ARTICLES

印刷

薬学系研究科 花岡健二郎准教授が第3回島津奨励賞を受賞

掲載日:2020年12月11日

本学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室の花岡健二郎准教授が第3回島津奨励賞(2020年度)を受賞しました。「島津奨励賞」は、2018年度に設置された賞で、科学技術、主として科学計測に係る領域で、基礎的研究及び応用・実用化研究において独創的成果をあげ、かつ、その研究の発展が期待される45歳以下の研究者を島津科学技術振興財団が表彰するものです(毎年3名以下)。
 
【概要】
花岡准教授は、生命現象の解明のために必要不可欠な蛍光を用いた計測技術である蛍光イメージングにおいて必要とされる蛍光試薬の開発に大きく貢献しました。蛍光試薬の開発における新たな切り口として、従来汎用されている緑色の波長領域の蛍光では難しい生体深部観察に対応するため、さらに長い深赤色から近赤外波長領域に至る蛍光化合物の母核を新たに開発し、それを用いて実用的な蛍光試薬の開発及び市販化に成功した点が高く評価されました。
 

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる