EVENTS

印刷

シンポジウム「成熟社会での日本型イノベーションを考える~「測る」×「創る」~」

掲載日:2021年11月18日

イベント基本情報

区分 研究会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 卒業生 / 企業 / 大学生 / 教職員
開催日 2021年12月13日 13時30分 — 17時
開催場所 オンライン
会場 オンライン(YouTube配信)
【YouTube】https://youtu.be/_i76_lUXibo
参加費 無料
申込方法 事前申込不要
お問い合わせ先 加藤孝明研究室
kato.takaaki.lab3@gmail.com
東京大学社会科学研究所・生産技術研究所主催シンポジウム

「成熟社会での日本型イノベーションを考える~「測る」×「創る」~」開催のお知らせ

各国それぞれの社会経済状況の中でイノベーションが展開されています。日本社会は世界の後塵を拝する場面が散見されます。優れた技術基盤・要素技術はありますが、それが必ずしもイノベーションに結び付いていないようにも見受けられます。社会的規範の中で、成熟社会にふさわしいイノベーションを促進させる独自の社会環境を整えていく必要があります。
本シンポジウムでは、イノベーションをキーワードに社会的規範を「測る」社会科学分野、そしてイノベーションの担い手である「創る」工学分野の研究者の議論を通して未来を展望します。また、本シンポジウムが2つの研究所の交流、連携を深めるきっかけとなることを期待します。

日時:2021年12月13日(月)13:30~17:00

場所:オンライン開催(無料)
【YouTube】https://youtu.be/_i76_lUXibo
お申込みなしでご覧いただけます。


プログラム:(司会:加藤孝明)

◆開会の挨拶
 玄田有史(社会科学研究所所長)
 岡部徹(生産技術研究所所長)

◆基調講演
 「日本のイノベーションの現状と喚起するための社会環境とは」
 野城智也(生産技術研究所教授/建築生産)
 「イノベーションと法律」
 田中亘(社会科学研究所教授/商法・会社法・法と経済学)

◆パネルディスカッション「文理を超えて語る」
 コーディネーター:
 宇野重規(社会科学研究所教授/政治思想史・政治哲学)
 パネリスト:
 ケネス・盛・マッケルウェイン(社会科学研究所教授/政治制度・世論研究)
 加藤晋(社会科学研究所准教授/厚生経済学・公共経済学)
 志村努(生産技術研究所教授/応用非線形光学)
 菅野裕介(生産技術研究所准教授/コンピュータビジョン・機械学習・HCI)
 戸矢理衣奈(生産技術研究所准教授/応用人文学)

 ◆まとめ
 加藤孝明(社会科学研究所特任教授・生産技術研究所教授/都市計画)


主催:東京大学社会科学研究所・東京大学生産技術研究所
企画:東京大学社会科学研究所社会連携研究部門
東京大学社会科学研究所全所的プロジェクト研究(社会科学のメソドロジー)
企画協力:東京大学生産技術研究所オープンエンジニアリングセンター

問合せ:kato.takaaki.lab3@gmail.com(加藤孝明研究室)


 

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる