ARTICLES

印刷

物理工学専攻 香取秀俊教授がブレイクスルー賞を受賞

掲載日:2021年9月10日

2021年9月9日(水)に東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 香取秀俊教授がブレイクスルー賞の一部門である基礎物理学ブレイクスルー賞を受賞されたと発表されました。

基礎物理学ブレイクスルー賞
ブレイクスルー賞は、科学の進歩を称え表彰する国際的な学術賞で、2012年に創設されました。
基礎物理学、生命科学、数学の3部門があります。今回は基礎物理学部門での受賞です。

<受賞された研究・活動について>
自然界の基本原理の高精度な検証を可能にする、光格子時計の発明と開発における顕著な貢献に対して

<今後の抱負・感想>
光格子時計の発明から現在に至る研究がこのような評価を受け大変光栄に思います。20年前に物理的な好奇心から始まったアイディアが、同僚、学生を含む多くの研究者の協力により実現しました。自然を観測する新しい手法として、光格子時計がその真価を問われるのは、まさにこれからです。この研究が、自然科学と、未来の社会に役立つ計測手法となるよう、今後とも精一杯、研究と応用開拓に精進してまいります。

・ブレイクスルー賞:https://breakthroughprize.org
・東京大学香取研究室:http://www.amo.t.u-tokyo.ac.jp/

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる