沿革

明治 (1868-1926)
10年04月
12日
東京大学創設(東京開成学校と東京医学校を合併、旧東京開成学校を改組し、法・理・文の3学部、旧東京医学校を改組し医学部を設置、東京大学予備門を付属)
11年12月 文部省、東京大学に学位(学士号)の授与権を与える
12年04月 東京大学の授与する学士号を法学士・理学士・文学士・医学士・製薬士とする
13年08月 法・理・文3学部に、学士研究科を設置(大学院の前身)
14年06月 東京大学職制を制定(東京大学に総理を置き、4学部と予備門を統轄)
14年08月 諮詢会を設置(評議会・学部教授会の前身)
17年08月 本部事務室及び法学部・文学部を神田錦町から本郷に移転
18年09月 理学部を神田錦町から本郷に移転
19年03月 帝国大学令公布 工部大学校を統合して帝国大学に改組(法・医・工・文・理の5分科大学及び大学院を設置)
20年05月 学位令公布(学位は博士・大博士とし、授与権者を文部大臣とする)
20年07月 分科大学卒業生に授与する学士号を、法学士・医学士・薬学士・工学士・文学士・理学士とする
21年05月 初めて博士号を授与(法学・医学・工学・文学・理学各5名)
21年07月 工科大学を虎ノ門から本郷へ移転
23年06月 農科大学を設置
26年08月 帝国大学令改正(講座制創設、各分科大学に教授会設置)/帝国大学官制の公布
30年06月 京都帝国大学の創設に伴い、帝国大学を東京帝国大学と改称
 
大正 (1912-1926)
05年04月 伝染病研究所を設置
08年02月 帝国大学令改正(分科大学を廃し学部を置く)本学に法・医・工・文・理・農の各学部のほか経済学部を新設
09年07月 学位令改正(大学が授与権、博士は論文提出のみとする)
09年11月 本学学位規則を制定(法学・医学・薬学・工学・文学・理学・農学・経済学の各博士)
10年04月 学年暦を4月1日始業、翌年3月31日終業とする
10年07月 航空研究所を設置
10年11月 東京天文台を設置
14年07月 大講堂落成
14年11月 地震研究所を設置
15年08月 本郷区本富士町の前田侯爵邸敷地約42,000m2を所有(農学部敷地と土地交換)
 
昭和 (1926-1989)
07年11月 東京帝国大学五十年史(上・下冊)を刊行
10年07月 農学部、本郷向ケ岡弥生町に移転(第一高等学校と敷地交換)
10年11月 外国人の学部入学に関する規程を設ける
16年10月 大学・学部等の修業年限の臨時短縮に関する勅令公布
16年11月 東洋文化研究所を設置
17年03月 第二工学部を千葉市弥生町に設置
20年06月 帝国大学処務規程を制定(事務局、学生部を設置)
21年03月 航空研究所を改組し理工学研究所を設置
21年08月 社会科学研究所を設置
22年03月 教育基本法、学校教育法公布(大学令等を廃止)
22年09月 東京帝国大学を東京大学と改称(帝国大学令等を改正)
24年05月 第二工学部学生募集を停止
24年05月 国立学校設置法公布 新制東京大学創設(教養学部・教育学部が新設され、法・医・工・文・理・農・経済・教養・教育の9学部設置)、新聞研究所・生産技術研究所を新設
24年10月 学部通則一部改正(修業年限4年、前期2年は教養学部、後期2年は各学部において教育、医学部医学科は4年)
25年03月 史料編纂所、文学部附属から本学附置研究所となる
26年03月 東京高等学校を廃止し教育学部附属中学校、高等学校を設置
28年04月 新制東京大学大学院設置(人文科学・社会科学・数物系・化学系・生物系の5研究科を設置)/学位規則公布(新制度の学位は博士・修士の2種)
28年08月 応用微生物研究所、宇宙線観測所を設置
30年07月 原子核研究所を設置
32年04月 物性研究所を設置
32年04月 東京大学学位規則を制定
33年04月 薬学部を設置
33年04月 理工学研究所を廃止し航空研究所を設置
34年04月 事務局に部制を実施/庶務課を庶務部に、会計課を経理部に改組
35年05月 東京大学事務局組織規程を制定
35年12月 事務局営繕課を改組し施設部を設置
37年03月 生産技術研究所を港区六本木に移転
37年04月 海洋研究所を設置
38年04月 大学院の人文科学・社会科学の2研究科を改組し、人文科学・教育学・法学政治学・社会学・経済学の5研究科を設置
39年02月 東京大学名誉教授称号授与規則を制定
39年04月 航空研究所を廃止し宇宙航空研究所を設置
40年04月 大学院の生物系・数物系・化学系の3研究科を改組し、理学系・医学系・薬学系・工学系・農学系の5研究科を設置
41年04月 総合研究資料館、大型計算機センター、保健センターを設置
42年06月 伝染病研究所を廃止し医科学研究所を設置
42年06月 低温センターを設置
43年03月 医学部研修医問題を発端とする紛争のため大講堂での統一卒業式を中止(各学部で分散卒業式)
44年01月 警察力導入により学生らによる大講堂等の封鎖解除
44年01月 昭和44年度入学試験の中止を決定
51年05月 宇宙線観測所を宇宙線研究所と改称
52年04月 創立百周年記念式典を挙行
54年09月 本部庁舎が竣工
56年04月 宇宙航空研究所を廃止(大学共同利用機関、宇宙科学研究所と工学部附属境界領域研究施設へ転換)
58年04月 大学院総合文化研究科を設置
59年01月 東京大学百年史刊行(1巻)(昭和62.3 全10巻刊行)
60年04月 留学生教育センターを設置
61年07月 山上会館が竣工
63年07月 東京天文台を廃止(大学共同利用機関、国立天文台へ転換)
 
平成 (1989-2019)
01年01月 御殿下記念館が竣工
02年06月 留学生センターを設置(留学生教育センターの転換)
03年03月 大講堂での卒業式を再開(24年ぶり)
03年04月 大学院重点化開始
04年04月 大学院数理科学研究科を設置
04年04月 新聞研究所を改組し社会情報研究所を設置
05年04月 応用微生物研究所を改組し分子細胞生物学研究所を設置
06年04月 農学系研究科を農学生命科学研究科と改称
07年04月 人文科学研究科、社会学研究科を改組し人文社会系研究科を設置
08年03月 駒場寮の廃寮決定
08年05月 総合研究資料館を改組し総合研究博物館を設置
08年05月 事務局・学生部を一元化(研究協力部設置、庶務部を総務部と改称)
09年03月 原子核研究所を廃止(大学共同利用機関、高エネルギー加速器研究機構へ転換)
09年04月 大学院重点化完了
09年10月 東京大学創立120周年記念式典を挙行
10年04月 大学院新領域創成科学研究科を設置
11年04月 教育用計算機センター・大型計算機センターを改組し情報基盤センターを設置
12年04月 大学院情報学環・学際情報学府を設置
12年04月 宇宙線研究所、物性研究所を柏に移転
12年04月 教育学部附属中学校、高等学校を廃止し教育学部附属中等教育学校を設置
13年03月 東京国際フォーラムで卒業式を挙行(学外施設で初)
13年03月 医学部附属病院分院を廃止(医学部附属病院へ統合)
13年04月 大学院情報理工学系研究科を設置
13年04月 生産技術研究所を駒場IIキャンパスに移転
13年04月 柏地区事務部を設置
13年11月 東京大学名誉博士称号制度を創設
14年06月 東京大学学生表彰「東京大学総長賞」を創設
14年10月 小柴昌俊名誉教授がノーベル物理学賞を受賞
14年10月 東京大学功績者顕彰「東京大学稷門賞」を創設
15年01月 東京大学の式服を制定
15年03月 東京大学憲章を制定
16年03月 社会情報研究所を廃止(大学院情報学環・学際情報学府へ統合)
16年04月 国立大学法人化「国立大学法人東京大学」となる
16年04月 大学院法学政治学研究科法曹養成専攻(法科大学院)を設置
16年04月 大学院公共政策学連携研究部・公共政策学教育部(公共政策大学院)を設置
16年04月 先端科学技術研究センターを附置研究所へ転換
16年04月 東京大学特別栄誉教授制度を創設
16年10月 東京大学運動会歌「大空と」、応援歌「ただ一つ」を東京大学の歌として制定
17年04月 東京大学北京代表所を設置
17年07月 「東京大学アクション・プラン」を公表
18年04月 大学院新領域創成科学研究科を柏キャンパスに移転
19年07月 本部事務組織を系・グループ制に再編
19年11月 東京大学創立130周年記念式典を挙行
21年04月 保健センターを廃止し、保健・健康推進本部を設置
22年03月 「東京大学の行動シナリオ FOREST2015」を公表
22年04月 留学生センターを廃止し、国際本部(国際センター・日本語教育センター)を設置
22年04月 海洋研究所、気候システム研究センターを改組し柏キャンパスに大気海洋研究所を設置
22年04月 本部事務組織を部・課制に名称変更
23年01月 東京大学国際高等研究所を設置
24年02月 東京大学インド事務所を設置
25年04月 政策ビジョン研究センターを全学センターとして設置
26年04月 東京大学文書館を設置
27年10月 梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞
27年10月 「東京大学ビジョン2020」を公表
28年10月 高大接続研究開発センターを設置
29年06月 指定国立大学法人に指定される
30年04月 国際本部を改組しグローバルキャンパス推進本部を設置
31年02月 国際高等研究所東京カレッジを設置
31年04月 政策ビジョン研究センターとサステイナビリティ学連携研究機構を組織統合し未来ビジョン研究センターを設置
 
 

東京大学の沿革とルーツ

東京大学の組織は、東京開成学校と東京医学校の統合再編によって生まれたものである。後者の東京医学校は、その起源を安政5年(1858年)に神田お玉ケ池に開設された種痘所に有している。前者の東京開成学校は、江戸幕府が文久3年(1863年)に開設した開成所の系譜に連なり、この開成所は、安政4年(1857年)に設立された蕃書調所から改組されたものである。

この蕃書調所という組織は、貞享元年(1684年)に設置された天文方からのつながりをもっている。天文方は、暦の編纂を所掌していた幕府の組織であるが、当初より、天文学や暦学を中心に西洋の学問知識の学習・研究を行っていた。そして洋学の重要性の増大に応じて、天文方の中で、蛮書和解御用という部門が設けられたが、幕末になり洋書の翻訳・研究の需要が急激に増大したことから、この部門を発展させ、洋学の教育・研究機関として蕃書調所が設立された。

この蕃書調所において当初任命された2人の教授職、箕作阮甫と杉田成卿は、いずれも天文方の職員である。また、このとき、天文方及び江戸城紅葉山文庫に所蔵されていた洋書が、蕃書調所に移管された。つまり、東京大学の前身である東京開成学校の系譜は、その学問のつながりはもちろん、人のつながりなどによっても、天文方に連なる歴史をたどることができる。なお、東京大学の初代総理である加藤弘之も、蕃書調所において教授方を務めていた。

アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる