このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 記者発表一覧 > 現代GP国際シンポジウム2008『ICTを活用したアクティブラーニング』
space

広報

記者発表一覧

現代GP国際シンポジウム2008『ICTを活用したアクティブラーニング』


現代GP国際シンポジウム2008
「ICTを活用したアクティブラーニング」のお知らせ


拝啓 貴社におかれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
国立大学法人 東京大学(所在地:東京都文京区 総長:小宮山宏)は、駒場Iキャンパス(所在地:東京都目黒区)にて3月17日(月)に文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)の国際シンポジウム「ICT(Information and Communication Technology)を活用したアクティブラーニング」を開催いたします。

1.国際シンポジウム概要
東京大学教養学部・情報学環・大学総合教育研究センターは、現代GP事業として、アクティブラーニングやラーニングスペースに関するシンポジウムを開催します。マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、公立はこだて未来大学からスピーカーを招き、高等教育におけるICT活用、アクティブラーニング、学習環境デザインに関わる先進的な事例についてご紹介いただきます。
また、本取組の成果や本学におけるICTを活用した教育についても報告し、スピーカーと共に「高等教育におけるICT活用のアクティブラーニング」についてのパネルディディスカッションを行います。
そのほか、本学に設置したICT活用型協調学習教室「KALS:駒場アクティブラーニングスタジオ」の見学会も実施します。高等教育の教育改革、ICT活用といった分野に関心をもたれる方々を対象にしております。また、当日は講演の様子をビデオ撮影し、後日東大TVのウェブサイトで配信予定です。

※アクティブラーニングとは、多様なメディアからのインプットに対し、学生が能動的に読解・作文・討論・問題解決などを通じて分析・統合・評価・意志決定を行い、その成果を組織化しアウトプットするような学習活動です。

2. 国際シンポジウム内容
日時:2008年3月17日(月)13:00-19:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
主催:東京大学 教養学部・情報学環・大学総合教育研究センター
共催:東京大学 教養学部附属教養教育開発機構
後援:東京大学 教育企画室 TREEプロジェクト
東京大学 教養学部附属教養教育開発機構 教養教育社会連携(ベネッセ)寄付研究部門

  ■プログラム
12:30- 受付開始
13:00- 挨拶
趣旨説明 東京大学大学院 総合文化研究科 教授 永田敬

13:20
  ・米国 マサチューセッツ工科大学の事例紹介
TEAL (Technology Enable Active Learning) MIT, Department of Physics,
Senior Lecturer Peter Dourmashkin
14:10
  ・米国 スタンフォード大学の事例紹介
SCIL (Stanford Center for Innovations in Learning) and Wallenberg Hall
   Stanford University, Stanford Center for Innovations in Learning,
Academic Technology Specialist Daniel Gilbert
15:00 休憩
15:10
  ・公立はこだて未来大学の取組み
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授 美馬のゆり
16:00
  ・KALSでのCritical Writing Program
東京大学教養学部附属教養教育開発機構 特任准教授 Tom Gally
16:30
  ・東京大学大学院 情報学環 福武ホールのデザイン
東京大学大学院情報学環 准教授 山内祐平
16:40
  ・TabletPCを活用するeJournalPlus & MEET Video Explorer
東京大学 大学総合教育研究センター マイクロソフト先進教育環境寄附研究部門(MEET)
   客員准教授 望月俊男
16:50 休憩
17:00 パネルディスカッション
18:15
  ・KALS(駒場アクティブラーニングスタジオ)見学会を実施します。
   シンポジウムは18:00頃に終了します。見学会は17号館2階への移動となります。
ご参加は任意です。

<現代GP 国際シンポジウムについてのご質問・お問合わせ先>
東京大学 教養学部 附属教養教育開発機構 KALS(〒153-8902 目黒区駒場3-8-1)
担当者:西森 年寿(教養教育開発機構 開発部門 特任准教授)
     林 一雅 (教養教育開発機構 開発部門 特任助教)
Web: http://www.komed.c.u-tokyo.ac.jp/gendai/sympo19.html

開催場所:東京大学教養学部18号館ホール
京王井の頭線 駒場東大前駅下車

見学会:東京大学教養学部 17号館2階 駒場アクティブラーニングスタジオ:KALS

 

space