少子高齢社会における持続可能なまちづくり

少子高齢社会における持続可能なまちづくり

    

小泉 秀樹 先端科学技術研究センター 教授

少子高齢化の進む東日本大震災の被災地、首都圏の郊外住宅地(横浜市たまプラーザ地区等)、地方小都市(小布施町等)、大都市既成市街地を対象とした実践研究を通じて、持続可能な物的・社会的コミュニティ=まちのモデルを描出し、その実現に向けたデザインとマネジメント手法を探求している。

少子高齢社会における、持続可能なまちのモデルを形成し、その実現に必要なデザインやマネジメント手法を、首都圏の郊外住宅地(横浜市たまプラーザ地区等)、地方小都市(小布施町等)、大都市既成市街地などを対象として実践研究をすすめている。

少子高齢社会における、持続可能なまちのモデルを形成し、その実現に必要なデザインやマネジメント手法を、首都圏の郊外住宅地(横浜市たまプラーザ地区等)、地方小都市(小布施町等)、大都市既成市街地などを対象として実践研究をすすめている。

東日本大震災の被災地での取り組みでは、多数の賞を受賞するなど、実践研究の成果は内外から高く評価されている。

東日本大震災の被災地での取り組みでは、多数の賞を受賞するなど、実践研究の成果は内外から高く評価されている。

プロジェクトに関するURL

http://ut-cd.com/project/

問い合わせ先

小泉 秀樹 03-5841-6246 hide@cd.t.u-tokyo.ac.jp

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる