FEATURES

印刷

研究者が薦める映画.6『曲面の秘密-マリアムの魔法の杖』/伊藤由佳理

掲載日:2022年6月28日

UTokyo映画祭2022
東大の様々な分野の研究者12人に、各々の専門分野の観点からお薦めする作品を紹介してもらいました。映画を鑑賞する際の手引きとして、また、各研究者が進める学術への興味を高めるきっかけとしてご覧ください。
数学者 お薦めの一本

『曲面の秘密 −マリアムの魔法の杖』

伊藤由佳理
カブリ数物連携宇宙研究機構 教授

ITO Yukari

 
©Photo of Maryam Mirzakhani by Jan Vondrak

フィールズ賞受賞者ミルザハニが創造した数学とその軌跡

数学のノーベル賞と称されるフィールズ賞を受賞した唯一の女性、イラン人のマリアム・ミルザハニをフィーチャーしたドキュメンタリー映画です。ジョン・ナッシュ、ラマヌジャンやチューリングといった実在した数学者についての映画は他にもありますが、特殊な能力を持つがゆえに私生活では変人として描かれることが多い中、マリアムは「普通」に生活し、純粋に数学が好きで、結婚して子供がいる。彼女のような数学者もいるということを知ってほしいです。

高校生のときに数学オリンピックで金メダルを取り、ハーバード大学大学院に進み研究者になった彼女の影響は多大で、イランではマリアムに憧れて数学を学ぶ女性が増えたそうです。「女性だからできない」ことなんてないという意識が強く、ダイバーシティやジェンダーの観点で見てもいい映画です。

特に中高生に見てもらいたいのが、高校生の彼女が数学を解く際、必ず何通りかの方法で解いたというくだりです。数学の研究として「別証明を付ける」という方法もあるんです。一つ証明ができたら終わりではなく、さまざまなアプローチを見せるのも数学の業績です。参考書の解答と解説を見て暗記するのではなく、いろいろな考え方ができ、答えにたどり着くまでの過程を考えるのが数学の面白さ。子供の頃は小説家になりたかったというマリアムですが、小説を書くように数学のストーリーを考えていくのが楽しいと話していていいなと思いました。

2017年7月に乳がんのため40歳で亡くなりましたが、毎年彼女の誕生日である5月12日には世界中で女性の数学者をエンカレッジするイベントが開かれています。女性数学者は依然少なく、つながる場を作ることが大事です。アメリカやヨーロッパのように、アジア・オセアニア地域でも女性数学者の団体を立ち上げようという構想があります。日本でも来年度、女性数学者が集まる研究会を開催します。この作品を通して、数学界を目指す女性が増えたらいいなと願っています。
 

『曲面の秘密 −マリアムの魔法の杖』
2020年 監督:George Csicsery 動画配信:Vimeo http://www.zalafilms.com/secrets/index_jp.html

関連リンク

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる