ARTICLES

印刷

平成29年度 体験活動プログラム報告会開催

掲載日:2018年3月8日

実施日: 2018年02月28日


2018年2月28日(水)、本郷キャンパス工学部2号館にて、体験活動プログラム報告会を開催しました。プログラムに参加した学生、学生を受け入れた学外関係者及び本学教職員等約110名が出席しました。

五神真総長の挨拶の後、体験活動プログラムの発展に顕著な功績のあった団体に感謝の意を表し功績をたたえる「特別功労賞」の授与が行なわれ、今年度は、釜石リージョナルコーディネーター協議会様、三重県玉城町様、東京大学三四郎会様、兵庫県明石市様、株式会社Prima Pinguino様、シカゴ赤門会様が受賞されました。

続いて、大学院教育学研究科の大久保圭介さんが体験活動プログラムに同行し、観察やインタビューから考察した体験活動プログラムの効果・評価に関する報告を行なった後、5つのプログラム(「花巻市大迫町でトライアルステイ~ぶどう栽培体験から考える課題解決の突破口~」、「オーガニック農場でのSustainable Agriculture 体験(米国)」、「地域イイトコ発見プロジェクト~フィールドワークから学ぶ地域の健康~」、「被災地福島の農業と環境放射能を知るツアー」、「聖地熊野の歴史文化と自然を体験しつつ、新宮市の文化行政を学ぶ」)に参加した学生が、体験活動から学んだことや将来に活かしたい経験等について報告しました。学生の報告終了後には、ご協力いただいた関係者の方から、学生を受入れた感想やメッセージをいただきました。
 
最後に石井洋二郎理事・副学長より受入関係者への感謝の言葉が述べられ、閉会となりました。
報告会終了後の懇談会は、学内外の関係者が活動を振り返り、意見交換をする有意義な交流会となりました。今年度の報告会及び懇談会を実施するにあたり、15名のプログラム参加学生が当日の司会、受付及び会場案内などの役割を担い、報告会の運営に参加したことは、本プログラムにおける成果の一つとなりました。

関連URL:http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h19_j.html



総長挨拶

発表の様子

司会の学生スタッフ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる