ARTICLES

印刷

勝たない自分たちに、価値はないのか カーリング女子・吉田 知那美 選手 × 宇宙飛行士・野口 聡一 氏

掲載日:2018年12月21日

images
© 2018 RCAST, UTokyo

 

勝たない自分たちに、価値はないのか

『アスリートと宇宙飛行士の当事者研究』 特別編

カーリング女子・吉田 知那美 選手 × 宇宙飛行士・野口 聡一 氏


「夢の舞台・オリンピックで手にした銅メダル。なのに、あまりそばに置いておきたくなかった」

平昌オリンピックカーリング女子銅メダリスト・吉田知那美選手は、そう話した。
「そだねー」が流行語になり、多くのメディアで笑顔を見せていたその時、彼女の心に何が起こっていたのか。
 
東京大学先端科学技術研究センター(先端研)・熊谷研究室では、アスリートが目指す“より速く、より高く、より強く”というパフォーマンスの向上と矛盾しない形で、そこに縛られて傷を負うのではない全人的なサポートを、当事者研究の視点から発信しようと試みている。
 
試合のため、7月に開催されたシンポジウム『日常への帰還 アスリートと宇宙飛行士の当事者研究』に登壇できなかった吉田選手。
今回、カーリング選手としての気持ちの変化、2022年北京オリンピックを目指す現役選手として格闘する現在について、宇宙飛行士で先端研研究員の野口聡一さんと、正直な思いを語り合った。

(対談実施日:2018年11月20日)

カーリングから二度逃げ出した過去

吉田選手がオリンピックの舞台を意識したのは、14歳の時。
しかし、高校卒業時には「カーリング以外にも絶対に何かできる」と、日本選手権の出場権を放棄し、語学留学と称して「カナダに逃げた」。
 
帰国後、北海道銀行フォルティウスのメンバーとなり、控え選手として登録された2014年ソチオリンピックでは、前日にインフルエンザになったメンバーの代わりに出場。
チームは当時過去最高の5位入賞を果たした。
 
オリンピックで勝つことしか見えていなかった吉田選手は、オリンピックまでの期間に心が不安定になり、家族はその自己中心的な言動に振り回される。
家族がバラバラになりかけた時に出会ったのが、当事者研究だったという。
 
images
© 2018 RCAST, UTokyo

吉田選手(以下、敬称略)「家族が壊れて行く原因が、私はカーリング、家族は大事な家族への思いという、お互いにとって大切なものだった。自分が許せなくて絶望した時に、当事者研究の『安心して絶望できる人生』という言葉に出会いました。絶望を経験しても生きていける。当事者研究で新しい考え方を知り、カーリング選手としてだけでなく、人間らしい生活や心を取り戻していきました」
 
ソチオリンピック後に吉田選手を待ち受けていたのは、「戦力外通告」。その事実を隠して出場した日本選手権では、戦力外にしたことを後悔させたいという思いで戦い、最高のパフォーマンスをした。

それまでチームや自分のベストパフォーマンスのために氷に立っていた吉田選手は、後悔させたいという気持ちで戦った自分が嫌になり、カーリングから離れようと北海道から飛び出した。

家族に行き先を告げず、電話も出ない、メールも返さない。
 
日本各地を転々とした先での交流を通して「一回人生が終わったようなものだから、次に何をしたいかと考えたら、やっぱりカーリングだった」と気づく。
現在所属するロコ・ソラーレの創立者・本橋麻里選手の言葉が、復帰への背中を押した。
 
吉田「本橋選手は『私も叶えたい夢はある。女性アスリートは、結婚や出産がマイナスに考えられがちだけど、夢をいつ叶えるか、その順番は自分で決める。このチームでは、それでいいと思う』と言いました。今まで“カーリングが人生”と思ってやってきましたが、ロコ・ソラーレに入ったタイミングで、“人生の中にカーリングがある”と、考え方が変わったんです」

感情の豊かさなんて、何の役にも立たないと思っていた

ロコ・ソラーレは2010年に結成され、現在のメンバー構成になったのは2015年。妹の吉田夕梨花選手も在籍している。
平昌オリンピックで注目された仲の良いチームのムードは、当初からあったものではない。

images
© Loco Solare

吉田「それぞれ辛い経験を背負っていた私たちは、お互いにいいところを伝え合い、たくさん話をすることによって、チームとしても一人の選手としても、自信を取り戻していきました。このチームでは、弱さを見せていい。頼っていい。未完成でのままでいい。本橋選手はそれを、“弱さ”や“弱点”ではなく、“個性”と呼んでくれます」
 
野口さん(以下、敬称略)「カーリングは“氷上のチェス”と呼ばれる頭脳戦で、表情一つ変えずに投げるチームがある中で、ロコ・ソラーレは、すごく喜怒哀楽がある。チームスポーツでありながら孤独な戦いを強いられるのに、まさに和気あいあい、表情豊かに戦えるのは、一観客としては大きな強みに見えます」
 
実際には、強そうに振る舞わないといけない、弱さや失敗を顔に出すことはよくないと、ずっと言われ続けていた。チームとしても悩み、何度も話し合ったそうだ。
 
吉田「スポーツにおいて、感受性の豊かさは、表現力を競う競技以外では、何の役にも立たないと思っていたんです。感受性豊かだね、表現力があるね、と言われても嬉しくないし、逆に嫌だった」
 
野口「感情を表に出すことは、未熟さにつながるイメージがあるからね。特に男子はそう見ると思う」

転機は、ある人に相談した時の言葉。『それがあなたたちらしさだから、いいじゃない。強さって、らしさだから』と言われ、できないなら自分たちらしくやろう、と決めた。

吉田「“らしさは強さ”という言葉を聞いて、私たちらしくいこう、と。嬉しいなら嬉しい、悔しいなら悔しいって表現しよう。一つひとつの石が持つ癖も、個性だと思って可愛がろう。それでチームがしっくりくればいい。そう決めてからは、トントン拍子に進んだ気がします」

結果が出せない自分たちに、価値はないのか

ロコ・ソラーレが試合前に掲げる目標は、「世界一の事前準備をする」。
事前準備が足りないと、氷に上がった瞬間に恐怖感に襲われ、やるしかないと吹っ切れないからだ。金メダルや世界一という具体的な目標より、「過程に目標を置く」ほうが、チームにはなじむのだという。

images
© 2018 RCAST, UTokyo

吉田「勝つことやメダルを取るといった能力や結果で評価され、その結果を喜んで応援してくれる人がたくさんいる。それは、もう、十分にわかっています。でも、私たちは今、『それなら、結果が出せない私たちには、人としての価値がないのか』と思ってしまっています」

吉田選手によると、カナダのようなカーリング大国では、チームの実力に大差はなく、どのチームがオリンピックに出てもおかしくない。だから、「チームらしさ」を楽しむファンが多いという。

吉田「カナダに行くと、『チーム藤沢は、いつも楽しそうにカーリングをする。勝っても負けても、あなたたちの試合を見るのが好きよ』と言ってもらえる。それを聞くと、私たちが氷の上に立つ意味はここにある、これからもカーリング選手としてやっていきたいと思う。でも、日本に帰ってくると状況が違って、オリンピックに行くチームに価値があり、強いチームにサポートがつく。勝たなければいけない。日本にいると辞めたくなるんですよ(笑)」
 
自分たちらしくあることが、強さになる。
一方で、それだけでは解決できない現実がある。
 
吉田「世界一になりたいし、もう一度、このチームでオリンピックのメダルにも挑戦したい。私たちだって、勝ちたい。でも、それと同じくらい必死に、自分たち、選手一人ひとりの価値はどこにあるのか、ということを考えています。チームにとって、勝つ・負けるを超えたモチベーションがあれば、もっとのびのびと競技を楽しめるのではないか、と。まさに今、狭間にいます」

オリンピックから「帰還」したが、「生還」はしていない

野口さんが、吉田選手とのやり取りで強烈に覚えているのが、『私は、オリンピックから帰還したけれど、生還はしていない』という言葉だ。

images
© 2018 RCAST, UTokyo

野口「オリンピックに2回行き、平昌ではメダルも取った。その言葉は、何を意味しているのでしょうか」
 
吉田「日本で盛り上がっているのを知らずに帰国して。驚いたと同時に、嬉しかったんです。こんなにもたくさんの方が、カーリングに興味を持ってくださった、と」
 
メディアの取材を受けると、競技に関する質問より、北海道弁や容姿、プライベートの内容がはるかに多かった。
 
吉田「競技を見て楽しんでくださった方、カーリング競技者として応援してくださった方がたくさんいることも、もちろんわかっていますが、どんなに結果を出しても、競技者として認めてもらえないと思ってしまって…」
 
野口「カーリングの技術やチームの成熟度が上がった、つまり、競技者としてもっと評価されると思っていたけれども、帰ってきたらアイドルみたいで、こんなはずじゃなかった、と」
 
吉田「夢を一つ叶えた。それでよかったはずなのに、周りの評価を気にしてしまった。しかもその評価が、競技者としてではなかった。結局、日本ではカーリングはスポーツじゃなかったと思ってしまい、身体は帰国したけれども、心が帰ってこられなかった。カーリング選手としてもう一回頑張ろうと生還するまでに、かなり長い時間を費やしました」
 
野口「つまり、生還するとは、選手として戦いに勝ち、競技者として正当に評価される。結果を残して評価されれば、カーリング競技自体の認知度やファンに繋がっていく、そういう気持ちだった」
 
吉田「オリンピックの機会に、カーリングをマイナースポーツから脱却させたい。日本の文化に、カーリングを根付かせたい。スポーツ選手からも『カーリングはスポーツじゃない』と言われ、傷ついてきた歴史を変えるのが私たちだと思ってやってきたので。特に私は悲観的な時期がありました」

野口「僕もミーハーな視点があるのでわからなくはないけど、ロコ・ソラーレの活躍を見て、カーリングそのものに興味を持った層は間違いなく増えていると思うし、面白さに触れた人は多いと思う。ただ、それをはるかに上回る“そだねー”の破壊力があったんでしょうね」
 
吉田「でも、シーズンに入って、思い直したんです。数あるオリンピック競技の中で、カーリングの試合を見てもらっただけでも喜ばしいことなのに、応援の仕方や物の見方まで求めるのはどうなんだろう?と。少なくとも、以前よりはスポーツとしての認知度が上がった。そう考えて、辛抱強く、一歩ずつ進めるしかないのかなって。他の国の状況を知っているから、なおさら差を感じてしまうというのも、ある気がしますし」
 
野口「カナダやスウェーデンは、カーリングがスポーツとして根付いていることも、大きいかもしれませんね。歴史があり、文化になっているから」

次のオリンピックで、このチームの最高形を見たい

野口さんは、2005年、日本人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)で船外活動を実施。2009年には、日本人初のソユーズ宇宙船船長補佐に任命され、約5カ月間ISSに滞在した。2019年末、ほぼ10年ぶり3回目の宇宙飛行を行う予定だ。野口さんも吉田選手も、2回目以降にある種のブランクを経験して、3回目に挑戦する。

野口「1回目のオリンピックでカーリングを離れようとカナダへ行き、戻ってきて、2回目のオリンピックでもまた、複雑な感情を抱いて。それでも今、現役でいる。そして、三たびオリンピックに向かっていく、その気持ちの底には何があるんでしょうか」

images
© Loco Solare

吉田「1回目は、夢だったから。2回目は、あの舞台でもっといいプレーができる、と直観的に思ったから」

野口「そこまでは、完全に僕と重なりますね。僕も、1回目は子どもの頃から目指した夢の舞台だった。でも、宇宙飛行士としては未熟な気がして、次はもっとできると思った。とは言え、2回目で急に未熟さが成熟したわけでもないな、と思いながら帰ってきました」

吉田「北京オリンピックでは、私は30歳です。体力的にどうなるかわからないですが、技術や精神的な面では、きっと強くなっているであろうと、自分に期待ができる。でも、次のオリンピックを目指す一番の理由は、今のチームがすごく好きだから。このチームで、また4年間過ごしたい、というのが正直な気持ちです。もちろん、よりいい成績を残したいとも思いますが、昔ほど前回を超えよう、という気持ちはなくて。今のチームの史上最高のパフォーマンスが、4年後のオリンピックに当たったらいいな、と。このチームが好き。このチームの最高形が見たい。それが理由です」

野口「チームが、どこまで伸びるのかを見てみたい」

吉田「はい。一人ひとりがすごく面白くて、長年一緒にいても、まだその力は未知数で。もしかしたら、私が途中で怪我をしたり、満足できる選手になれない可能性もある。以前の私なら、自分が行けないオリンピックなんて、と思いましたが、今は、自分がオリンピックの舞台にいるかどうかは別として、このメンバーがオリンピックで戦う姿を、もう一度見てみたい。もっと強くなれるし、頑張ってほしい。もちろん、そこに自分がいられるように、努力しますが。対戦相手と私たちのチームが最高のパフォーマンスで戦って優勝できたら、引退して次のステージへ行くのではないかと、自分で予測したりもします」

“スポーツではない”カーリングの歴史を変えたい

吉田「野口さんにとっては、3回目の宇宙飛行のモチベーションって何ですか?」

images
© JAXA/NASA

野口「2回目まではほぼ同じです。1回目は、先輩飛行士ばかりで、自分は未熟だった。そう思って2回目にチャレンジして。今回、僕自身としては、宇宙飛行士という仕事がこの先どの方向に進むのかを、できる限り見届けたい。新型宇宙船が出てきたり、月に行ったりというような、大きな切り替わりの数年間だと思うので。現役の場に戻ってこられて嬉しいですし、世界がこの先どう変わっていくのか、純粋に楽しみですね」
 
オリンピック選手と宇宙飛行士という立場の違いはあれど、それぞれのキャリアで目指す「ハレの舞台」があるという点は共通している。

野口さんは今回、吉田選手に質問しながら、自分自身にも同じことを問いかけていたと言う。
 
野口「まだ現役の選手なので、この質問はやめようと思っていたんですが…。どうなったら引退すると思いますか? 今回は3位でしたが、メダルは取った。もし優勝していたら、金メダルを首から下げて、満面の笑みで引退しますって言っていたかというと、おそらく違いますよね?」
 
吉田「…はい」

野口「どうなれば満足に引退できるかと考えているうちはむしろ華で、ほとんどの人は突然引退がやってきます。7月のシンポジウムに登壇した小磯典子さん(元バスケットボールオリンピック選手)は、引退せざるを得ない状況に自分を追い込んでしまったし、多くの選手が納得して引退するわけではない。ソチ後のような戦力外ということもあるし、考えたくないけれど、怪我もあり得る。オリンピック選手にしても宇宙飛行士にしても、納得できる形で引退を迎えられる保証はどこにもありません。それでも、“ハレの舞台”から帰還した後の人生のために、何が引退のきっかけになるかは考えておいたほうがいいと思っています」
 
吉田「ロコ・ソラーレは、2018年8月に法人化したんです。正直、最初は疑問も感じていましたが、試合をしていると、カーリングを今まで以上に俯瞰して見ていることに気づきました。代表の本橋選手は『法人化すれば、万が一、選手に何かあっても社員として雇うことができる』と。自分でも不思議ですが、法人化されたことへの安心感は、想像以上に大きいのかもしれません」

野口「知那美さんにとって、カーリングを続けるモチベーションって何でしょう?」
 
吉田「この競技が、いつか日本で愛されるスポーツになることを信じてやっています。“カーリングはスポーツではない”と言われることへの劣等感やコンプレックスを持っているのは、私だけではなく、チームのみんなも同じです。スポーツではないと言われ続けているこの歴史を変えたい。いつか変わって欲しい。それが心の奥底にあります」
 
野口「北京オリンピックまで、あと3年ですね。頑張ってください。応援しています」

images
© 2018 RCAST, UTokyo

(構成・文/広報・情報室 山田 東子)

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる