EVENTS

印刷

社研サマーセミナー 2019 「社会の中のルールと会社 」開催のお知らせ

掲載日:2019年5月30日

イベント基本情報

区分 研究会等
対象者 社会人・一般 / 企業
開催日 2019年8月8日 10時30分 — 17時
開催場所 本郷地区
会場 東京大学社会科学研究所 センター会議室
本郷キャンパス    赤門総合研究棟5階
定員 40名
参加費 無料
申込方法 要事前申込
社研サマーセミナーのHPからお申込みください
申込受付期間 — 2019年7月8日
お問い合わせ先 東京大学社会科学研究所 研究戦略室
社研サマーセミナー担当(summerws(at)iss.u-tokyo.ac.jp)
「(at)」を「@」に変更の上、メールを送信してください。
社会の中のルールと会社
 
日時:2019年8月8日(木)10時30分~17時00分
場所:東京大学社会科学研究所 センター会議室
( 本郷キャンパス    赤門総合研究棟5階)
 
 社研所員の研究成果を報告する社研サマーセミナーを中学校および高等学校教員を対象に開催いたします。
 会社や国家はある目的のために組織され、ルールに則って運営されていると思われていますが、実態は少し違いがあるようです。今回のセミナーでは、現在の国内の社会とルールのあり様と、現在のルールができる前の明治期炭鉱会社運営を比較して、現代日本社会の問題を考察します。皆さまの教育現場でのご経験を共有させていただきながら、社会が抱える諸問題について一緒に考えていきたいと思います。ふるってご参加ください。
 
<プログラム>
10時30分~10時40分 開催のあいさつ
佐藤岩夫所長
10時40分~12時20分 「国家は借金を返さなければならないのか」
藤谷武史 教授 
13時30分~15時10分 「日本人の規律性と勤勉性:近代における炭鉱労働を中心に」
森本真世 講師
15時20分~17時00分 「なぜ契約は守られなければならないのか:契約の拘束力と契約法の役割」
石川博康 教授
 
■対象:
中学校および高等学校教員ほか(一般の方も参加可能です)
■定員:
40名(応募者が定員を超えた場合には、中学校および高等学校教員の方を優先します)
■申込締切:
2019年7月8日(月)
※受講の可否については7月16日(火)までにご連絡をします。なお、応募人数が定員を大幅に超過した場合、募集を締切る場合があります。ご注意下さい。
※迷惑メール対策等の設定により、メールが届かない場合があります。「@iss.u-tokyo.ac.jp」からのメール受信が可能な設定にしてください。
■参加費:
無料
■受講証:
講義をすべて受講された方には受講証を発行いたします(希望者のみ)
■お申込方法:
社研のHPからお申込ください。
1週間以内に受付確認メールが届かない場合は、受付が完了していない可能性がありますので、下記へお問い合わせ下さい。
※迷惑メール対策等の設定により、メールが届かない場合があります。「@iss.u-tokyo.ac.jp」からのメール受信が可能な設定にしてください。
※センター会議室へのバリアフリーアクセスは、赤門総合研究棟の赤門寄りの玄関から入館してください。
※参加に際して配慮が必要な方はお申込み時にお知らせください。

 プログラムの内容や申し込み方法等の詳細は、サマーセミナーHPをご覧ください。

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる