日本学術振興会特別研究員

研究員等の受入状況

日本学術振興会特別研究員

[1. 趣旨]

優れた若手研究者に、その研究生活の初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることは、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者を育成する上で極めて重要なことである。 
このため、独立行政法人日本学術振興会は、大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の機関で研究に専念することを希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する。
また、世界水準の研究能力を有する若手研究者を養成・確保する観点から、審査により、特に優れた大学院博士課程修了者を特別研究員-SPDとして採用し、研究奨励金を支給する。
本募集は、採用後、我が国の国公私立大学、大学共同利用機関等、国立試験研究機関、研究開発活動を行う独立行政法人若しくは特殊法人若しくは政府出資法人若しくは民法第34条により設立された法人又は民間研究機関において研究に従事する者を対象とする。(※平成26年度募集要項抜粋)

[2. 申請資格]

  下記URL参照

  日本学術振興会 

  http://jsps.go.jp/j-pd/pd_sin.html

[3. 研究奨励金(平成25年度現在)]

特別研究員-DC1 月額200,000円
特別研究員-DC2 月額200,000円
特別研究員-PD  月額364,000円
特別研究員-SPD 月額446,000円

[4. 研究費]

科学研究費補助金(特別研究員奨励費)を申請することができます。

[5. 特別研究員になるには・・・]

募集要項は2月中旬ごろから、日本学術振興会のホームページに掲載されます。
募集要項ホームページ
申請を希望する人は各部局事務の指示に従って、申請書類を作成してください。 申請書は、機関(東京大学)でとりまとめて日本学術振興会に提出します。申請者は各部局の指定する日までに申請書類を提出してください。(日本学術振興会締め切り日は、東大本部から日本学術振興会に提出する期限であり、申請者の期限ではありません。)
(申請書類作成上の注意)
切り貼りしてはいけません 募集要項を熟読して、誤記入・記入漏れがないように細心の注意をはらいましょう。

[6. 特別研究員になったら・・・]

申請書記載の研究計画に基づき研究に専念してください。研究に専念してないと認められる場合、又は研究の進捗状況に問題がある場合には、特別研究員の資格を取り消すことがあります。
常勤的な職に就いた場合には資格を喪失することとなりますので、速やかに届け出てください。
(独)日本学生支援機構等奨学金の貸与を受けている者が特別研究員として採用された場合には当該奨学金を辞退することになります。
1ヶ月以上海外に行く場合は、必ず、渡航する1ヶ月前までに海外渡航届けを日本学術振興会に提出してください。また、学生として海外の大学院に在籍する留学は原則できません。
* 詳しくは、日本学術振興会ホームページ



問い合わせ先:各部局の担当係または研究推進課(内線22345)
カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる