FEATURES

English

印刷

「もう一声」を追い求め、世界最高性能の超大規模シミュレーションアルゴリズムを開発。| UTOKYO VOICES 051

掲載日:2019年3月27日

UTOKYO VOICES 051 - 地震研究所 教授 市村 強

地震研究所 教授 市村 強

「もう一声」を追い求め、世界最高性能の超大規模シミュレーションアルゴリズムを開発。

ビッグデータ時代の今日、科学技術計算やビジネスなどにおいて、コンピュータの処理速度向上は至上命題だ。半導体の性能が2年で2倍になるという「ムーアの法則」が限界を迎え、コンピュータの処理速度向上の役割はハードからソフトにシフト。そのソフトのアルゴリズムをいかに開発するかが、大きな課題となっている。

市村のグループは、2014年と15年に2年連続でスーパーコンピュータの最高賞ともいわれるゴードン・ベル賞のファイナリストに選ばれ、世界の注目を集める。さらに、16年と17年にはスーパーコンピューティング・カンファレンス最優秀ポスター賞も受賞し、18年には再びファイナリストにノミネートされ、誰も実現したことのない世界最高性能の超大規模な地震シミュレーションの開発に取り組んでいる。

「感覚的に納得できない時や、しっくりこない時に、疑問を持って追及していく子どもだった」という市村だが、進学に際しては理系あるいは文系に絞ることをせず「入学時に可能性を排除せず、2年生の進振りで行きたい分野を選択できる」ことに惹かれ東大に入学。「文学、経済学、法学などもいいと考えた」ものの、卒論のテーマを選ぶ前に社会基盤学科の少人数セミナーで学び、応用力学研究室に入ったことが、その後の市村を世界最高性能のスーパーコンピュータ追求の道に誘導する。

「95年の阪神淡路大震災が起きたときに土木分野に進み、目に見えて力学や数学が重要で役立つことがわかりました。卒論のテーマとして地震を選んだことで地震研究所に異動したのですが、『もう一声、もう一声』と研究を続けていたら就職を忘れてしまい博士課程に進みました」

その後、東北大助手や東工大の准教授として研究を続けて地震研究所に戻り、数理計算科学の観点から、固体地球科学、地震学、土木工学に関連する問題を解決するための手法の開発と応用に取り組んでいる。ゴードン・ベル賞のファイナリストに選ばれたのも、スーパーコンピュータ「京」による地震観測データを活用した世界最先端のシミュレーションアルゴリズムの開発だった。

考えて、考えて、考え抜くと、複雑に絡んでいたものが解きほぐれてきて違うものが見えてくる時がある。「それは楽しいというよりは根源的なもの、生きていくうえで欠かせないようなものであり、その瞬間を味わってしまうともうやめられません」。

高性能計算アルゴリズムを作って、スーパーコンピュータを活用しながら大規模で複雑な問題を解くことは、「私の中では一貫して目の前にある課題を『もう一声、もう一声』と追求した結果です。だから、今のものが最高ではなく、次に取り組むものが一番だと思ってやっています」。

「夢は、分野を限定しない一般的なアルゴリズムを作ること。将来的には、自分と若い人たちがもっと面白いと思えるような課題を解きたいと思っています」と話す市村の心には、今も「もう一声」が響いているに違いない。

(小物)「方眼紙メモ」

Memento

アイデアや考えをまとめるために、文字やグラフなどが記しやすい方眼用紙は、「指導教員から学生時代に頂いたものと同じものであり、初心に返らせてくれるありがたいものです」。学生には、「自分なりの考え方というものを、時間がかかってもいいから探し出す喜びを追って欲しい」と伝えている。

Message

Maxim

「いろいろな意味が含まれると思います。なにごとも一から始まります。それに気持ちを一つにということも。みんなの気持ちが一つにならないと、強い力を発揮できません。ただ一つ、ですね」

プロフィール画像

Profile
市村 強(いちむら・つよし)

1999年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(社会基盤工学専攻)、2001年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(社会基盤工学専攻)、同年東北大学助手、2005年東京工業大学助教授、2009年東京大学准教授、2019年同教授。文部科学大臣表彰科学技術賞 若手科学者賞、2014年・2015年ゴードン・ベル賞ファイナリスト、2016年・2017年スーパーコンピューティング・カンファレンス最優秀ポスター賞、2018年ゴードン・ベル賞ファイナリスト

取材日: 2019年1月18日
取材・文/佐原 勉、撮影/今村拓馬

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる