新型コロナウイルス感染症に関連する対応について
東京大学の学生のみなさんへ

東大の活動制限指針を「レベル準1(一部制限)」に引き上げ <レベル準1を維持>

東京大学の学生のみなさんへ

三度目の緊急事態宣言が、4月25日より東京を含む4都府県に発出されました。新年度のはじまるこの時期は、授業、課外活動などをはじめとして、きわめて重要な時期です。感染力が強いといわれる変異株による感染が拡大する中で、みなさんの活動を安全に進めていくためには、感染防止対策を一層強化していく必要があります。

これらの状況を総合的に考え、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京大学の活動制限指針」(令和2年4月3日発表)に「レベル準1」を追加し、4月27日から「レベル準1」に引き上げることとします。「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京大学の活動制限指針*」(令和2年4月26日更新)これにより、授業については、オンラインでの実施を中心にしつつ、対面で実施するほうが教育効果の高い授業は、最大限の感染防止対策を講じた上で、対面(オンラインとの併用を含む)で授業を行います。学生の課外活動については感染拡大に最大限の配慮をすることを条件に、一部の課外活動を許可します。
5月7日に国が4都府県の緊急事態宣言を延長したこと及び学内の感染状況等を踏まえ、当分の間「レベル準1」を継続することとしました。

これらの規制に加え、みなさんの行動変容もきわめて重要です。昼食中や休憩中に、マスクを外した会話することによっても感染が起こっています。「会話は、黙食・個食後に、3密を避け、マスクを着用した上で」を徹底ください。また、緊急事態宣言期間は、同居家族以外との会食・飲み会や歌唱などは避けてください。

この時期の学生の課外活動を全面禁止としない理由は、皆さんの感染対策を信頼してのことです。その信頼を損なうことがないよう、本学構成員として十分な自覚をもって行動してください。

レベル準1でも 本郷、駒場、柏の各地区保健センター は診療を継続しています。電話相談なども積極的に受け付けていますので、不安なことがあれば相談してください。

令和3年4月26日
令和3年5月7日更新

東京大学 学生支援担当理事・副学長
藤垣 裕子

東京大学 新型コロナウイルス対策タスクフォース座長/理事・副学長
大久保 達也

* 新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京大学の活動制限指針 (PDFファイル: 326KB)

 

関連リンク / Related Links

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる