ARTICLES

English

印刷

東京大学‐ストックホルム大学群 第2回戦略的パートナーシップ合同ワークショップ "Multidisciplinary collaboration for sustainable development" 開催

掲載日:2018年11月14日

 10月29日(月)に、東京大学‐ストックホルム大学群(ストックホルム大学、スウェーデン王立工科大学(KTH)、カロリンスカ研究所)と、第2回戦略的パートナーシップ合同ワークショップ ”Multidisciplinary collaboration for sustainable development”が、伊藤謝恩ホールにおいて開催されました。開会式では、五神総長の挨拶に続いて、KTH・Peter Gudmundson前学長によりご挨拶とストックホルム3大学学長のビデオメッセージが紹介されました。

 ワークショップには4大学の教職員、学生150名を超える参加があり、30日(火)は、以下8テーマに分かれたサテライトワークワークショップが行われました。一条ホールでの総括セッションでは、今後の交流について活発な議論がなされました。

 (1) Biological mechanisms regulating healthy and maladaptive ageing
 (2) Healthy ageing and well-being: From social science aspects
 (3) New technologies: Electron microscopy
 (4) Sustainable materials
 (5) Ageing societies: Sustainability and Resilience Challenges in the Urban Century
 (6) New technologies: Multiscale computation
 (7) Nano-biomaterials
 (8) ASIAQ2 (Arctic)



アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる