メディア表現におけるダイバーシティ向上を目指す産学共同抜本的検討会議

メディア表現におけるダイバーシティ向上を目指す産学共同抜本的検討会議

     

林 香里 情報学環・学際情報学府 教授

私たちは、2017年5月に、テレビ、新聞、インターネットなど、さまざまな媒体上の表現のあり方を考える産学共同研究グループ「メディア表現とダイバーシティを抜本的に検討する会(MeDi)」を発足させました。メディアに関わる各界の専門家、実務家をお招きして、記事、番組、広告など、メディアの表現が実際にどのようにつくられているのか、いまなぜ「多様性」がキーワードとなるのか、そして、メディア表現のリスクとは何かなどについて学び、よりよいメディア文化を創造することを目指します。メディアの表現は、日常生活の規範をつくるほどの影響力があるだけに、不適切な表現は人権問題にもなり、職場や学校での差別やいじめ、ハラスメントにつながっているという指摘もあります。また、この研究グループでは、こうしたメディアの諸問題を指摘するとともに、現代のデジタル情報社会の積極的な可能性と今後の課題について、海外の提携校と連携しながら模索します。

第2回メディアと表現について考えるシンポジウム

メディアからの反響
credit:HUFFPOST

問い合わせ先

03-5841-5910

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる