東京大学教員の著作を著者自らが語る広場

エルサレムの写真とユダヤ教徒たちのイラスト

書籍名

ふくろうの本/世界の歴史 図説 ユダヤ教の歴史

判型など

132ページ、 A5変形

言語

日本語

発行年月日

2015年3月24日

ISBN コード

978-4-309-76230-2

出版社

河出書房新社

出版社URL

書籍紹介ページ

学内図書館貸出状況(OPAC)

図説 ユダヤ教の歴史

英語版ページ指定

英語ページを見る

本書の第一の特徴は、豊富な図版によって歴史を俯瞰できたことである。ユダヤ教は歴史の表舞台に現れないことが多く、ユダヤ人自身も文字資料しか残さない傾向があるため、その歴史は「語り」を中心に構成されがちである。本書はシリーズの方針に後押しされ、図版で歴史を示す難しさに取り組み、その豊かな側面を明らかにしている。
 
内容面の最大の特徴を挙げるとすれば、ユダヤ教あるいはユダヤ人の歴史は世界史の教科書において、キリスト教の前史として、あるいはナチスの被害者として語られるのみであるため、本書は、その時間 / 空間 / 思想の大きな断絶を埋め、ユダヤ教それ自体の歴史的発展を一望できるようにしたことである。その際に次の二点が意識されている。第一には、欧州・イスラーム両方の歴史を扱うことである。とりわけイスラーム世界は、中世にはユダヤ教徒の約9割が住んでいたと言われながら、その歴史を日本語で紹介する文献は稀である。また第二には、宗教・思想の多様な側面に焦点を当てると同時に、世俗・社会的側面の歴史も追跡したことである。
 
具体的な内容としては、まず、旧約聖書で描かれる古代イスラエル時代の歴史を最小限に抑え、ラビ・ユダヤ教の成立に焦点を当てた。ミシュナ・タルムード成立の歴史と現在にまで受け継がれる特徴をまとめ、その後の歴史的展開の基礎としている。またカバラーにも章を割き、正統以外の思想の発展をも跡づけた。ラビ・ユダヤ教の伝統に根ざしつつも、各時代の社会背景を基盤として外来の思想を取り入れながら、縦横無尽に教義を発展させ、現代に至るまでの活発な活動を俯瞰することによって、ユダヤ教の深奥で柔軟な側面を知ることができる。また宗教的な側面の他に、イスラーム世界での商人としての活動、西欧近世におけるゲットーの隔離と共同体の運営など、生活を垣間見る要素も散りばめている。現代の中東情勢とは裏腹に、中世に於いてユダヤ人は、とりわけイスラーム世界で活躍する。「啓典の民」として保護され、社会的に重要な地位を得、表舞台で活躍するユダヤ人たちの様子は、常々歴史観を劇的に修正する必要性を感じてきた。他方で西欧のゲットーの章は、建築史の視点を取り入れつつユダヤ人たちが置かれた社会の陰そのものに迫り、否定的な受容という性格をあぶり出している。
 
これらの宗教的・世俗的側面は、近代のヨーロッパ世界への参入をめぐる諸問題へと繋がる。ユダヤ人の解放とそれに対するユダヤ社会の反応は一様ではないため、地域的特徴を際立たせつつ、現代に至る激動の流れを説明した。西欧での解放・同化とそれに伴うユダヤ教の変革、フランス啓蒙思想とドイツ・ロマン主義の間で起こる、同化派とシオニズムへの分裂は、近代西欧社会の矛盾を示し、ナチズムを構成する諸問題は未だ解決されていないことを示す。また東欧ユダヤ教の発展の独自性は現代のユダヤ教を語るうえで不可欠であるため、限られた範囲ながら言及できた。ラビ・ユダヤ教とカバラーの流れを受け継いで正統主義とハシディズムへと、ユダヤ教の新たな局面を生み出したが、ポグロムによって移住したアメリカとパレスチナでさらに多様な方向へ発展する。これらの要素はすべて、現代ユダヤ教をめぐる問題の複層性を探るうえでの土台となっている。
 

(紹介文執筆者: 人文社会系研究科・文学部 教授 市川 裕 / 2017)

本の目次

第一章  ラビ・ユダヤ教までの歩み
第二章  ラビ・ユダヤ教の成立と特徴
第三章  イスラーム社会のユダヤ教
第四章  カバラー
第五章  中近世西欧のユダヤ人ゲットー
第六章  近代国民国家におけるユダヤ教の多様性
第七章  二○世紀のユダヤ教―ショアーとアメリカとイスラエル