EVENTS

印刷

東京大学教養学部 模擬講義・講演【オープンキャンパス2021】

掲載日:2021年7月5日

イベント基本情報

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 中学生 / 高校生 / 大学生
開催日 2021年7月10日 15時 — 17時45分
開催場所 その他学内・学外
会場 オンライン(Zoonウェビナー)
定員 500名
参加費 無料

概要

オープンキャンパス2021(7/10・11)、1日目の7/10(土)15:00~17:45に、教養学部教員による3件の模擬講義・講演をウェビナーで開催いたします。

当日14:45頃から、以下のURLより参加いただけます。
https://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/oc2021-lecture.html

15:00~15:45

田辺明生 教授
模擬講義「人間性の基盤としての多様性−文化人類学の視点から」


本講義では「多様性はどうして必要なのか」について、そもそも「人間」とはいかなる存在なのか、という文化人類学の視点から論じる。
多様性を尊重することは、人間という種の存続にとって有益なだけでなく、わたしたちの生をより豊かにし、生の歓びをより高めることに通ずる。多様性は、自由と創造性の根源であるといえよう。

16:00~16:45

郷原佳以 准教授
講演「言葉の袋小路、フィクションの始まり」


コロナ禍のなかでも、小説家たちの創作意欲は衰えていないようです。
初めての事態に遭遇したときに、フィクションを書くとは一体どのようなことなのでしょう。自分の経験を手記に綴るのと、その言葉はどのように異なるのでしょう。
フランスの文学者たちの言葉を参考に、考えてみたいと思います。

17:00~17:45

道上達男 教授
模擬講義「生物のからだはどのように作られる?~発生生物学の基礎と応用~」


私たちの体はたまごから作られます。でも、こんな複雑な構造をどうして作ることができるのでしょうか。また、そのような知見が社会にどのように役に立つのでしょうか。
この講義では、発生生物学の基礎とその応用についてお話ししたいと思います。

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる