EVENTS

印刷

【ZOOM開催】グローバル・スタディーズ・セミナー「グローバル化は比較社会研究に何をもたらすか?」

掲載日:2020年9月23日

イベント基本情報

区分 研究会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 教職員
開催日 2020年10月20日 14時55分 — 16時40分
開催場所 その他学内・学外
会場

Zoom開催

聴講希望者はhttps://bit.ly/3mozZtyに必要事項をご入力ください。

参加費 無料
申込方法 要事前申込
聴講希望者はhttps://bit.ly/3mozZtyに必要事項をご入力ください。
申込受付期間 2020年9月23日 — 2020年10月20日
お問い合わせ先 グローバル・スタディーズ・イニシアティヴ(GSI)事務局(contact*gsi.c.u-tokyo.ac.jp)
※メールを送信の際は、*を半角@に変更してください。

グローバル・スタディーズ・セミナーのご案内

東京大学グローバル地域研究機構(IAGS)では、「グローバル・スタディーズの課題」シリーズ第6回を下記のとおりWeb上にて開催いたします。アクセス詳細は聴講希望者にお知らせします。希望者はhttps://bit.ly/3mozZtyに必要事項をご入力ください。

日時: 2020年10月20日(火)14:55-16:40

場所: Zoom Webinar

スピーカー: 有田伸
東京大学社会科学研究所教授

タイトル: 「グローバル化は比較社会研究に何をもたらすか?」

要旨:本報告では,グローバル化現象の「様々な媒体を通じた様々な社会間接触の増大」という側面に着目し,それが比較社会研究の進展のためにいかなる契機をもたらすのかを考えてみたい.まずメルヴィン・コーンの古典的な論文に基づき,比較社会研究の諸類型とそれぞれの目的を確認した後,報告者の比較社会研究を事例として,様々な社会間接触への着目,あるいはそこから得られる気付きが研究をどのように進めてきたのかを振り返る.具体的には,報告者が参加したSSM(社会階層と社会移動)研究プロジェクトをはじめとする国際比較調査の経験や,共同研究者として現在携わっているアジアの若年・壮年日本人就業者研究プロジェクトの経験を事例として議論を行う.その際,社会を捉えるための枠組みを対象社会に適用した際の「やり過ごそうと思えばやり過ごせなくもない微かな違和感」の効用についても考えてみたい.

司会: 國分功一郎(総合文化研究科 超域文化科学専攻)

討論者:田辺明生(総合文化研究科 超域文化科学専攻)

伊達聖伸(総合文化研究科 地域文化研究専攻)

言語: 日本語

アクセス詳細: 聴講希望者はhttps://bit.ly/3mozZtyに必要事項をご入力ください。

HP: https://www.gsi.c.u-tokyo.ac.jp/news/stec_event/2758/

 

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる