FEATURES

English

印刷

超小型衛星に2体のガンプラを載せて宇宙空間から大会応援メッセージを発信|中須賀真一|オリパラと東大。

掲載日:2020年5月19日

オリンピック・パラリンピックと東大。
~スポーツの祭典にまつわる研究・教育とレガシー
半世紀超の時を経て再び東京で行われるオリンピック・パラリンピックには、ホームを同じくする東京大学も少なからず関わっています。世界のスポーツ祭典における東京大学の貢献を知れば、オリパラのロゴの青はしだいに淡青色に見えてくる!?
超小型衛星に2体のガンプラを載せて

宇宙空間から大会応援メッセージを発信

中須賀真一 工学系研究科 教授 NAKASUKA Shinichi
中須賀研究室がある工学部7号館の屋上にて。2003年に打ち上げたCubeSat XI-IVは今も軌道上で動作中。このパラボラアンテナは、Nano-JASMIN計画用に整備したものです 写真:井上匠
12月に完成し、JAXAに引き渡された衛星の実機。電光掲示板には日本語、英語、フランス語でメッセージを表示可能。側面には金メダルを思わせる金色のプレートが。死闘を繰り広げた2機のモビルスーツが仲良く並ぶ姿は、平和を願うオリ・パラの精神と、「2人が戦うことなんてないのよ」というセイラさんの言葉も連想させます

「機動戦士ガンダム」のプラモデルと電光掲示板を小さな人工衛星に載せ、宇宙空間からオリンピック・パラリンピックへのエールを送るという史上初のプロジェクトが、「G-SATELLITE 宇宙へ」。その鍵を握る衛星を担当するのが、超小型衛星開発のパイオニア、中須賀先生です。

小型衛星といえば500kg以下のものを指しますが、超小型衛星は100kg以下が目安。重さ約1kg、一辺10cmのキューブ衛星を2003年に成功させて以降、研究室ではこれまで11機もの超小型衛星を打ち上げてきました。昨年11月には、ルワンダと共同開発した衛星が国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から放出されています。豊富な経験からすれば、この衛星も朝飯前、でしょうか。

「まさか。使用の目的も開発の体制も、仕様も予算も納期も、それぞれの衛星によって違います。経験はもちろん重要ですが、開発者にとっては毎回が新しいことの連続です。今回も課題は多々ありました」

大きかったのは開発期間の短さです。超小型衛星は短期間で作れるのが長所ですが、それでも1年は必要。しかし今回はたったの約7ヶ月で仕上げる必要がありました。それでも引き受けたのは、一つにはガンダムに対する愛着があるゆえ。大学2年で作品に出会って以来のファンで、登場キャラでは特にセイラ・マスが好きだった中須賀先生。研究室の棚には以前から1/144スケールのガンプラを飾っています。実は一度、関連する衛星を計画したこともあったとか。

一度は潰えたガンダム計画

「2005年頃、スペースコロニー型の衛星を打ち上げたいと思い、ガンダムの「サイド7」の精密な模型を作って関係企業に提案しました。担当者は乗り気でしたが、結局実現には至らず。そんな経緯もあり、組織委員会から打診が来た瞬間、「やるしかない」と」

「大丈夫、あなたならできるわ」という言葉が聞こえたのかどうかは不明ですが、衛星開発の大手企業が「4年かかる」と匙を投げたプロジェクトが、中須賀研究室の参画を得て始動しました。予算と開発期間から定めた衛星サイズは10×10×34cm。この大きさの筐体に2体を格納する必要から、ガンプラのスケールは馴染み深い1/144から1/200へ変更。宇宙環境に耐えるプラスチックや塗料の選定に模型製作者が尽力する一方、研究室が福井の企業と組んで注力したのは、衛星内部に格納した2体を地上からの操作で宇宙空間に展開する機構の整備です。検討の末に採用したのは、素人には原始的にも見える方法でした。

「ガンプラが載った台にバネをかませてテグスで保持し、それをニクロム線の熱で焼き切ります。モーターを使え、と思うかもしれませんが、真空環境できちんと動くモーターというのは実は希少。通常の衛星ではその不具合が原因の事故も起きています。超小型衛星の1号機以来使ってきて、自分たちが一番信頼できる方法を選びました」

「非修理系」と呼ばれるように、トラブルがあっても修理には行けないのが人工衛星です。大型衛星なら予備のシステムを積んでの対応も可能ですが、サイズもコストも限られる超小型衛星では無理。所与の条件下でやれることをやるしかありません。その上で、万一展開に失敗したときに備え、全部で7つ搭載したカメラのうち、一つは格納された状態のガンプラを撮る専用としています。

研究室にて。机の上の衛星は実機と同じ機能を備えたレプリカモデル。ガンダム衛星やルワンダの衛星の製造では、初の県民衛星で話題になった福井県の企業が大きく貢献しました。中須賀先生が着ているジャンパーはJAXAのロケットSS-520 5号で打ち上げた超小型衛星「たすき」プロジェクトのもの

ダイハードな衛星を目指せ

「一番重要なのは、何かあっても機能を完全には失わないこと。いつも学生に言うのは、「ダイハードな衛星を目指せ」です」

前回大会時は3歳。マラソンの金メダリストの走りに興奮し、「アベベ ! アベベ ! 」と叫びながら走り回ったという中須賀先生。今大会に向けては、ロケットの打ち上げ、ISSからの放出、ガンプラの展開、応援メッセージ表示、目に仕込んだ5色のLEDの点灯、首の稼動、アムロとシャアの会話を傍受できる特別企画実施と、緊張の瞬間が続きます。衛星の動作を確認して興奮することはあっても、競技の観戦で走り回ることはないでしょう。

「高校ではテニス部を創設し、大学では野球の総長杯で3位になったこともあり、スポーツは昔から大好き。今大会も、久々に復活した野球や、男女の体操競技などが楽しみです」

衛星開発の現場で日々指揮を執る一方、内閣府の宇宙政策委員会で委員を務めている中須賀先生。そこで議論しているという日本の宇宙開発の未来を見据えた話題の中に、今プロジェクトを引き受けたもう一つの理由がありました。

「これまでは衛星開発の技術を重視する傾向が強かったと思いますが、今後は衛星をどう利用するかもよく考えるべきです。かつてコンピュータは限られた人のものでしたが、パソコンの登場で敷居が下がり、新しい使い方が生まれて大発展しました。同じことは宇宙開発にもあてはまるはずで、活用の有望分野の一つにエンターテイメントがある。ガンダム衛星はその好例になると思っています」

1年後。役目を終えたガンダム衛星は大気圏に突入して燃え尽きる予定ですが、宇宙開発の新次元に突入する中須賀先生のエネルギーは、燃え尽きることなどないでしょう。

 

関連リンク

関連教員

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる