EVENTS

English

印刷

東京カレッジ シンポジウム「シモーヌ・ド・ボーヴォワールへの現代日本のまなざし」

掲載日:2021年11月29日

イベント基本情報

区分 研究会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 留学生 / 卒業生 / 企業 / 高校生 / 大学生 / 教職員
開催日 2021年12月10日 17時 — 20時
開催場所 オンライン
会場 ウェビナー
参加費 無料
申込方法 要事前申込
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_roPOGcC2Sa2uE4NSS0U2Pw
お問い合わせ先 tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

要旨

シモーヌ・ド・ボーヴォワールの作品の著作権承継人で哲学者のシルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワールが、シモーヌ・ド・ボーヴォワールの未刊の自伝的作品『離れがたき二人』を紹介します。この作品は、少女たちを妻と母の役割にはめ込み自由でものを考える女性となることを禁じようとする世間や、身持ちのよい女性を育てる性と知識の教育に反抗する二人の少女たちを描いています。
今回のシンポジウムは、この未刊の作品の紹介だけにはとどまりません。日本の人々が、近代フェミニスムの創始者とその作品を、現代のフェミニストたちの闘いの中に位置づけながら、発見、あるいは再発見する機会ともなるはずです。


日本語、フランス語同時通訳有
 

登壇者

シルヴィ・ル・ボン・ド・ボーヴォワール

中村 彩(リヨン第2大学文学部博士課程)
井上 たか子(獨協大学名誉教授)
赤藤 詩織(東京大学東京カレッジ特任助教)
林 香里(東京大学理事・副学長)
松尾 亜紀子(エトセトラブックス代表・編集者)

 司会
吉川 佳英子(愛知工業大学教授、日仏女性研究学会)
 

共催

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
東京大学国際高等研究所東京カレッジ
日仏会館・フランス国立日本研究所
日仏女性研究学会

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる