このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2018年 > 構内図と分布図でたどる東大キャンパスの変遷 | 広報誌「淡青」36号より
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

構内図と分布図でたどる東大キャンパスの変遷 | 広報誌「淡青」36号より (広報室)

2018年04月10日掲載

実施日: 2018年03月09日

構内図と分布図でたどる
東大キャンパスの変遷


創設時には神田錦町(法・理・文)と神田和泉町(医)にあった東大のキャンパスですが、現在は本郷、駒場、柏、小石川、中野、白金台、田無、三鷹……と様々な場所で研究・教育活動が行われています。ここでは、三大キャンパスの構内図などを見ながら140年にわたる校地の変遷を概観しましょう。

本郷
1886(明治19)年  
帝国大学となり法・医・工・文・理の5分科大学体制に。赤門近くの椿山は以前の「富士山」。東端付近にはベルツも居住した教師館が。



 
 
1897(明治30)年  
 
東京帝国大学になった年。仮正門から伸びるメインストリートが見えますが銀杏の植樹はまだ先。1892年竣工の旧図書館が健在です。
 
1923(大正12)年  
 
関東大震災の年。図書館、法科大学八角講堂、理学部本館など多くの建物が焼失しました(黒色は被害を受けた建物)。1921年起工の安田講堂は建設の最中です。
 
 
1936(昭和11)年  
 
前田侯爵家との土地交換(1926年)で南西部が広がり、一高との土地交換(1935年)で弥生地区が加わりました。七徳堂誕生はまだ先。
 
1987(昭和62)年  
 
浅野地区が加わり(1941年)、弥生地区も拡充。工学部3号館、経済学部棟、本部棟などが建ち、校地の隙間はほぼ見えない状態に。
 
2017(平成29)年  
 
赤門の並びに伊藤謝恩ホールや情報学環・福武ホール、懐徳館東に産学連携施設などが出現。構内整備が今日もどこかで進んでいます。
 

駒場
1884(明治17)年  
駒場農学校は1890年に帝国大学農科大学に。農科大学から改称した農学部は1935年に本郷へ移り、かわりに駒場に来た一高は1949年に教養学部に移行。1926年、現在の駒場公園エリアが前田家の所有となり、駒場地区はIとII、2つのキャンパスに大別されました。



 
 
2017(平成29)年  
 

2000年(平成12)年  
米軍通信所跡地で始動した柏地区。当初は物性研究所と宇宙線研究所だけでしたが、その後、新領域創成科学研究科、カブリ数物連携宇宙研究機構、大気海洋研究所、生産技術研究所附属千葉実験所も仲間に。今は柏II、柏の葉駅前と合わせた体制となっています。


 
 
2017年(平成29)年  
 
東京大学施設分布図
現在施設があるのは53ヶ所(20都道県)。東京開成学校があった神田錦町、東京天文台があった狸穴町、物性研と生研があった六本木、果樹園があった二宮町、谷川寮があったみなかみ町、第二工学部があった西千葉など、過去に大変お世話になった場所も数多あります。

※本記事は広報誌「淡青」36号の記事から抜粋して掲載しています。PDF版は淡青ページをご覧ください。



 
space