EVENTS

印刷

研究プロジェクト「うつ病や双極性障害等を予防する支援方法の開発」研究講演会

掲載日:2021年1月15日

イベント基本情報

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 卒業生 / 企業 / 高校生 / 大学生 / 教職員
開催日 2021年2月13日 13時45分 — 15時35分
開催場所 その他学内・学外
定員 100名
参加費 無料
申込方法 要事前申込
お名前とZoomのURL等をお送りするメールアドレスを記載して,2021年2月7日(日曜)までに下記フォームへお申し込み下さい。定員(100名)になり次第締め切りとさせて頂きます。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=T6978HAr10eaAgh1yvlMhILzkfkYmNpDjLQgHrJLYkhUQTNROUVRWldFNVVORDJMVlZJMTlMTEhYQi4
申込受付期間 2021年1月14日 — 2021年2月7日
お問い合わせ先 渡辺慶一郎(dmdiprevention@gmail.com
2020年度に設置されました,「うつ病や双極性障害等を予防する支援方法の開発」プロジェクトの一環として,オンラインの研究講演会を以下のように開催致します。
ご興味のある方は是非ご参加下さい。
 
講演タイトル:うつ病のためのメタ認知トレーニング(D-MCT)概説
D-MCT(Metacognitive Training for Depression:D-MCT)は,認知行動療法を背景として開発された、うつ病のための心理療法・心理教育のツールです。認知行動療法(CBT)を応用してハンブルク大学のLena Jelinek教授らが2015年に開発しました。日本でも様々な応用可能性が検討されています。この内容と実践方法を、スライドを供覧しながらオンラインセミナーの形式で解説致します。
 
日時:2021年2月13日(土)
   13:45 受付開始
   14:00 開会の挨拶
        小佐野重利(東京大学相談支援研究開発センター特任教授)
   14:05 講演
        石垣琢麿(東京大学大学院総合文化研究科 駒場学生相談所教授)
        森重さとり(公認心理師・精神保健福祉士・米国認定音楽療法士,米国Beck Institute CBTトレーニング修了者)
   15:30 閉会の挨拶
        佐々木司(東京大学教育学研究科教授)
   司会 渡辺慶一郎(東京大学相談支援研究開発センター准教授)
 
参加費:無料
参考図書:イェリネク・ハウシルト・モリッツ著 石垣・森重監訳 原田訳(2019)うつ病のためのメタ認知トレーニング-解説と実践マニュアル.金子書房
www.kanekoshobo.co.jp/book/b383218.html
 
※申込み方法:お名前とZoomのURL等をお送りするメールアドレスを記載して,2021年2月7日(日曜)までに下記フォームへお申し込み下さい。定員(100名)になり次第締め切りとさせて頂きます。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=T6978HAr10eaAgh1yvlMhILzkfkYmNpDjLQgHrJLYkhUQTNROUVRWldFNVVORDJMVlZJMTlMTEhYQi4u
 
お問い合わせ先:渡辺慶一郎(dmdiprevention@gmail.com

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる