東京大学教員の著作を著者自らが語る広場

白い表紙に歴史的書物や人物の写真

書籍名

文化財としてのガラス乾板 写真が紡ぎなおす歴史像

著者名

久留島 典子、 高橋 則英、 山家 浩樹 (編)

判型など

272ページ、B5判、並製

言語

日本語

発行年月日

2017年4月

ISBN コード

978-4-585-22173-9

出版社

勉誠出版

出版社URL

書籍紹介ページ

学内図書館貸出状況(OPAC)

文化財としてのガラス乾板

英語版ページ指定

英語ページを見る

史料編纂所には、現在約13000枚のガラス乾板が収蔵されている。1969年の東大紛争のあおりを受けたことで、収蔵の秩序も失われ、不本意ながら40年以上も放置に近い状態にあった。本書は、この膨大な乾板コレクションを、学術資源として、かつ歴史的な文化財として再生させるための試行錯誤を記録したものである。まだその作業は緒についたばかりだが、その経験と課題を現時点で総括することで、関係する学会・組織・研究者と意識を共有することを目指している。
 
史料編纂所の最大のミッションは、日本史の基幹史料集を編纂・刊行することにある。典拠となる史料を求めて日本全国を調査する作業は、明治20年代に本格化し、今日まで継続している。史料採訪 (さいぼう) と呼ばれるこの作業は、当初から史料原本を集めるのではなく、厳密な複製を作成・集積することで進められてきた。複製技術は、時の流れとともに、人手による複写から写真技術へと移り、現在のデジタルデータ作成に至る。この130年に及ぶ歩みのなかで、最も長い期間を用いられた技法が、ガラス乾板による撮影であった。日本でその普及が始まった明治30年代から、昭和30年代に至るまで、実に60年余にわたり、ガラス乾板は最も信頼すべき複製装置とされてきたのである。しかし、扱いやすいフィルムにとって代わられると、重く大きなガラス乾板は次第に面倒な存在と化し、収蔵庫の隅に追いやられて長い時を過ごすことになったのである。
 
こうして忘れられたはずの存在に、なぜ今もう一度注意を向ける必要があるのか。その大きな要因は、学問をとりまく社会の変動だろう。未曽有の少子高齢化や都市への人口集中などによって、家・集落・社会的集団といった従来の基本単位は脆弱となり、あわせてそこに伝来した史料群も湮滅することが常態となってしまった。東日本大震災に代表される自然災害の続発も、こうした流れに追い打ちをかけている。かつて存在していた史料が、急速に消滅しつつあるなかで、精密に作成された複製群は、その立ち位置を変えつつある。ガラス乾板に写された史料には、現状所在不明のものが多数含まれており、既にその像が唯一無二であることが少なくない。歴史学の土台が脆弱化するという悲劇の進行のなかで、皮肉にも複製としてのガラス乾板の貴重性、文化財としての希少性が認識されるに至ったのである。
 
他方で、ガラス乾板そのものの劣化という事態も、急ぎ対応を迫るものになっている。新しいものでさえ凡そ50年を経過したことにより、物理的に様々な症例が発生している。写真専門家による最新の保全作業を急がなければ、唯一無二の像もまた消滅してしまいかねない。多岐にわたる症例をどのように措置するのかという課題に向き合いながら、写された図像を可能な限り高精度で復元し、いかに学術利用に供するかも問われている。
 
本書は、ガラス乾板の保全という課題を通して、歴史学が抱える危機を、写真学はじめ関連諸学の支援を得ることで、いかに突破してゆくべきかという格闘の記録である。歴史学のみならず、人文学・隣接諸科学における同様の取り組みも紹介することで、異なる視点からのアプローチの存在にも留意した。いま学問の直面する危機・課題を読者に共有していただければ、幸いである。
 

(紹介文執筆者: 史料編纂所 助教 井上 聡 / 2017)

本の目次

総論
 第1章 ガラス乾板の歴史と保存の意義 (高橋則英)
 第2章 写真と歴史学―東京大学史料編纂所の活動を中心にして (谷 昭佳)
 第3章 写真史料を保存へ導くために (白岩洋子)
第I部 ガラス乾板の保全と活用
 第4章 ガラス乾板の史料学―整理保存と調査による研究資源化の実際 (谷 昭佳)
 第5章 ガラス乾板の取り扱い (竹内涼子・高橋則英)
 第6章 ガラス乾板用保存箱の製作 (谷 昭佳・高山さやか・竹内涼子)
 第7章 ガラス乾板の劣化例証 (竹内涼子)
 コラム1 ガラス乾板の「膜面返し」とコロタイプ印刷 (谷 昭佳・高山さやか)
 コラム2 ガラス乾板の劣化について―ガラスの組成分解について (山口孝子)
 コラム3 損傷したガラス乾板の処置と修復 (三木麻里)
第II部 ガラス乾板の情報化
 第8章 ガラス乾板のデジタル情報化―デジタル撮影とメタデータの作成 (高山さやか)
 コラム4 ガラス乾板のスキャニングについて―京都国立博物館の取り組みから (岡田 愛)
 コラム5 ガラス乾板に関するデータはどこに向かうのか (山田太造)
第III部 ガラス乾板蓄積の経緯とその背景
 第9章 東京大学史料編纂所における歴史史料の複製とガラス乾板 (井上 聡)
 コラム6 日本史研究におけるガラス乾板の意義―保阪潤治コレクションから (木下 聡)
 第10章 博物館と文化財写真―奈良国立博物館におけるガラス乾板整理の経験から (宮崎幹
  子)
 コラム7 東京大学経済学部資料室所蔵のガラス乾板―横濱正金銀行資料から (小島浩之)
 コラム8 文書館におけるガラス乾板の蓄積と公開  (新井浩文)
附録
用語集・写真関連規格一覧・写真感光材料の標準寸法に関する一覧表・参考文献一覧・ガラス乾板に関する情報・画像を公開している国内の主な機関・保存用品取り扱い業者一覧
おわりに (久留島 典子)
 

関連情報

紹介記事:
「大量の「ガラス乾板」生かすには 歴史や技術 研究者らが本」朝日新聞関西版 (夕刊)、2017年7月12日