EVENTS

印刷

公開シンポジウム 「豊かな人生を紡ぐ保育~Society5.0 保育から社会を変える~」

掲載日:2018年7月20日

イベント基本情報

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 大学生
開催日 2018年8月5日 10時30分 — 17時
開催場所 本郷地区
会場 安田講堂
定員 1000名
参加費 無料
申込方法 要事前申込
発達保育実践政策学センターのウェブサイトよりお申し込みください。
イベント詳細・申し込みはこちら
http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/event/15461/
お問い合わせ先 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター
cedep [at] p.u-tokyo.ac.jp (※[at]を@に置き換えて送信してください)
***************************
発達保育実践政策学センター(Cedep) 2018年度公開シンポジウム
「豊かな人生を紡ぐ保育~Society5.0 保育から社会を変える~」
***************************
 
 全米幼児教育研究センター所長のスティーブン・バーネット教授、OECD教育スキル局シニア政策アナリストの田熊美保氏より、近年の保育の国際的動向について基調講演をいただきます。
 その後、保育を中核としたソーシャル・イノベーションをめざす本センターの取り組みを紹介し、保育そのものの質向上のみならず、保育から社会を変えていく試みを拓くための議論を展開します。
 
【日時】 2018年8月5日10:30-17:00 (開場10:00~)
 
【会場】 東京大学安田講堂
 
【主催】 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター
 
【プログラム】
《午前の部(10:30~13:00):基調講演》
「保育の国際動向から学ぶ」
 
(講演1)
『すべての子どもたちに幼児教育を保障する』
“Fulfilling the promise of preschool for all“ ※通訳あり
 W.Steven Barnett 
    (ラトガース大学教授/全米幼児教育研究センター (NIEER )所長)
 
(講演2)
21世紀カリキュラムとプロセスの質を考える』
 田熊美保(OECD教育スキル局シニア政策アナリスト)
 
(指定討論)
小松親次郎(文部科学審議官)
村上祐介(Cedep)
 
《午後の部①(14:15~15:10)》
「保育から社会を変える」
 
□ 「自治体と大学の協創による保育を核としたまちづくり構想」 
    長谷部健(渋谷区長)・秋田喜代美(Cedepセンター長)
□ 保育におけるSociety5.0
□ IoT・AI技術の保育への応用可能性
 
《午後の部②(15:30~17:00)》
「保育実践と先端知・先端アプローチをつなぐ」
 
□ 保育における専門性開発及び食・睡眠の実践の実態
□ 保育者の実践知の「パターン・ランゲージ」開発
□ 赤ちゃんの発達科学
□ 討論/無藤隆(白梅学園大学子ども学部特任教授)
□ まとめと閉会挨拶/小玉重夫(大学院教育学研究科長)
 
※「関連SEED研究ポスター発表」を同時開催いたします。



 
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる