社会協創(Future Society Initiative)」と題して挨拶を行い、今回の共同研究プロジェクトの代表である八田秀雄教授から乳酸測定を中心にした選手の能力・状態評価、女性アスリート外来と共同した障害予防及びコンディショニング、高地や低酸素トレーニング、バイオメカニクス等競技力向上に関するトレーニングメソッドの検討を行うこと、また、東京大学陸上競技場(教養学部第1グラウンド(目黒区駒場))を主な活動拠点とし、共同研究を進めることについて説明がありました。


     藤井輝夫理事・副学長


     八田秀雄教授

 



 東京メトロ女子駅伝部は、今年度はトラック競技を中心に国内外で活動し来年度のプリンセス駅伝参戦、さらには数年以内のクイーンズ駅伝優勝を目指しており、科学的側面からもチームの強化を図っていく方針です。


 

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる