水と気候のビッグデータ研究拠点

水と気候のビッグデータ研究拠点

         

高薮 縁 大気海洋研究所 教授
 

近年世界各地で多発する豪雨や干ばつなどの災害に適応する社会の構築に貢献するため、気候変動に伴う水循環と降水特性の将来変化を高精度で予測するための手法を開発する。現在の知見では、降水特性の変化の把握は、世界最先端の気候モデルを用いても困難である。そこで雲と降水の物理的理解の深化と、それを表現するモデルの高度化を目指す。そのため、これまで大気海洋研究所が推進してきた多様な高機能衛星などによる地球観測と、大気海洋研究所の開発する世界最先端の気候モデル・全球雲解像モデルが生み出すビッグデータを効果的に解析する研究拠点を学内外の機関と連携して構築する。最先端の情報技術の利用を物理プロセスの科学的理解に結び付けていく点に留意した研究開発を行う。

水と気候のビッグデータ研究拠点の目指すもの

水と気候のビッグデータ研究拠点の目指すもの

衛星観測・数値実験のビッグデータを利用する最先端技術

衛星観測・数値実験のビッグデータを利用する最先端技術

プロジェクトに関するURL

http://www.jamstec.go.jp/tougou/index.html

問い合わせ先

Yukari Takayabu yukari@aori.u-tokyo.ac.jp

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる