コンセプト
導入経緯・制度概要

国際総合力とは

本学では、「世界の多様な人々と共に生き、共に働く力」のことを、「国際総合力」と名付け、皆さんには、学生生活を通じて、 この力を伸ばしてもらいたいと考えています。「国際総合力」は、「I コミュニケーションの力をつける」、 「II 自信を持って挑戦する」、 「III 自らを開き、多様性を受け入れる」、「IV 他者と協働し、リーダシップをとる」、 そして、これらを、身につけることで、育まれる「V 自己を相対化し、国際感覚をもつ」の5つの要素から構成されます。 みなさんには、在学中に5つの要素をバランスよく身につけて、世界の多様な人々と共に生き、 共に働く人へと成長していってもらいたいと願っています。


            国際総合力を構成する5つの要素

           グローバルキャンパス推進本部
     国際化教育支援室長からのメッセージビデオ

制度について

東京大学は、全ての学生に、これからの大学生活を通じて、世界の多様な人々と共に生き、共に働く力(国際総合力)を身につけてもらいたいと考えています。そこで、2018年4月より国際総合力認定制度「Go Global Gateway」を開始しました。

皆さんが、入学後の早い時期から世界を意識し、国際総合力を身につけるために自分にとってどのような学びや体験が必要かを考え、実行し、条件を満たした場合に、国際総合力の基礎的な力を身につけたものとして、認定証を授与するという制度です。

単なる語学の堪能さや表層的な外国理解ではなく、異文化や他者について深く考える教養と洞察力を身につけるきっかけとなるものです。この制度を通して、皆さんの国際感覚が鍛えられ、広い視野をもって様々なフィールドで活躍されることを期待しています。

ポイント
・「語学力に自信がない」「留学するお金や時間がない」それでも参加可能です
・国際交流や留学の最新情報を入手できます。他にも様々な企画を準備中です
・自分だけのポートフォリオ(活動履歴)を作ることができます

メッセージ
.

本制度は、皆さんの主体性を尊重したものであり、取り組み内容や個人の能力に優劣をつけるものではありません。 認定証を得ることは、ゴールではなく、あくまで通過点と捉えてほしいと思います。 本制度への参加は、いわば、国際総合力を身につけるという目的へ向けての入り口であり、 この意味で、本制度の名称をGo Global Gatewayとしました。