オーシャンDNA -多次元生物海図の創出-

  • 目標12:つくる責任つかう責任
  • 目標13:気候変動に具体的な対策を
  • 目標14:海の豊かさを守ろう
吉澤晋
大気海洋研究所
地球表層圏変動研究センター 准教授
どのような海洋生物がどこにどれだけ存在しているのか。これは極めて基本的な問いであるが、その答えはまだ得られていない。その一方で人類は食糧資源として多くの海洋生物を捕獲し、それらの資源量を激減させてきたと推定される。本プロジェクトでは、北西太平洋域で広域の海水のサンプリングを行い、最新のDNA解析技術を使って、その塩基配列から各海域に存在する海洋生物群の分布図を作る。さらに得られた特定配列の量から資源量を推定するアルゴリスムを作り、その量的な推定を行う。

海洋資源を適切に保全、維持、利用していくためには、漁獲対象生物に加えて、その食物連鎖構造に関わる生物群を包括的に理解することが必須であるが、主に技術的制約のため、これはなしえていない。本プロジェクトを通じて得られるであろう情報から、海洋生物群の適切な利用と管理の方式を見出すことが可能になるとともに、人類が海洋から持続的に利用可能な食糧資源量を明らかにすることができる。

オーシャンDNAの概念図
吉澤晋

共同実施者

・河村 知彦 東大大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センター長
・兵藤 晋 東大大気海洋研究所 海洋生命科学部門 生理学分野
・岩崎 渉 東大理学系研究科 生物科学専攻

主な関連論文

・Miyake, Y., Kimura, S., Horii, T., Kawamura, T. 2017. Larval dispersal of abalone and its three modes: a review. Journal of Shellfish Research. 36: 157-167.
・Hiraoka, S., Machiyama, A., Ijichi, M., Inoue, K., Oshima,, K., Hattori, M.,Yoshizawa, S., Kogure K., Iwasaki, W. 2016. Genomic and metagenomics analysis of microbes in a soil environment affected by the 2011 Great East Japan Earthquake Tsunami. BMC Genomics. 17.53.
・Wataru Iwasaki, Tsukasa Fukunaga, Ryota Isagozawa, Koichiro Yamada, Yasunobu Maeda, Takashi P. Satoh, Tetsuya Sado, Kohji Mabuchi, Hirohiko Takeshima, Masaki Miya, and Mutsumi Nishida. MitoFish and MitoAnnotator: A mitochondrial genome database of fish with an accurate and automatic annotation pipeline. Molecular Biology and Evolution, 30, 2531-2540. (2013).

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる