NEDO高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発/革新的新構造太陽電池の研究開発/超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池モジュールの研究開発(超高効率セルおよび低コスト化技術開発)

NEDO高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発/革新的新構造太陽電池の研究開発/超高効率・低コストIII-V化合物太陽電池モジュールの研究開発(超高効率セルおよび低コスト化技術開発)

   

岡田 至崇 先端科学技術研究センター 教授

本プロジェクトでは、現在、宇宙用途で採用されているものの一般向けには普及していないIII-V族化合物太陽電池などの超高効率太陽電池において、将来の普及を目指し、現在の太陽電池並みのコストで製造するための低コスト化の要素技術開発、並びに太陽電池の効率向上により発電コスト低減を実現する要素技術開発を合わせて行うことで、2030年に7円/kWhを達成する手段を開発する。具体的には、変換効率30%以上の薄膜III-V化合物太陽電池で、①超高効率化、②製造装置、製造プロセス、③多接合化のためのエピタキシャルリフトオフ法、ウエハ接合などの製造コスト低減のための要素技術開発、④低コストモジュール化の要素技術開発とその屋外評価・実証を行う。

III-V族化合物半導体を用いた効率30%以上の太陽電池モジュールを開発する

III-V族化合物半導体を用いた効率30%以上の太陽電池モジュールを開発する

革新的な低コスト化技術により、2030年に発電コスト7円/kWhを達成し、様々な製品に用いる

革新的な低コスト化技術により、2030年に発電コスト7円/kWhを達成し、様々な製品に用いる

プロジェクトに関するURL

http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100101.html

問い合わせ先

岡田 至崇 03-5452-6501 okada@mbe.rcast.u-tokyo.ac.jp

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる