FEATURES

印刷

淡青色の注目アーティストたち 「機械仕掛けの生命体」の佐藤暁子 | 広報誌「淡青」38号より

掲載日:2019年5月21日

研究員、大学院生、元職員、卒業生……

淡青色の注目アーティストたち

東大と深い関わりを持つ多くの皆さんの中から、注目すべき創作活動を繰り広げているアーティストを4人選び、その横顔を紹介します。

アートと科学を融合させる研究室専属のCGアーティスト

佐藤暁子さん
Akiko Sato
生産技術研究所
特任研究員
http://www.hybrid.iis.u-tokyo.ac.jp/akisato
受章作品画像
細胞をネジや歯車のように加工して組み合わせるという竹内研究室のテーマにインスパイアされて生まれた「機械仕掛けの生命体」。科学技術団体連合主催第9回科学技術の「美」パネル展優秀賞受賞作です。
写真/貝塚純一

筋肉と機械が融合したロボットなどのバイオハイブリッド研究で注目を集める竹内昌治先生の研究室には、専属のアーティストがいます。研究成果をわかりやすく伝える図や動画、ポスター、ロゴに至るまで、グラフィックを一手に担う特任研究員。佐藤さんは、女子美術大学を出て制作会社に入り、テレビ番組の映像や、ファッションブランドなどの広告を手がけました。CGデザイナーとしての日々は充実していましたが、「ここではもうやりきったかなと思って」、母校のメディアアート学科助手に転身。ある日、業務で本郷三丁目駅を訪れた際に、一枚の講演ポスターを目にします。

「「バイオメディアアート」という初耳のテーマが気になり、時間的にもちょうどよかったので、立ち寄ってみたんです。そこで講演していたのが竹内先生。電子基板に昆虫の脚をつなげ、電流で人工的に動かす映像が衝撃的で……」

強烈な刺激に突き動かされた佐藤さんは、研究室の連絡先を調べ、数日後には作品を持参。広報の大切さを熟知する竹内先生が学内を奔走し、紆余曲折の末、東大では前例のない研究室専属アーティストが誕生したのです。

ただ、科学ではずぶの素人。「インビトロ」「リポソーム」「コンタミ」……と、研究室で話される言葉の多くが理解できません。引け目を感じ、当初は縮こまっていたという佐藤さん。しかし、社会に研究を伝えるなら、わかっていないこともむしろ武器だと気づいてからは何度でも質問し、仕事が進むように。あるとき、佐藤さんの図を見た研究者に「僕の言いたいのはこういうことだったのか」としみじみ言われ、確かな手応えを感じました。

「研究者が研究内容をうまくイメージできない場合もあります。それを可視化するのがアートの力であり、私の仕事。9年近く続けてきて、竹内先生とは阿吽の呼吸で研究をイメージできるようになりました。最近では研究者に「私がわからないと論文誌表紙を飾れないよ」と言っています」

佐藤さんが願うのは、科学の世界に美大出身者を増やすことと、研究者がグラフィックの表現を身につけること。生体とデバイスを融合させる研究室では、アートと科学を融合させる試みもなされています。

胃アート画像肺アート画像
「機械仕掛けの生命体」には、心臓のほか、胃、肺、腎臓、脳のバージョンも。
学術誌画像
研究者と打ち合わせを重ねて描いた佐藤さんのグラフィックが「Angewandte Chemie」「small」などの学術誌の表紙を飾ることもしばしば。

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる