EVENTS

English

印刷

東京カレッジイベント:著者と考える「人新世の『資本論』」斎藤幸平

掲載日:2021年9月29日

イベント基本情報

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 卒業生 / 企業 / 高校生 / 大学生 / 教職員
開催日 2021年10月12日 16時 — 18時
開催場所 オンライン
会場 Zoom ウェビナー
参加費 無料
申込方法 要事前申込
こちらからご登録ください
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_e-kk9ZbDTqOWDIwtkJKKxw
申込受付期間 2021年9月28日 — 2021年10月12日
お問い合わせ先 tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

概要

このままで環境は大丈夫?豊かな社会とは?2050年の未来社会をテーマに学び続ける東京カレッジの研究者たちが、いま知りたいこと、聞きたいことを、2021年新書大賞受賞作「人新世の『資本論』」(2020) の著者、斎藤幸平氏に問いかけ、議論します。
 

講師プロフィール

著者

斎藤 幸平(大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授)

ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専門は経済思想、社会思想。Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy(邦訳『大洪水の前に』・堀之内出版)によって権威ある「ドイッチャー記念賞」を日本人初、歴代最年少で受賞。日本国内では、晩期マルクスをめぐる先駆的な研究によって「学術振興会賞」受賞。30万部を超えるベストセラー『人新世の「資本論」』(集英社新書)で「新書大賞2021」を受賞。

 

東京カレッジ研究者:

赤藤 詩織(特任助教)
Marcin Pawel JARZEBSKI(特任助教)
Flavia BALDARI(特任研究員)
Hannah DAHLBERG-DODD(特任研究員)
寺田 悠紀(特任研究員)
王 雯璐(特任研究員)
細川 尚子(ポスドク研究員)
Maria TELEGINA(ポスドク研究員)

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる