ARTICLES

印刷

原子力技術を活用した温暖化対応研究をアジア諸国と協力して推進 -アジア原子力協力フォーラム大臣級会合において総合研究博物館・松崎浩之教授ら研究チームが最優秀研究チーム賞を受賞-

掲載日:2020年12月15日

総合研究博物館・松崎浩之教授らを含めたアジア原子力協力フォーラム(FNCA)気候変動科学プロジェクトの日本チームは、放射性炭素を用いて陸域生態系の炭素循環を解明する研究開発について、アジア諸国の原子力研究機関への技術移転を行い、国際協力研究を進める体制を構築しました。この業績が高く評価され、アジア原子力フォーラム(FNCA)大臣級会合において最優秀研究チーム賞を受賞しました。

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる