東京大学での情報サービス利用 / Information and Communication services in UTokyo

研究教育活動において利用できるクラウドなどを活用した情報サービスは様々あります。クラウドサービスは便利ですが、セキュリティ事案が生じた場合の対応などにリスクが存在します。そのようなリスクによる負担を軽減するため大学が契約したサービスがある場合には大学が提供する情報サービスを利用しましょう。

個人で利用するサービス / Services for individual use

  1. ECCS(教育用計算機システム)が提供する G Suite サービス 
    UTokyo Account で ECCS の利用権を申請すると Google の G Suite サービス(メール、ファイル共有など,利用出来る内容はECCSクラウドメールサービス内容のページ)が利用できます。学生は全員が利用可能です。

  2. UTokyo Account の Office 365 サービス
    UTokyo Account で Office365 ProPlus 利用権を申請すると Microsoft の Office 365 サービス(ファイル共有)が利用できます。教職員、学生が利用可能です。
     

専攻、研究室単位で利用する情報サービス / Services for Department or Laboratory use

  1. ウェブホスティングサービス
    ウェブサーバが必要な場合に利用できます。
  2. メールホスティングサービス
    専攻や研究室などでメールサーバが必要な場合に利用できます。

職員は職員メールサービス(@mail.u-tokyo.ac.jp)、学生は ECCS のメールサービス(@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)が利用できます。
(教員のメールサービスについては各部局担当にご相談ください)

全学的なICTサービスとしては、情報システム本部のサービス(主にUTokyo Accountに関連したサービス)、情報基盤センターのサービス(主に全学の共通なインフラに関連したサービス)がありますので導入の際にはご確認ください。

注)東京大学の全学的なICTサービスについての記載ですので部局サービスについてはこの限りではありません。
notice) This is explanation of the campus wide ICT services only.

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる